« 再び旅立ちます | トップページ | カブで北海道 深川から稚内編 »

カブで北海道 八ヶ岳から深川編

8月2日に無事故、無違反、無トラブル、無立ちごけで、約3300㎞を走破し我が家に帰還いたしました。いやー北海道は本当にステキ過ぎました。死ぬときに出る走馬燈には、120%の確率でカブに乗る僕の姿があると思います(笑)。

今回は僕の今後の人生で北海道を旅する事はたぶんないと思われるので、ざっくり北海道約一周をするつもりでプランを立てました。

20180802_171657

宿はライダーハウスも検討しましたが、僕は基本的にロングスリーパーなうえに、就寝時間も早いし朝も早起きであることや、そしてやっぱりきちんとお風呂でくつろぎたい、さらにニュースも見たいし本も読みたいので、明らかに向いていないんですよね(笑)。

ぼっち体質なので定番のキャンプはありかも?と考えましたが、そもそもキャンプ道具なんて持っていない。おまけにセットが面倒くさいし、熊も怖いし虫も嫌い…でパス(笑)。それならやっぱりビジネスホテルで…と思いましたが、ドゥービル(NT700V)乗りのMACさんのアドバイス通り、尋常ではない価格が設定されており、「足元見すぎだろ」と憤りを覚えパス。

という訳で、シーズンだっていうのに激安の素泊まり宿を必死に探し、全泊が旅館&ビジネスホテルという贅沢プランにしました。しかし、旅の趣旨はあいかわらずのブログのタイトル通りの、B級グルメと温泉ですので、宿泊だけ贅沢をした次第ですね。

宿の予約は週間天気予報が発表されたら取っていったので、計画時は後半は未定でした。2度目があるとは限らないせっかくの北海道…天候が悪かったら連泊して納得のいく旅にしようと思っていたので。結果としてそうでもないところもありましたが(笑)。

お供のバイクはタイカブにしました。ZRX1200Rのが無難なのは僕もわかっていました。しかし、僕のプランでは一日250~300㎞の移動で、美味しいものを食べたり、温泉に入ったり、知らない場所を散策したりするのが趣旨なので、別にZRXじゃなくてもいいんじゃないのか?むしろカブのが自転車旅のようなアドベンチャー的な要素はあるし、取り扱いの気軽さが観光するのにはアドバンテージがあると思い、カブに決めました。スピード出してコーナーを曲がるのは、信州でも充分出来ますから。

それでは旅を振り返りたいと思います。

20180723_025337

7月23日早朝3:00に我が家がある八ヶ岳南麓を出発しました。ちなみに、新潟から小樽に向けて出る新日本海フェリーの出港は11:45。一時間前の到着が原則なので、7時間45分で走りきらねばなりません。ちなみにGoogle様の予想だと7時間6分です。

カブのライトはすごーく暗いのに、深夜にR152の大門峠を走る訳ですよ。もちろんガンガン鹿が出てきます(笑)。僕は慣れているのでぶつかる事はありませんが、間違ってもおすすめはできませんよ。お金に余裕があるなら、新潟に前泊がよろしいかと思います。

20180723_041929

4:20に長和町の道の駅マルメロに到着。白樺湖は20℃切っていました。スゲー寒い(笑)。菅平を超え、信州中野から飯山を抜け、R117で野沢温泉→津南→小千谷、R17→R8で燕三条。二度目とはいえ、タイムリミットがあるので気持ちが急かされます。

20180723_102444

10:24にこの写真を撮っていました。だから10:20着ですね。所要タイムはざっくり7時間20分。アベレージは約41㎞/h。やるでしょうタイカブは(笑)。とりあえず北海道への最初の難関であるフェリー乗船をクリアしました。ひょっとしてカブ仲間がいるんじゃないか…と思いましたが、カブは僕一人でした。

ライダーはおっさんばっかりだなぁ。僕も人の事は言えませんが(笑)。しかも、グループで居るんですよね。定年退職組なんでしょうか。

20年以上前に太平洋フェリー(仙台→苫小牧)に乗った事がありますが、新日本海フェリーも遜色ない豪華客船ですね。

20180723_114851

僕は個室のツーリストSにしました。

20180723_115642

これまた贅沢ですが、+5000円でプライベート空間が確保され、ゆっくり休めるわけですから決して高いとは思いません。今日は朝の3:00から走り、明日も小樽着が朝の4:30だから、体力的な事を考えれば自身の安全につながると思います。

20180724_040811

おまけにルームキーですから盗難の心配も無用です。

20180723_115023

出港した後は、お風呂入ったり、昼寝したりしましたが…拘束時間も長いし退屈な時間ですね。しかもフェリーのレストランは、味もいまいちな上に割高だし。ロビーじゃガキがうるせぇし。つくづくツーリストSで良かったと思いました。

20180724_042354

24日4:00ぐらいから下船の準備が始まります。って事は、3:00くらいから起きてスタンバイです。これは寝不足だわ。しかも2日連続で。ロングスリーパーにはつらい(笑)。

20180724_043621

とうとう北海道に上陸は果たしました。船のアナウンスでは、小樽の気温は18℃でしたので、メッシュウェアの下にウィンドブレーカーでいけるだろ…と思いましたが、10分後にはレインウェアを着ていました(笑)。もちろん夏用グローブも僕には無理。夜中の大門峠より寒く感じました。さすが北海道。レベルが違うぜ(笑)。

20180724_045305

小樽の街を少しだけぶらつき、早々に朝風呂を入りに岩見沢市にある北村温泉ホテルへ向かいます。R5→R377を走りましたが3車線の幹線道路で、トラックばかりでカブだと怖ぇー。同じフェリーで見かけたCB50Rをボアアップした89cc(黄色ナンバーでした)の方と

75aada25e2b3a5f579615b0c9b63059e

途中までランデブーでしたが、どうやら瞬発力も中間加速もタイカブのが速いみたいですね。当別の道の駅で一緒にコーヒーブレイクしましたが、背中にスゲー荷物も背負っており、この日に稚内に向けて行けるところまで行くんだとか…同じ歳くらいに感じましたがタフだわ。

温泉に行く前にセイコーマートがあったので、人生初(たぶんですが)のセイコーマートで朝ごはんにします。

20180724_063812

セイコーマートは北海道にしかないコンビニで、オリジナル商品も多くて素晴らしい。

20180724_064304

まぁ この後の旅で、飽きるほど入りましたが。

20180724_070338

北村温泉ホテルには7:00に到着。ご利用はお一人様500円。朝6:00から入浴できます。

H00504_02

北海道での一湯目になります。泉質はナトリウム-塩化物強塩泉で、茶褐色で、強烈にしょっぱいお湯です。しかも源泉かけ流しでふんだんに使ってます。さほど有名な温泉ではありませんが、素晴らしくいいお湯です。強烈な塩系なので、肌に良いこと間違えなしです。こんないいお湯が500円で入れるのか。すでにここで北海道のスケールのデカさを感じました。ちょっと熱いけど北海道ならちょうどではないでしょうか。

さっぱりしたところで、県道116号で三笠市に出ます。

20180724_084543

一般的には三笠なんて何もないじゃん…となりますが、私は20数年前ここに訪れております。ちょっと感慨深い気持ちになりました。確か「ツールド三笠」というクルマのラリー競技でした。

20180724_093656

富良野へ向かう通り道でもあったし、懐かしさもあって来てみましたが、残念ながら全く何も覚えていませんでした(笑)。この湖のまわりをグルグル走ったと思うのですが…。

R452に入り県道135号で富良野に向かいます。気温がグングン上昇し、Tシャツとメッシュでちょうどになりました。なんだよこの気温の差。後々いろんなところで体感しましたが、北海道は各地域で気温が全然違うんですよね。だから、着たり脱いだりが忙しい。

県道135号は北海道の観光でもメジャーな富良野へ出るから、観光バスを先頭に列が出来ておりました。僕はカブだからのんびりペースに合わせて走行していましたが、SS系に乗ったライダーの2人組が爆音で、100㎞/hは超えているであろうスピードで、5~6台はつながっている列を追い抜きました。

彼らはわざわざ北海道まで来て、何を目的にしているんでしょうか?わざわざ北海道まで暴走しに来たのでしょうか。こういう輩の北海道ツーリングは、意味合いが全くわからない。暴走したいだけなら近所の峠でいいんじゃないの。

富良野に出たところで、R237を旭川方面へ向かいます。富良野に寄ったのは旭川へ通り道だったのですが、せっかくなのでパノラマロード江花に行ってみます。そこへ向かう途中、ラベンダーがキレイに咲いておりました。

20180724_105550

本当は7月7日(キャリアが壊れて中断しました)来るはずでしたから偶然ですが、いい時期に来ましたね(笑)。まぁラベンダーは近所でも見れますが。パノラマロードはこちら

20180724_110826

20180724_110835

これこそがザ・北海道です。これは八ヶ岳じゃ見られないです。それに北海道ツーリング雑誌の表紙を飾るのは

20180802_062936

これですから(笑)。2015年に買いましたが、来たのは3年後ですけどね。ここで11:00を回ってしまったので、旭川に向けて激走します。理由はラーメンを食べる為です。趣旨の一つのB級グルメです。

12時を少し回って到着したのはこちら

20180724_121816

ラーメンの蜂屋さんです。こちらにした理由は、昭和27年創業の老舗だからです。この老舗ってのに弱いんですよね。店舗内も昭和な感じで、歩んできた歴史とこだわりを感じられます。

20180724_121945

オーダーは人気No.1って書いてあったラーメンにしました。

20180724_122511

お味の方ですが、見た目からこってりした味を想像しましたが、意外にもあっさりした味でした。しょうゆ味がベースなんでしょうけど、豚骨と魚介類の風味もあって、当たり前ですが激ウマです。☆5つの満点。ラーメン好きなら行く価値あると思います。いや、行くべきです(笑)。個人的には、札幌のすみれより美味しいと思います。ちなみに札幌のすみれは、横浜のラーメン博物館でいただきましたので本物と違うかもしれません(笑)。

旭川は死ぬほど暑く、さらに朝の4:30から走っているので、さすが眠気が襲ってきました。エアコンが効いている旭川の道の駅でしばし昼寝をして、本日の宿の深川に向けて走ります。ここから1時間ぐらいです。

なぜ深川なのか?は、旭川市内のビジネスホテルはシーズン中は高いんですよ。旭川をやめて、付近の工事関係者が泊まるようなビジネス旅館なら激安で泊まれます。旭川は想像していたより大きな街で、僕はあまり惹かなかったですね。そもそも旭川に泊まったところで夜遊びはしませんから(笑)。

本日の宿はこちら

20180724_181514

深川駅近くの日の出屋旅館さんです。早めの15時にチェックインです。今日はもう限界です(笑)。

20180724_162346

料金は素泊まり3500円。今回の宿の中でもトップのお値段でした。日の出屋さんは清潔感もあって、他と比較しても超おすすめです。ですが…北海道の宿は全体的に基本エアコンがありません(笑)。扇風機のみ。正直に言って暑いです。確かに夜になれば問題ありませんけど。どうしてもエアコン必須となると、ビジネスホテルとなるでしょうね。ですので我慢です。贅沢は敵です。

お風呂に入ってウトウトしていると、夕飯の時間になったので食べに向かいます。

20180724_185322

駅のすぐそばにある椿さんです。誰も居ないし営業している雰囲気ではなかったので、「お店やってます?」と言いながら入りました(笑)。

20180724_182710

深川市は蕎麦とお米の産地らしいので蕎麦屋にしました。

20180724_182644

オーダーはおすすめの「ひね皮かしわ」をセイロでいただきました。

20180724_182934

日本酒もいただきました。たしか国稀でした。

20180724_183857

お蕎麦の味ですが、北海道はそば粉の産地だから不味くはありません。ただ、味は信州そばの方が洗練されていると思います。鶏のセイロ自体は悪くないと思いますが、僕は10年信州そばを食べているので…信州びいきな舌なんだと思います。東北系に近いかもね。☆3つ。東京に住んでいた頃なら☆3.8ぐらいだったと思います。

旅館に戻ったらご主人の息子さん(たぶん僕と同世代)がいて、いろんなお話しを聞かせていただきました。僕も宿を予約する時に疑問に感じたのですが、なぜか深川には日の出屋さんのような旅館が多いのです。理由は、もともと深川駅は留萌からのターミナルになっていて、商人の方が深川駅周辺で買い付けをするのに泊まっていたそうです。だから多いらしいのです。

20180724_185621

大正、昭和の名残りが残っているんですね。風情のある話で、なんだか街の歴史を感じますね。当時の深川を見てみたかったなぁ。今は便利になり過ぎちゃって、どの街も特徴がなくなってしまいましたからね。

つづく

|

« 再び旅立ちます | トップページ | カブで北海道 深川から稚内編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさい。 

天気も良く(暑く) 良いツーリングになったようで何よりです。 最初の予定で行っていたら 気温と天気で毎日レインウェアー。 花の開花や農作物もすべて遅かったので ちょうど良いタイミングになりましたネ。

また 「メッシュ」 正解だったでしょ。 

投稿: MAC | 2018年8月 4日 (土) 00時04分

友蔵さん。お帰りなさい。

全く寒いなんてどこの国の事かと思っています。

思い立っておとといから一泊で十津川、熊野川沿いの国道で那智勝浦まで温泉と熊野本宮大社などをバイクで走ってきました。
往復400キロたらずですが。
暑い中走って今日になっても熱中症気味です。

友蔵さんの北海道レポート楽しみです。
まずは無事のご帰宅。おめでとうございます。

投稿: ひでりん | 2018年8月 4日 (土) 00時45分

MACさん

途中でいただいたアドバイスメールありがとうございました。天気には恵まれたことは恵まれましたが、稚内以降は微妙…(笑)。後ほどの記事をお楽しみに。
いろんなライダーの方とお喋りしましたが、けっこう毎年来ているんですよね。MACさんがうらやましいです。

ひでりんさん

今週末は別府でしたが関西は暑いですね。よくバイクなんか乗りますね(笑)。
北海道はいいですよ。関西のバイク乗りの方も大勢いらっしゃってます。後の記事にも書きますが、場所によっては灼熱地獄ですけどね。

投稿: 友蔵 | 2018年8月 6日 (月) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カブで北海道 八ヶ岳から深川編:

« 再び旅立ちます | トップページ | カブで北海道 深川から稚内編 »