« 別府移住計画 第四弾 1 | トップページ | 蓼科牛 いっとう »

別府移住計画 第四弾 2

ここから本題に入るのですが、その前に朝風呂を入ってからにします(笑)。

Dsc02456

前回も入浴している別府市営の不老泉です。こちらは6:30から営業しているし、駐車場もあるので、僕らには便利です。ご利用も市営なのでお一人様100円と驚くほどリーズナブル。ですが、アメニティの類は一切ありませんし、シャワーも一つしかなく高齢者と障害者優先なので、温泉マニアでないとハードルが高いかもね。

泉質は単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)で、無色透明で無味無臭ですが、さっぱりする良いお湯です。ここから近いのですが、ホテルはやしとも泉質が違うし、別府の温泉は多種多様なんですよね。だから、別府の温泉に行った…といっても、それは一面を見ただけで、別府の温泉を知ったわけじゃないんですよね。奥行きがあって面白いです。

物件は全部で6件見学しましたが、そのうちの3件は見ただけで終わり…って感じだったので、ここでは割愛します。では、一件目

Dsc02468_01

別府市は約11万8千人が暮らす規模の街ですが、観光地でもあるからなのか一般住宅地にまぎれて別荘地もつくられております。この一件目は、古くに高級別荘地で開発したエリアにあります。

家は古いから昭和の香りがプンプンしますが、高級別荘地に建てただけあって、僕が幼少の頃に暮らしていた一般庶民丸出しの貧乏臭い感じがせず、当時としてはお洒落な感じに作られており、どこか気品を感じます。高校生になって行動範囲が広がり初めて行った、高級住宅街の世田谷区上馬にあった友人の家を思い出しました。クルマに例えるなら、古いフランス車みたいな感じ…そう!僕が乗っていたシトロエンXmの雰囲気がありました。

Img21982

当初の希望の通りではありませんが、立地が良い事、価格が手が届く範囲である事、ガレージがあってFREEDぐらいは余裕で入る事、ついでにバイクもなんとか入るかも、さらになんと温泉が引いてある事など、そこそこ条件に合っているので第一候補です。まぁ バイクは微妙な気もしますが…。

Dsc02467_01

マイナスな部分は建物が古いから、数年後には外壁などのメンテが必要となる事、内装はリフォームは必須、階段が多いから老体になったら堪えるかも(愛犬のティニーもね)、庭が北向きのせいかジメっとしている…僕はこれが一番気になっています(笑)。

古くてリフォーム済みでもないのに、立地のせいもあって他の物件より少々高めなので、どこまでリフォームするかにもよりますが、概算で考えると後にみた新築物件と大きな差がない。ここが問題なんだよなぁ。とは言っても、クルマが買えるくらいの差はありますが。

午前中はこの後2件を回り、ランチは別府のショッピングセンター内にある、寿司めいじん さんでいただきました。大分県で展開する回転寿司のチェーン店です。

Dsc02481

回転寿司だからバカにしていましたが、わりと美味しいと思います。スシローより断然美味しいと思います。個人的には、沼津魚がし鮨よりいけてると思います。ちなみに、写真は地物の三点盛りで、マグロとかは食べていませんから、一般のネタが美味しいかは不明です。

午後から見学したのは、まず新築物件のこちら

Dsc02493

首都圏のベットタウンによくありがちな建売みたいな感じです。クルマに例えるなら、シエンタとかフリードみたいな感じです。まぁ…普段からフリードに乗っているので、何も問題ありませんが。

Dsc02490

前回見学したN-BOX(第三弾を参照してください)よりはマシですが、よくある感じの、ありきたりな感じですね。このエリアも社有の保養所が立ち並ぶ場所で、こちらも保養所だったのを切り売りしております。最新の設備や外壁だから、価格は確かに高いのですが、あとあとの事を考えると安心感はあるんですよねぇ。なんたって新車のフリードですから。でも、ガレージはないから、クルマは青空駐車にしても、バイクはガレージをオプションで付けなければなりません。ついでに、バス通りではあるものの別府駅からは遠いんですよねぇ。

続いて三件目ですが、まだ住んでいらっしゃったので写真はありません。外観は一件目同様の昭和の家なのですが、家の中は古民家風に改装しており、ネットで見た写真ほどではありませんが、お洒落でいまどきの感じが漂います。こちらも温泉が引いてあり、しかも旅館の岩風呂みたいになっています。元々別荘だったらしいです。

今回の見学にあたり、実はこちらが第一候補でした。場所はいまいちでしたが、価格、古民家風、敷地が広め、何度かリフォームしている事などに惹かれました。ですが、現物はクルマに例えるなら、若者が改造している古いランクル…我ながらいい例えだなぁ(笑)。

80_ogawatc_

いまどきの若いお洒落意識が高い夫婦が手を加えながら生活しておりますが、外壁のリフォームは値切ったのか、あるいはある程度まで自力で施工したのか…はっきり言って雑。古民家風もお洒落な感じはしますが、その間取りもいざ暮らすとなると不便だと思います。実用的なフリードを見た後だから、余計にそう感じました。「そこらへんの奴らと俺は違うぜ」的な勢いでは、生活が長続き出来ないのよねぇ。おっさんになると、長く生きているおかげで多少学習しております。

やっぱり、古いランクルだわ。100歩譲って趣味の別荘ならまだわかるけど、毎日はたぶん飽きるし不便だと思う。維持も好きではないと出来ない。日曜大工も趣味じゃないし。クルマは嫌になったら簡単に乗り換え出来るけど、家は金額が違うからそうはいかない。ここにする勇気はないや…小心者ですので(笑)。

見学が全部終了したのは15:30。ぼちぼち別府を旅立つ時間が近づいてきました。高速に乗る前に最後の温泉に入っていきます。、別府IC近くの堀田温泉が無難なのですが、何回も入っているので、今回は亀川温泉にチャレンジしてみました。

Dsc02500

こちらも市営温泉ですので、ご利用はお一人様100円です。

Dsc02497

ここは温泉マニア以外は止めといた方がよろしいかと思います。不老泉でも一般的な感覚ではきついものがありますが、こちらの浜田温泉は、それのさらにパワーアップ版となっています。地元色が強いし、清潔感は皆無、ビビる事にドライヤー禁止ですから(笑)。

泉質はナトリウム−塩化物・硫酸塩泉(塩化物泉)で、うっすらと濁っているような…でも、ほとんど無色透明で無味無臭です。ただ、別府でいままで入った温泉とはちょっと違う泉質ですね。お湯は、塩化物泉だから肌に優しく良いお湯です。お湯はおすすめですが…せめて不老泉ぐらいの施設であって欲しいなぁ(笑)。

16:30に我が家に向けて走り出します。半分くらいはFREEDが運転しておりますが。

Dsc02501

18:30には関門海峡を通過し、中国道の美東SAで車中泊をします。夕飯も美東SAでいただきました。

Dsc02504

フグのから揚げに惹かれましたが、美味しいのはフグだけで、いわゆる昔のサービスエリアの味でした。次回は違うSAにします。

翌日も5:00起床で帰路を急ぎますが、休憩も兼ねて小豆島旅行の帰りに寄った、姫路にあるペーロン温泉に浸かります。山陽道の龍野西ICで降りて10分ぐらいで到着します。

Dsc02505

前回入った時は、塩系の良い温泉の印象が強かったのですが、今回は湯上りがかゆくなりました。朝だから塩素が効きすぎていたのでしょうか。

さっぱりしたところで一気に帰ります。神戸JCTで、大阪を迂回する新しく出来た新名神を走り、ここまで来れば帰宅出来る時間も見えてくるので、今回も無事故・無違反で良かった…なんて思っていたら、京都あたりでFREED+のフロントガラスにバチーン!と嫌な音が…。恐る恐るフロントガラスを見ると…やっぱりキズが入っておりました(涙)。購入から3ヶ月で、まだ8000㎞しか走ってないのに。

運転していたのは妻で、私ではありません。飛び石が当たるのは運もありますが、基本的には、速度を抑え、車間距離を取っていれば確率を低くする事が可能です。私はベンツのC240でガラス交換、ジムニーでもリペアした経験があるので、なぜ飛び石が当たってしまうのか?について調べた経緯があります。

石は自重があるから、どんなに勢いよく放たれても、飛んでいられる時間には限りがあります。という事は、低いスピードで放たれた石なら、すぐ落下するのです。スピードが出ていれば逆になります。なので、一般道を走る程度のスピードでは当たったとしても、ヒビが入るほどのダメージにはなりません。

だから、車間距離が近く、スピードが高いと、当たる確率が高くダメージもデカくなる。実はジムニーのリペア以来、私はスピードを出す場合には、出来る限り車間距離を多めに取るように心がけていました。交換や修理の金額が気にならないほど急ぐ理由は、僕には一切ないので(笑)。今回は法定速度+αのわりには車間距離が近かったんだよね。疲れが出はじめていて、気持ちが急いでいた気もします。まぁ 運もあるけどね。

19:00には我が家に到着しました。節約の旅でしたが、ガラスリペアは16000円もするからチャラ(笑)。でも、この程度なら良かった。違反や、ましてや事故なんてしたら16000円じゃ済まない。ちなみに、仮に以前のランクルで行ったとしたら、何もなくても+20000円ぐらいになりますからね(笑)。

最後に、FREEDで別府往復2000㎞を走った感想ですが、山陽道は、時おり談合坂並みの勾配がついた登りがあるのですが、パワーが足りないと感じます。あと20PSあると走りに余裕が出ると思います。LKASが効かなくなる高速カーブも…路面に張り付く感じが今一歩だと感じます。全然ダメというわけではなく、グランドツアラーとしては赤点ギリギリを通過…って感じですね。たぶんシエンタも50歩100歩だと思います。高級なオデッセイだと違うのかもしれませんね。でも、あんなに高くてホンダセンシングがあれじゃ、僕だったら落ち込みます。

ロングツーリングは、アテンザやレガシィー、あるいは耐久性を無視すればドイツ勢のがいいでしょうね。ミニバン系は、やはり走りは合格ラインには届きません。高級なのは違うかもしれませんが。でも、僕はFREEDでノープロブレム。燃費も良いし、スライドドアだし、車中泊も楽々こなしますから。走りなんて初めから期待していませんし、ゆっくり走れば問題なし(笑)。所詮、日本で乗るんだし。僕にとってのFREEDは、意味合いが軽バンと同じ。それと比べれば、かなりよく出来てます(笑)。

今回の妥協案の見学では、何を優先するかが見えてきて、検討する方向性が決まってきました。シトロエンXmが第一候補には違いありませんが、今回は方向性が決まっていなかったから、新築物件は一つしか見ておりません。なので、急いで再び別府に向かいます。

次回は飛び石に当たらないようにしよう(笑)。

|

« 別府移住計画 第四弾 1 | トップページ | 蓼科牛 いっとう »

田舎暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1434740/73630952

この記事へのトラックバック一覧です: 別府移住計画 第四弾 2:

« 別府移住計画 第四弾 1 | トップページ | 蓼科牛 いっとう »