« 吉田のうどん おお野 | トップページ | タイカブ号 リアキャリア変更 »

馬曲温泉 望郷の湯

別府には、とりあえず妥協案を見学しに来週行く事にしました。行かないと何も前に進まないだろう…という事もあって。という事は、確実に来週もバイクに乗れないので、今週末の天気予報も晴れ、気温も上がるとの事だったので、久々にバイクで走ってきました。

Dsc02366

朝8:00は17℃くらいあったので、暖かいなら今回は少し遠征してみようと思い、ZRXで木島平まで行きました。しかし、実は天気予報とは違って、気温は上がらなかったんですけどね(笑)。

ルートはエコーラインからR152で大門峠を超え、R144&R406で菅平、北信濃くだもの街道を経由して、R292と県道38号で木島平入りです。節約の為、高速道路は使用しません。

大門峠は、まだ9:00過ぎなのに、すでにそこそこの交通量があり、前の遅い車を拝みながら登りましたが、上田方面に向かう下りはクルマが少なく、結構カッ飛ばす赤いVWゴルフとランデブーで足慣らしをして、走りスポットの菅平の登りは、11:00ぐらいだったので首都圏からここまでは来れないからか、空いていたのでZRXを気持ち良く走らせる事が出来ました。

Dsc02368

R406の菅平の登りは登坂車線付きなのが良いんですよね。大門峠も2車線に出来ないのかな。ZRXでここまでアクセルを開けたのは、たぶん今回が初めてです。3500rpmで最大トルクが出るので、回り込んだコーナーはスゲー乗りやすい。確かにDUCATIのST-4のが、高回転まで回した時がドラマティックではありますが、僕程度の技術だと、どこからでもアクセルがついてくるZRXのが全然扱い易いです。

ただ、僕の個体だけかもしれませんが、ブレーキのタッチが悪い気がします。下りでガンガンブレーキを使用すると、握りしろが手前になるような気が…。そして、効きはじめが悪く、途中からカックンと効くような気が…。タッチは、ドゥービルやST-4のが全然良い感じがします。TOKICOが合わないのでしょうか。一度専門家に見てもらいましょうかね。いままでのバイクの中では一番フィーリングが良いので、これは改善したいです。

Dsc02377

片道140㎞以上はありますが、途中のペースが良かったからか3時間20分(途中で休憩もして)で、12:00ちょっと前に木島平に到着しました。ランチの店はこちら

Dsc02378

手打ちそば 樽滝 さんです。木島平村観光交流センターの中にあります。木島平村産のそば粉を使用し、つなぎに雄山火口を使う、北信州の特徴的な蕎麦です。信州は蕎麦が郷土料理の一つですが、地域によって蕎麦が微妙に違います。

Dsc02382

今回は妻も僕も、樽滝セットをいただきました。

Dsc02384

セットは、野菜の天ぷらと木島平産のお米で作ったおにぎりが付きます。お味の方は、火口そばは出された時、硬めの食感でのど越しは良いが風味に欠けるなぁ…と感じましたが、天ぷらをつつきながら食べていたら、後半は蕎麦の風味も感じられ、とても美味しくいただきました。初めは若干アルデンテ気味なんでしょうね。通の方に好まれるのかもしれませんが、一般庶民の私には後半くらいでちょうどでした(笑)。

天ぷらはサクサク感はありますが、個人的にはころもが薄い気が…。おにぎりは、私はお米の差が全くわからないので、私にとってはごくごく普通の味(笑)。たぶん、こういう奴に食べさせるにはもったいないおにぎりです。☆4つ。信州で蕎麦は王道ですが、上田や松本とは一味違うと思います。そして、お米の違いがわかる方にもおすすめです。木島平のお米は、なんとか賞を取っていたので。

ご飯の後は、スキー場の方に行ってみましたが

Dsc02388

特に観光施設があるわけでもないので、景色を眺めながらぐるっと一回りして、ここからほど近い馬曲温泉へ向かいます。

Dsc02393

ここらへんの村の雰囲気は、長野というより新潟の雰囲気がありますね。馬曲温泉までは一本道で、この道の突き当たりの方に温泉施設が出てきます。

Dsc02401

結構標高の高いところにあります。施設はスーパー銭湯のような大きな施設ではなく、温泉旅館のような、こじんまりした施設です。ご利用料金はお一人様500円とリーズナブルなお値段です。

Dsc02397

望郷の湯っていうくらいですから眺望が良いのですが、それは露天風呂の方で、内湯と露天風呂はつながっておらず、いったん服を着ての移動なので、ライダーにはかなりめんどくさいです(笑)。

9b093_0001091704_1

泉質は、単純泉(弱アルカリ性低張性温泉)の無職透明で無味無臭です。お湯は循環を併用し、加温と塩素を使用しております。しかし、その割にはPH値が高いからか、お肌にスベスベ感がある良いお湯です。

でもね、僕らは13:20ぐらいからの利用でしたが、この小さい施設がけっこう混んでいるんですよ。浴槽だって大きくないのに。これだけの利用者がいるんだったら、もう少し大きい浴槽にするべきではないでしょうか。源泉かけ流しじゃないんだし。それから、関東近郊の施設と比較すると清潔感に欠けますから、そういうの期待するとがっかりします。お湯は良いので、もう少し施設が改善されれば使いやすいなぁ…と感じました。

帰りに木島平の道の駅に立ち寄りました。

Dsc02403

地元の豆腐でも売っていないかな?と思って寄りましたが、近代的なかっこいい施設なのに、レストランもないし、お土産屋さんもほぼ稼働していなく、人も少なく閑散としておりました。けっこうな建設費用がかかっていると思われますが…もったいないですね。

行きはGoogle様が推奨したルートを辿りましたが、どう考えてもR403で山ノ内町に出た方が空いていると思われるので

Dsc02404

こちらで中野市街を経由して、行きと同じ菅平は超えましたが、ここからは県道4号をブッ飛ばし、望月方面に向かいR142へ出ました。なぜ行きと同じ白樺湖経由止めたかと言うと、中部横断自動車道が八千穂高原まで伸びたからです。しかも、今のところ無料区間となっております。

八千穂高原まで来れば、我が家まではさほど遠くないので、白樺湖からの下りをチンタラ走るよりは気分的にイライラしません。おまけに市場坂の登りは2車線で、遅いのは全部抜けますから。

しかし、最後の難関の野辺山高速は半端ではありません。18:00で気温15℃。太陽が沈みかけた15℃はかなり堪えますよ(笑)。ほぼ罰ゲームです。久々に手がかじかみました。って言いますか、この時間で15℃なら、おそらく野辺山ではピークでも20℃なんじゃないの。予報士の皆さん…聞いてないよぉ~(笑)。

木島平まで行くと、さすがに首都圏から日帰りは無理だろうから、全体的に道路が空いて気分が良かったです。今回は久々にバイクで走った充実感がありました。まぁ それでも馬曲温泉にも首都圏ナンバーのクルマがけっこう居ましたけどね。

我が家周辺は、高速道路を使えば日帰り出来るから、毎週末中央道は渋滞が発生しています。早めの午前中以外は気分良く走れなくなりました。10年前とは大きく変わりました。だから、移住するにはちょうどいい頃合いかもね。

それにしても、今回は気持ち良かった。今のところZRXがすごくお気に入りです。性能はわからないけど、ストライカーのサイレンサーも気分を盛り立てます。電子部品も少なく機械的なのも気に入ってます。ついでにレトロなデザインも。

こりゃー初の車検を迎える可能性大ですね。今のところ(笑)。

|

« 吉田のうどん おお野 | トップページ | タイカブ号 リアキャリア変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1434740/73565727

この記事へのトラックバック一覧です: 馬曲温泉 望郷の湯:

« 吉田のうどん おお野 | トップページ | タイカブ号 リアキャリア変更 »