« 車中泊 IN 富山 2 | トップページ

FREED+ 5000㎞インプレッション

3月中旬に再販ランクル70から乗り換えまして、ODOメーターは早くも5000㎞少し手前になりました。

20180509_154217

ディープな外車やランクルなどのマニア向けのクルマと違い、ホンダのフリードですから興味のある方は少ないと思いますが、暇なものですから記事にしたいと思います(笑)。

まず、フリードにした理由ですが、第一の目的は節約(笑)、次にティニー(愛犬)が高齢になってくるので乗り降りしやすいクルマ(スライドドア)にしたかった…これ以上の理由はありません。だから、FREEDに特別な思い入れは全然ありません。自分の求める条件に、他のクルマと比較するとまぁまぁ合っていた…それだけです。

20180509_160552

僕の個体のグレードはハイブリッドのEXで、とりあえず最上級モデルです。ですので、ホンダセンシングが搭載されております。しかし、すでに5000㎞も走っているのですが、高速道路は一度も走っていないので、センシングの能力を体験しておりません(笑)。貧乏で申し訳ありません。これについては、高速道路で十分な検証した後、なにかの記事のついでに書きたいと思います。

僕はミニバンを購入したのは初めてです。ミニバンを運転したのは、遠い昔に初代のVOXYを一度だけ…たぶんそれだけだったと思います。他のミニバンの横に乗ったり、後ろに乗った事はもちろんありますが、運転した記憶は…たぶん無いなぁ。一番興味のないカテゴリーだったので。ですので、他のミニバンとの比較はあまり出来ません。

その上でのインプレなんですが、ミニバンのカテゴリーに属すると思いますが、VOXYとかステップワゴンより、ドライビングフィールは前職場で営業車で15万㎞も乗ったフィットシャトルに近いものを感じます。アイポイントもちょっと高いくらいで、フィットともあまり変わらないと思います。

コーナーリングも一般的な走行ならフィットシャトルと遜色ないと僕は感じます。初代のVOXYは、スピードの乗ったコーナーリングはちょっと怖かった記憶があります。現行のミドルサイズのミニバンはわかりませんが。それから、ランクルが来るまでに借りた初代シエンタと比較しても、走りがビシッとしていると思います。僕は。フィットシャトルもそうでしたが、ホンダのセッティングは僕の好みなんだと思います。

パワーユニットは1500cc+EVアシストで、フィットシャトルと比較するとパワフルになっていますが、車体がフィットシャトルより重いからなのか、そのパワフルさは体感出来ません。問題はDCTですね。これはひいき目に見てもクルマのキャラクターに合っていない。いや、実燃費も20㎞/ℓを超えるしECOに貢献しているのであろうと思いますが…。

出だしの低速でのギグシャク感はぬぐえないし、ガコンとギアに入る音もデカい。しかもキックダウンの際には一瞬のタイムラグがある。おまけに山道はなかなかシフトアップしないから3000rpmは当たり前。MT乗りには気持ちが理解出来ますが。ただ、エンジン回転が高めで貧乏くさいエンジン音だから、高級感には欠けるんじゃないの。

いや、スポーツカーなら良いと思うんですよ。パドルシフトで高回転までブチ回したりして。運転が楽しいし、高揚感も出ると思う。でも、フリードはファミリーカーなんだからトヨタのTHSⅡのが性格的に合っていると思います。MTの高効率を取り入れて燃費の向上を狙った判断なんだと思いますが…特に日本じゃダメだと思う。STOP&GOばかりで、低速の走行がほとんどなんだから、デメリットのが目立ってしまいます。FIT系は早いとこi-MMDに移行した方が良いと思います。コストがネックなんだろうけど。

20180509_160616

それなら前モデルのフリードスパイクのハイブリッドのが良いと思うでしょうが、燃費の問題はさておき、走りはCVTだからスムーズになっても、電池の容量が少ないから今のモデルのようなEV走行は出来ませんし、それどころか肝心なところでEVアシストが切れて普通の1500ccの走行なります。フィットシャトルがそうだったから、おそらくなります。さらに…ここがポイントで、アイドリングストップ時はエアコンが稼働しなくて、送風になります(笑)。真夏、真冬はかなり地獄です。

これを考慮すると、いまいちのDCTでも僕なら現行を選びます。もともとMT好きってのもありますが。さんざんi-DCDをこき下ろしましたが、それでも、どこぞのe-POWERよりi-DCDを評価しています。当初はセレナのe-POWERの発売を待って購入するつもりでした。しかし、調べれば調べるほど…エンジン動力をかたくなに駆動に介入しない理由はいったいなに?ワンペダルの為?たぶん、電力で動く=エコロジー…みたいなイメージ戦略でしょ(笑)。

プロパイロットを自動運転とか、日本広告審査機構(JARO)はなにしてんの?。大企業ならなんでもアリなのでしょうか。なので、それから見たらホンダは良心的です。しかし、コンパクトカーの価格帯でTHSⅡを販売出来るトヨタが、今のところハイブリッド車では一歩リードしているのは事実でしょうね。乗り味は好きではありませんが。

20㎞/ℓ以上の燃費で、スライドドア、フィットシャトルと同等の走り(極限は違うと思うけど)、車中泊出来る空間あっても取り回しはフィットに+α…見栄を張らなければ使える一台だと思います。

SUVが今の流行りですが、車高が高い分スポーティさは欠けると思うので、どうせ飛ばせないなら便利なミニバンのが良いと…買ってから思いました(笑)。だって、SUVは普通のワゴン車でしょ。ただ、僕はコミコミ260万円でしたが、普通に買えば300万円は超えると思います。フリードに300万円以上…うーん…微妙ですね(笑)。

僕もティニー(愛犬)の為とか、車中泊とかを無視すれば、やっぱりSKYACTIV-Dのデミオかも(笑)。

|

« 車中泊 IN 富山 2 | トップページ

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1434740/73454941

この記事へのトラックバック一覧です: FREED+ 5000㎞インプレッション:

« 車中泊 IN 富山 2 | トップページ