« 西条温泉とくら | トップページ | 車中泊 IN 富山 2 »

車中泊 IN 富山 1

今年のGWは何も予定しなかったので、予定なしでもぶらっと出かけられる車中泊で、富山方面に行ってみました。なぜ富山なのか?と言いますと、日帰りにはちょっと無理な距離だし、GWの観光スポットは人ごみで疲れるので、能登半島じゃなければ空いているだろうと思ったので(笑)。

5月3日、準備が出来たところで8:00くらいにテキトーに出発しました。車中泊の旅は宿も予約していないので「何時に、ここに行かなければならない」がないので、とっても気軽です。

混んでいる諏訪市内を裏道でパスし、サラダ街道を経由してR158で乗鞍方面に向かいます。

Dsc02256

GWの人気スポットの上高地付近ですが…さすがです。スゲー人出。かつて僕もこういうのやっていましたが、もう到底無理ですね(笑)。

Dsc02257

普段並んだことのない安房峠の料金所もこの通り。ちなみにライダーも多数出ておりましたが、この日は気温が低く5℃でした。僕にはこれも無理です。

Dsc02271

さらに悲劇の雨が…そして我がFREEDの気温計には、3℃になると案内する低温注意の警告が(笑)。雨天の3℃…よかったバイク乗っていなくて。

意外にも渋滞がなかったので、11:00ちょいすぎでしたが早めにランチをいただきました。

Dsc02268

観光地のお洒落なカフェですね。よつば さんです。

オーダーはこちら

Dsc02267

本日のプレート1000円と奮発して飛騨牛の牛丼1400円です。お味の方は意見が大きく分かれると思います。僕は値段も高いからとっても損した気分になりました。全体的に薄味で、それでも料理として美味しいなら理解できますが、僕には味がしない領域でした(笑)。今どきの意識高い系の人には口に合うと思いますが、僕のような早死にしても濃い味系の方には向いておりません。口コミの評価は良いですが、僕は☆2.5ですね。

このままのペースだとかなり早く富山に入ってしますので、思い付きで飛騨古川の街を散策してみました。

Dsc02275

飛騨古川の街とは全然関係ありませんが

Dsc02277

かつての僕の愛車のアルファロメオ75ツインスパークが止まっておりました。あまりにも感極まり写真を撮らせていただきました。僕のはグレーでしたが。それにしてもマニアックだなぁ…っていいますか、遠いところからよく走ってきたなぁ…っていいますが、よく動いているじゃないですか。

歴代の愛車の中でも、とても気に入った一台で、今のFFのフィアット傘下になったアルファロメオではなく、傘下になる前のアルファロメオの最後のモデルです。回っているだけで前に進まないエンジン、雨の日はラフなアクセル操作をすると交差点でもドリフトする安定性、渋滞するとみるみるうちに上がる水温計など、今ならありえないクルマです(笑)。もちろん故障も多く、僕の個体は謎のエンジンストールが多発し、大掛かりな電装系の見直しが必要だったので手放しました。オーナーの方、ぜひとも大切にしてください。陰ながら応援しております。

アルファロメオのお陰ですっかり忘れておりますが、飛騨高山ほどではありませんが古い町並みが残っており情緒があります。それでいて高山ほど混んでいないのもいいですね。

Dsc02283

飛騨古川から戻る途中に、どこかの村のお祭りが開催されておりました。よくある村のお祭りとは違い、なんだか衣装も凝っているし、先頭は天狗のお面を付けていたりして、独特の雰囲気を醸し出しておりました。阿部寛のドラマのトリックに出てきそうでした。偶然でしたが、こういう一面が旅を盛り上げますよね。

14:00ぐらいにR41沿いの

Dsc02284

割石温泉に浸りました。人気の温泉施設は混みそうだったので。でしたが、14:00なのにけっこう利用しておりました。驚いたことに地元民だけではなく、県外ナンバーのライダーも立寄っておりました。ご利用料金は410円ととてもリーズナブル。

Wari01

泉質は単純硫黄泉で、無色透明ですが源泉が注がれているところからは硫黄の香りがいたします。循環だし加温もしているからよくある施設っぽい感じですが、ゆっくり浸かるとヌルっとしていてお肌もスベスベになるいいお湯です。近くにメジャーな温泉があるので、なかなか候補に上がらないと思いますが、山のいで湯って感じがあり、おすすめの温泉です。

温泉の後は、R41をひたすら富山方面に向かい

Dsc02288

途中から県道65号にそれて、海でも見ようと白砂青松100線の古志の松原に寄ってみました。

Dsc02289

白砂?…とは思いましたが、散歩にはいいところではないでしょうか。ツーリングマップルには載っておりますが、付近に駐車場が見当たりませんので、クルマで行くのはあまりおすすめじゃないかも。

時間も17:00を回ったので、今夜の宿泊地のカモンパーク新湊へ向かいます。

http://shinminato.co.jp/

ここに決めた理由は、大きな道の駅で21:00までレストランが利用出来るからです。大きな道の駅で、国道沿いですので、着く前までは「防犯的に少し危ないかな」なんて考えておりましたが、驚くことにこのデカい道の駅の駐車場が車中泊の方々で埋め尽くしておりました(笑)。

イオンの駐車場状態での車中泊となりましたので、防犯的には全く問題ありません。その代わり、レストランは並んでおりました。バカバカしいので、横のフードコートで白えびかき揚げうどんとそばをいただきます。

Dsc02292

僕がランチの意識高い系が合わず、胃もたれしていた為です。味は高速道路のSAの味です。でも、白えびの天ぷらを食べれたので、これはこれで良しということにします(笑)。車中泊の旅は、レストランの食事よりB級グルメが似合いますから。

FREED+の車中泊は、以前のランクルと比べると超楽チンです。セレナやノアから比べれば、セットするのが少々面倒くさく、そして狭いと思いますが、大人2名とティニーが普通に寝るのに充分な空間はあります。

Dsc02293

またスライドドアのクルマは初めて所有しましたが

Dsc02295

これは車中泊には便利だわ。ただ、ワンちゃんよってはゲージがないとダメかもね。ティニーは脱走しませんが。

それにしても、我が家の近くの道の駅ならわかりますが、富山の道の駅でこれほど車中泊の方々がいらっしゃるとは思いもよりませんでした。クルマは、本格的なキャンピングカーや定番のハイエースが主流ですが、遠方ナンバーの軽ワゴンも意外に多く、驚くことにプリウスでも泊まっております。

車中泊は日本人の旅のスタイルを大きく変えたかもしれませんね。画一的なスタイルだけではなく、各々が自分でプランを考え、自分の楽しみ方で旅をする…一番日本人に足りなかったところではないでしょうか。だったら生き方もそうすれば良いのに(笑)。僕のように(笑)。

2へ続きます。

|

« 西条温泉とくら | トップページ | 車中泊 IN 富山 2 »

コメント

はじめまして。
筆者さんのような生活に憧れて、いつもブログ拝見させて頂いてます。
移住先の話も楽しみにしてます!

投稿: かじか | 2018年5月 6日 (日) 20時58分

どうでもいいような駄文にお付き合いいただきありがとうございます。

日本の普通は、僕にはハードルが高い(笑)ので、移住とともに普通をやめました。しかも、只今無職生活満喫中でございます。

決して憧れる生活ではありませんが、過労死するくらいなら、生活保護を選ぶ勇気があれば、僕のようにお気楽に生きる事が出来ます。

所詮人生は暇つぶしですから わっはっは

投稿: 友蔵 | 2018年5月 7日 (月) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1434740/73433663

この記事へのトラックバック一覧です: 車中泊 IN 富山 1:

« 西条温泉とくら | トップページ | 車中泊 IN 富山 2 »