« タイカブ 確認ツーリング | トップページ | 川中島古戦場史跡公園 散歩 »

秩父へドライブ

ぼちぼち関東周辺から離れてしまうので、若かりし頃に初級者ラリーの参戦で思い出深い秩父方面にクルマを走らせてみました。こういう書き出しだと、かっちょいースポーツカーを思い浮かべますが、乗っているクルマはファミリーカーのFREEDで申し訳ありません(笑)。

出発は8:00ちょいすぎで

Dsc02032

韮崎のわに塚の桜をかすめて、R20で西関東道路に入り

Dsc02033

R411で奥多摩経由で行きました。フルーツラインの桃の花も咲き始めております。そろそろ見頃ですね。

Dsc02036

R411は最近(それでも数年前になりますが)道路が整備されて、以前からみると比べものにならないくらい走りやすくなりました。昔は曲がりくねっている上に道幅も狭いので、マニアには楽しいかもしれませんが、一般人には苦痛な道だったと思います。昔は僕もラリー車でガンガン飛ばし…間違えました。それなりに走りましたが(笑)、最近のドライバーは平然とセンターラインを割ってくるので、道幅の狭いところは自己防衛機能が働き、かなり減速します。

これがワゴンRのおばちゃんならノロいから許せますが(いやいやダメですよ。はみ出しちゃ)、スポーツカーでも割ってくる不届き者がいるので驚きです。最近のクルマは車幅が広いからなのかもしれませんが、基本的にこれはやめてくれ。頼むから。

スピード出して自爆するのは「勝手にしろ」で一向に構いませんが、他人を巻き込むのはクルマ好きとして…それよりも人として間違っています。特にライダーの皆さんは気をつけましょうね。狭い道路でセンター寄りにクリッピングすると、恐ろしい目にあう可能性があります。

本日のランチは飯能市にあるこちら

Dsc02045_2

と多゛食堂 さんです。一見一般の民家に見えて驚きましたが、店内はけっこう賑わっておりました。期待出来ます。オーダーは、チャーシュー煮干しそば 黒 1000円と、煮干しそばの白 800円。

Dsc02043

お味の方ですが、不味いか?と問われれば間違えなく美味しいのですが、激ウマか?と問われれば、そこは微妙…って感じでしょうか。今どきのラーメンを意識していると思いますが、同じ今どきの味でもラーメンの王道ではなく、洋風な要素と和風な要素を取り入れて、少し変化球系にしていると思います。しかしながら僕の感想は、見映えが良いし、くどくなく透明感もあり、なんとなくお洒落な感じがしますが、ラーメンらしさの観点からみれば今一歩。チャーシュ-はハムみたいだし、のっている具材の選択はもっとラーメン屋らしい方が味が引き立つと感じました。☆3つ。ご近所ならおすすめですが、ツーリング先での選択には入りませんね。

ここから10分くらいのところにある豆腐厨房にも寄りました。

Dsc02047_2

お土産に買って帰りましたが、こちらのお豆腐は激ウマです。お食事もいただけるそうです。こちらは期待出来るのではないでしょうか。さらに酒蔵にも寄りました。

Dsc02050

長澤酒造さんです。純米酒の高麗王を購入いたしました。お味は…コクがあって日本酒らしい呑み応えのある味と思いますが、僕が好きな味は長野県なら「夜明け前」、「高天」、「七笑」、「麗人」なのでちょっとタイプが違いますね。あくまでも個人の趣向ですが(笑)。

久々に飯能、毛呂山、越生あたりを走りましたが、20数年前にラリーが開催されていたとは思えないくらい変わっておりましたね。今はたぶん許可なんて降りないでしょうね。昔は夜なんて交通量がほとんどなかったですからね(笑)。

最後は都幾川にあるこちらの温泉に浸かりました。

Dsc02059

都幾川四季彩館です。古民家を改装したらしく、今どきの日帰り温泉施設ですね。ご利用はお一人様800円とちょい高の設定です。でも都内の温泉施設と比べれば、これでも安い方ですね。

Huro3

泉質はナトリウム-塩化物泉で、無色透明で無味無臭、そして加水と加温ありで循環…日帰り施設にありがちな感じです。ですが、そこらへんの日帰り施設からみたら、美人の湯って言うだけあってスベスベ感があって、けっこう良いお湯だと思います。小さな施設だから混み合いそうな感じはありますが、キレイだしアメニティーも揃っているから、僕はおすすめですが、泉質や雰囲気からいってマニアには物足りないかも(笑)。

Dsc02054

秩父も桜が満開でした。都幾川からの帰り道は、かの有名な定峰峠を走りました。

Dsc02068

えっ 知らない?…当時関東でラリーをやっていたら知らない人はいなかった…と思いますので、皆さん知っていると思いました(笑)。今でも走りに来ている方がおりました…が…見てると怖い走りだわ。対向車がそれなりに来るから僕にはスピードは出せません。ビビリミッターが作動しました(笑)。やっぱり最近のドライバーは怖い。

R140を雁坂トンネル方面に向かい、道の駅を過ぎたあたりからやっと私のペースが戻ってまいります(笑)。今度はFREEDがもの足りません(笑)。最低でもパドルシフトは欲しかったなぁ…やっぱり。コーナーの立ち上がりで盛り上がんないんだよなぁ。

ノロマだなぁと感じても、運転アシストやスライドドアの利便性、ストレスのない居住空間、それに一日の大半が低い速度での走行なんだから、むしろハイペースで走れる短い時間は何も考えないようにしよう(笑)。

久々に走った思い出の秩父の道でしたが、当時秩父は東京から行ける身近な田舎で張り切って運転していたつもりだったのですが、今振り返ってみれば八ヶ岳周辺より十分な交通量があり、道路もクネクネして狭く走りにくい…そして、はっきり言って車速が低い(笑)。ツーリングなどで走りを堪能したいなら、やっぱり長野に行きましょう(笑)。混んでなければ箱根もアリだと思います。

故郷の東京も、自分の子供の頃とはまるで別の街になっちゃったし、血気盛んな頃を過ごした秩父もずいぶんと変わったような気がする。時代は流れているから、その流れの中で自分はどうするか…なんでしょうねぇ。

早く別府の家を探そう(笑)。

|

« タイカブ 確認ツーリング | トップページ | 川中島古戦場史跡公園 散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1434740/73248140

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父へドライブ:

« タイカブ 確認ツーリング | トップページ | 川中島古戦場史跡公園 散歩 »