« 熱海 わんたんや | トップページ | 2018 お正月 »

箱根湯元 かっぱ天国

12月の23日、24日の連休は、世間ではクリスマスで盛り上がっておりますが、キリスト教を信仰しておりませんし、さらに中高年の夫妻がウキウキするのは不気味ですので、いつもと変わらぬ週末なのですが、いい天気ですので今週も暖かい方面に出向いてみました。

って言いますか、冬はバイクには乗れないので、週末は車でぶらぶらする事ぐらいしかないんですけどね(笑)。ランクルで行こうか…と思いましたが、最近ティニーが乗り降りが辛そうなので、やはりジムニーで行きました。ティニーも推定8歳(保護犬なので不明)。老いてきているので、ランクルの車高は厳しいみたいです。

8:30出発で、ルートはR20→R137で河口湖

Dsc01550

山中湖を左回りで三国峠に出ます。

Dsc01552

天気が良いので山中湖からの富士山は絶景でございました。

Dsc01558

三国峠、明神峠を抜けてR246に出るルートは初めて通りました。景観はステキですが、激しい急勾配が続きます。ZRXのブレーキなら屁でもありませんが、ジムニーのショボいブレーキではフェードしてしまいました(笑)。

R246に出たら厚木方面へ向かい、県道74号で小田原に入ります。このルート早いなぁ。Google様に教えてもらいましたが、それまでは箱根経由なので小田原って言うと、日帰りは無理だと思っていました。

小田原には12:00ちょっと前に到着し、予定では小田原おでんをいただく予定でしたが、予約がないとNGでした。おでんで予約かよ…と思いましたが、仕方がないので適当に探して、こちらのお店に決めました。決めては地魚の看板です(笑)。

Dsc01562

U・RO・COさんです。ランチもやっていますが、基本は居酒屋さんみたいですね。オーダーは、一日10食限定の地魚海鮮丼980円と

Dsc01559

アジフライ定食1200円(ぐらいだったと思います)。このアジも地魚となっております。

Dsc01561

お味の方ですが、両方とも絶品でございます。特にアジフライに関しては、僕の50年の歴史の中で、こんなに美味いアジフライは初めてです。出てきた時は「アジ一匹で1200円かよ」と思いましたが、フワフワのアジの素材、揚げ方とも抜群なので1200円でもいいと思います(笑)。海鮮丼もすごーく美味しいと思います…が、地魚海鮮丼っていろんなところで食べますから、他と比較して特別って感じではないと思います。☆4.5ですね。足りないのはボリューム(笑)。ちょっと少ないのではないでしょうか。僕らだけかもしれませんが。

せっかく小田原まで来たので、小田原城を見学しました。

Dsc01566

犬もOKなのでティニーと一緒に見学しました。城の中には入っていませんが。

Dsc01568

連休とはいえ、12月の後半の、しかも世間ではクリスマスなのに、意外にも人出があります。城内に小田原おでんが売っていましたが、美味しいランチの後なので興味がなくなりました(笑)。

小田原を満喫した後は、R1で箱根湯元に向かいます。箱根湯本駅の手前から激しい渋滞でした。なんだか最近の箱根は、常時渋滞している気がします。

Dsc01572

その混んでいる箱根湯本駅の裏にある、こちらの温泉に立ち寄ります。

Dsc01573

かなり狭い道なのでランクルじゃなくて良かった(笑)。この看板を見た時点でやめようかと思いましたが、マニアの血が騒ぎ勇気をもって入ってみました。

Dsc01576

かっぱ天国さんです。ご利用はお一人様800円。この辺りじゃ最安値ではないでしょうか。しかも源泉かけ流しです。

Dsc01580

施設も老朽化しており、清潔感も足りません。案の定マニア向けです。

Dsc01578

お風呂も露天風呂のみとビビリましたが、予想に反してお湯は素晴らしいです。泉質は単純温泉 ナトリ‐塩化物・硫酸塩泉で、湯上りは肌がスベスベになる良いお湯です。湯本の温泉は、周辺の施設で何度か入った事がありますが、だいたいが温泉らしさを感じられません。しかし、かっぱ天国に入って箱根湯本温泉の素晴らしさに感動しました。温泉マニアなら是非行ってみてください。ちょっと勇気がいりますが(笑)。

Dsc01583

ただ、高台にあるのでご高齢の方は難しいかもしれません。また、駅の裏なので電車のがいいかもしれません。道も狭いし。

帰り道は、R1→R138で仙石原方面に向かい御殿場に出ます。

Dsc01584

スゲー人出です。

Dsc01588

しかも反対車線は大渋滞。クリスマスは箱根なんでしょうか(笑)。これだけ混んでいたら車の走行性能なんて関係ないですね。今回もジムニーで走りましたが、ペースがノロいので何も問題ありません。日本で高いクルマに乗るのは、もはや居住空間や豪華装備、そしてステータス性のみです。走行性能はワゴンRで充分ですから。

家には19:30には到着し、早速小田原のスーパーで購入した地魚のお刺身をいただきました。これも絶品でした。

Dsc01590

箱根湯本の温泉に入って、これだけ美味い魚を旅館で食べたら20000円コースではないでしょうか。なんだかすごくお得な気分になりました。今回も大満足です。

話は一気に上記の内容と関係なくなり誠に私事で恐縮ですが、来年の3月20日で今勤めている会社を辞める事にしました。理由は、地方の中小企業でしたが、諸事情により大企業の傘下となり、環境が大きく変化した為です。

私はロックミュージシャンではありませんが、弾圧的な事をされると無意識に抵抗してしまいます(笑)。日本では労働が生きがいであったり、人生であったりする人がいらっしゃいますが、私にとって労働は手段であり、そこに美学は持っておりません。正確には、過去には持っておりましたが、東京を離れるときにゴミ箱に入れました。

まぁ どちらにしても2018年は別府に旅立つし、北海道ツーリングもあるので、6月までのつもりだったので3ケ月早まっただけですが。

来年は激動の年の予感がします(笑)。

|

« 熱海 わんたんや | トップページ | 2018 お正月 »

コメント

箱根は何となく近いし混むので通過するだけでしたが、かっぱ天国。行ってみましょう。

来年は退職、北海道、別府に移住ですか。
激動以外の言葉が見つかりませんが妥協しつつも是非達成して下さい。

投稿: たま | 2017年12月30日 (土) 09時50分

たまさんの家から近いので、ぜひ行ってみてください。露天風呂のみですが、湯温が少し熱いので、夏より今の時期のが気持ち良いと思います。
ただ、RX-8は止めておいた方が…(笑)。

別府移住は、まだ課題が山積みで先が見えておりませんが、移住を考えてから3年も経過しているし、他の事情も重なったので来年は次のステージへ行きたいと思います。

ライダーとして宗谷岬に行くのも、これ以上の年齢は厳しいような気もしますしね(笑)。

投稿: 友蔵 | 2017年12月31日 (日) 05時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1434740/72569144

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根湯元 かっぱ天国:

« 熱海 わんたんや | トップページ | 2018 お正月 »