« カブで佐渡島 2 | トップページ | 霊水 不動湯 »

須坂市 ターバンカレー

夏休みの佐渡ツーリングが終わり、代わり映えのしないつまらない日々の日常が戻ってまいりました。僕は観光地で暮らしているから仕方ないのですが、「俺が働いているっつーのに、お前らまだ休みなのか!」…という方々が実に多いのですね(笑)。特にR20を仕事で走っていると、楽しそうなツーリングライダーをよくお見かけします。何となく悔しいので、8月最後の週末の27日に再びカブで走ってみました。

Dsc01036

佐渡で海系の温泉に多く浸かったせいか、久々に山のいで湯に入りたくなり高山村の七味温泉に向けて9:00出発で走ります。ルートは佐渡の時と同じで、大門街道→菅平経由で向かいます。

八ヶ岳周辺は、お盆を過ぎると秋風が吹き始め気温が低くなります。ですが、天気予報では長野でも30℃を超える予報が出ておりましたのでメッシュジャケットで走り出しましたが…早々にレインウェアを着こみました(笑)。

レインウェアと言えば、自称「雨の日は乗らない」派ですので、浸水するにもかかわらず、安いワークマンのレインウェアをだましだまし使っていたのですが、この前の佐渡ツーリングでさすがに限界を感じ新調いたしました。購入したのはこちら

Img01

またもやワークマンのウェアです(笑)。ちゃんとしたの買えよ!と言われそうですが、耐水圧性能はNO.1だと思います。まだ試しておりませんが。しかも今までのと違い、きちんとライダー仕様となっています。それなのに5800円ですよ。かなりお得ではないでしょうか。

高いレインウェアはゴアテックスなどの透湿性のある素材を使っていますが、ワークマンのはそれがありません。しかし、雨天走行の多い私の経験(笑)から行きますと、現実的には透湿性はあんまり必要ないのではないか(いままでのもありませんし)…と思います。僕はですけど。それに雨天時に激しい走りなんてするわけないし、登山じゃあるまいし運動量があるとは思えません。それより耐水性のが全然重要だと思います。

ただし、このウェアにもイマイチな点もあります。それはおしゃれ感が…(笑)。次にコンパクトに畳む事ができません。ですので、レインウェアは「コンパクトが命」な方には向きません。僕にとって、レインウェアはほぼライディングウェア…と同時に防寒着ですので(笑)、このくらい厚くてもちょうどいいくらいです。そんな方におすすめですね。

Dsc01042

菅平の登りをトコトコ走り、須坂市内へ向かいます。

Dsc01044

菅平はまだスポーツ合宿で賑わっておりました。いいなぁ学生は休みが長くて(笑)。一応僕にもありましたが。

本日のランチはこちら

Dsc01050

長野東ICの付近にあるターバンカレーさんです。なんでも金沢カレーならしいです。ここは長野ですけどね。オーダーしたのはこちら

Dsc01049

人気No.1のビッグハンバーグカレー680円とNo.2のビッグチキンカツカレー720円です。お味の方ですが、カレーが猛烈に辛いという事はなく、辛いよりもコクがあり、ルーが濃厚で実に美味しいと思います。カレーの味とは関係ありませんが、ハンバーグもチキンカツも素でとても美味しいと思います。☆は4つ…理由は、金沢まで行けばもっと美味しいお店があるかもしれませんから。これは金沢までカレーツーリングに行くしかありませんね(笑)。

須坂からは、広域農道を経由して県道66号で七味温泉へ向かいます。

Dsc01052

ここから七味温泉へは、カブには過酷な走行です。特に山田温泉を過ぎたあたりからは2速ギアまで落とす必要があります。それでも法定速度はクリアできます。

本日の温泉は、以前にもお邪魔したこちら

Dsc01059

七味温泉 山王荘さんです。以前はBOLTで来ましたがカブでも来れちゃいました。ご利用はお一人様500円と、この泉質にしては破格の価格です。これが500円で、都内の温泉が1200円はどう考えてもおかしい(笑)。

Dsc01055

見るからに山のいで湯でございます。泉質は単純硫黄泉(低張性アルカリ性高温泉)でPH値6.3のお湯で、贅沢にも源泉かけ流しで入れます。

Dsc01056

ご覧の通り、白濁で硫黄臭が漂います。少し熱めですが、標高が高いのでじっくり入れます。ここは温泉の王道を行っております。施設も高級ホテルみたいな清潔感はありませんが、キレイな方だと思います。僕が平気ですから、たいていの人は許容範囲ではないでしょうか。おすすめです。

目的も果たしたところで、我が家に向けて帰ります。時間は15:00です。

Dsc01058

ちなみに帰り道の写真はありません。なぜかと言いますと、寒くて写真なんか撮れません(笑)。菅平あたりまでは我慢できるレベルでしたが(もちろん僕の上着はレインウェア)、最短ルートを選び県道40号の雨境峠の頂上付近は、こともあろうに17℃(笑)。妻は上下レインウェアとなりました。もちろん雨は降っておりませんよ。寒さとの戦いはありましたが、安全第一ですから無事18:30には到着です。

夏の終わりを感じましたね。山の暮らしの夏は短いです。八ヶ岳にいらっしゃる際には、すでにメッシュだけじゃ危険です。防寒着を忘れないでお越しください。ちなみに、ワークマンのバイカーズの防寒性能はバツグンです。分厚いだけはあります。もうこれがライディングウェアでいいんじゃないか?…とさえ思えました(笑)。

あれ?…で、BOLTはどうしたの?…は次の記事を待て!

三流ドラマみたいに引っ張ってしまって申し訳ありません(笑)。

|

« カブで佐渡島 2 | トップページ | 霊水 不動湯 »

コメント

レインウェアの件は私も同感じです、アウターとしても使えるようなるべく厚手の物にしてます、バタつきも楽ですしね。
タンデマー用は収納重視のやつですがそろそろ買い替えの時期かな~。
そう言えばドゥービルの貫通部分に入れっぱなしでいつ使ったか覚えてないな~、今日確認してみよう。
場合によってはワークマン覗いてみます。

投稿: たま | 2017年9月 3日 (日) 04時08分

僕は高いレインウェアに関しては、ひじょうに疑問を感じております。ゴアテックスなんて必要ないです…は言いすぎですが、バイクの使い方がツーリング主体なら、まず必要ないと思います。なぜかと言いますと、夏でも雨の日は寒いから(笑)。
そしてレインウェアの場合、どんなに高くてもやがて浸水が訪れます(笑)。そうです。消耗品なんです。これを考慮すると10000円は出せません。ワークマンなら2回行けます。
バイカーズはおすすめです。残念なのは華がないくらいです。

投稿: 友蔵 | 2017年9月 3日 (日) 06時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1434740/71590738

この記事へのトラックバック一覧です: 須坂市 ターバンカレー:

« カブで佐渡島 2 | トップページ | 霊水 不動湯 »