« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

御岳 百草丸の工場見学 

先週、お腹を下した時に正露丸を服用しましたが、効果の甲斐もなくその後も激しく下りました。しかし、百草丸を服用後はなぜか終息の方向へ向かいました。僕の実家では、お腹の調子が悪い時はなぜかいつも百草丸でした。僕はてっきり世間では誰でも知っているメジャーな薬と思っておりましたが、妻は全く知らず、以前木曽にツーリングに行った時に初めて知ったそうです。どうやらこちらが一般的な見解みたいですが(笑)。

先週の事件以来しばらく服用しているのですが、確かに体調がすこぶる宜しいです。そうなると百草丸をより深く知りたくなるじゃあーりませんか。なので、木曽の百草丸の工場に行ってみる事にしました。長野県とはいえ、日中は30℃近くまで行くのでエアコンの効いたクルマで行こうと思いましたが、そこはライダーですから気合いでバイク向かいます。バイクと言っても、大型バイクは暑いのでカブですが(笑)。

Dsc00683

9:00ちょっと過ぎに出発しました。我が家から木曽に向かう最短ルートは、R152の杖突峠&R361の権兵衛トンネルですが、カブじゃ交通の妨げになるかも知れないので、安心のR20→R19の高低差が少ないルートといたしました。

Dsc00686

諏訪湖を抜けて

Dsc00688

塩尻峠をかっ飛ばします。登坂車線ですが(笑)。先週末にめでたくODOメーターが1000㎞を超えたので、オイル交換したのですが、カブ号もすこぶる調子が良いんです。百草丸と同じくらい効果があります。まず、ギアがスコスコ入ります。エンジンの振動も減りました。慣らしも終了しましたから高回転までブチ回しましたが、明らかにスピードがのります。僕でもわかりますから誰でもわかります。

替えたオイルは、僕が好んで使用するホンダ純正で、BOLTと同じG2オイルです。高級オイルではありません。何度も記事にしていますが、僕は高級オイルは気分の問題だと考えておりますから。ですが…効果を実感すると、さすがに「オイルでここまで違うのか」と、今までの考えが少し傾きました。でもよーく考えたら、新車時のタイホンダで入れているオイルがダメだっただけなんじゃないの?(笑)。まぁー大型バイクはパワーがあるからわかりにくいけど、カブはオイルの性能が顕著に出るのもしれませんね。カブは1ℓも使わないから、次回のオイルは一度だけ高級オイルを入れて効果の確認をしてみます。

Dsc00692

R19を木曽に向かいます。カブで来ると遠くへ来た感じがします。ここまで我が家から2時間ですが。

Dsc00693

道の駅でブラブラして

Dsc00699

奈良井宿手前のひらさわの集落を抜けます。特別な観光地ではありませんが、宿場町の雰囲気が残ります。

12:00ちょい過ぎにランチのお店へ到着です。

Dsc00705

チェロ ブルー さんです。お店のカラーとタイカブのブルーがコラボっております。

Dsc00701

ランチメニューは4種類のパスタを選べます。

Dsc00702

パンと前菜が付いております。

Dsc00703

パスタはボローニャ風ミートソーススパゲッティと渡りガニの濃厚トマトクリームソーススパゲッティをチョイスいたしました。さて、お味の方ですが…うーん とっても普通(笑)。個人経営のイタリアンレストランでこの味は微妙ではないでしょうか。スーパーで販売している日清フーズさんの青の洞窟と同じような感じがします。プロが食べれば違うのかもしれませんが、素人のインプレッションはこれです(笑)。ですからご家庭で半額以下で真似が出来ます。☆3つ。普通すぎます。

では今回のツーリングのメインイベントへ向かいます。R19を木曽福島方面へ下り、県道20号を左折すれば、工場を案内する看板が出てきます。

Dsc00711

工場は意外にも奥に入ったところにありました。

Dsc00712

工場に店舗が併設されており、そこで工場案内の受付をしていただけます。工場内は撮影禁止なので、写真はありません。

Dsc00713

詳しくはホームページをご参考にしてください(笑)。http://www.hyakuso.co.jp/index.html

僕は工場見学は嫌いじゃないので…って言いますか僕も取引先にやっているし、作る工程を知るのは面白いですよね。

工場見学の後は、温泉に浸かります。入ったのはこちらの駒の湯さんです。

Dsc00732

ご利用はお一人様650円(タオル無し)で、16:00までの利用と言われました。ホームページとは違いますので、事前に確認した方が無難です。

Dsc00718

泉質は二酸化炭素・カルシウム・炭酸水素塩を含む「中性低張性冷鉱泉」で、無色透明で無味無臭で特徴がありません…と思ったらどうやら以前は、源泉そのままにタオルも真っ赤に染まる湯色でしたが、リニューアルを機会に源泉をろ過して、清潔感も大事にしております…だそうです。ですので源泉かけ流しではありません。露天は、野山に自生する薬草をお風呂に入れ様々な病を治していたかつての木曽、それに習い数種類の薬草を効果的に配合した薬湯になっております…だそうです。今回のツーリングは薬草づくしでした(笑)。内湯よりこの薬草湯のが肌に効く感じがしました。お勧めです。

Dsc00729

15:00に駒の湯さんを出発し、木曽福島のコープで買い物でもして帰ります。

Dsc00734

コープをぶらぶらしていたら16:00ちかくになってしまったので、気合いを入れて最短ルートで帰ることにしました。

Dsc00739

権兵衛トンネルまでの登りは、意外にもカブでもご迷惑をかける事はありませんでした。トンネル内は4輪もスピードを出すので、ハイスピード(たかが知れておりますが)走行でしたが、こちらも普通に流れにのれました。

Dsc00743

一旦、伊那の市街に出てR152に出ます。

Dsc00744

R152の杖突峠伊那側の登りも3速で法定速度はクリアしますが、パワーのある4輪が来れば邪魔になりそうです。

Dsc00746

茅野側下りはブレーキが弱いから若干怖いものの、怒涛の勢いで下ります。振り返るとわざわざR19で迂回をしなくても、タイカブは杖突峠が走れるようですね。タイカブ…やるなぁ(笑)。そして、125ccもあれば実質的な走行にはあんまり問題がない事に気づきました。杖突峠は勾配がかなりきつい方ですから。しかも、一日遊んでガソリン代はワンコイン…いや、交通費がワンコイン(笑)。これ貧乏人の…間違えました節約家の最強の乗り物ですよ。皆さんバイクに乗りましょう。

Dsc00748

木曽のコープでで買ったお豆腐ですが激ウマでした。是非お土産にどうぞ。あっ 百草丸もお勧めです(笑)。

走りを楽しむツーリングでなければ、僕はカブでも充分楽しいと感じます。カブはバイクとの対話もあるし、風を切って走るバイクの醍醐味も、カブでも充分あります。ぶらっとスーパーに寄れる気軽さ、Uターンも楽勝、服装も普段着で充分、なのに杖突峠もこなせる性能…セカンドバイクには最高すぎます。

今年の夏はこのカブ号で、超ロングの旅に出ます。夏の旅はカブが似合うと思います。おまけに大型バイクみたいに暑くないのもいいです。125ccが最強と言われるのもわかります…が、でもやっぱり僕には大型バイクも必要です。裏榛名(県道28号)や開田高原までの登り、ビーナスラインや県道40号、R146の北軽井沢までの登りなど、我が家周辺のツーリングルートにはハイパワーエンジョイコースがたくさんあるからです。カブだけでは飽きちゃいます。

バイクを複数台持っちゃうのも仕方ないですね(笑)。妻には不評ですが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新稲子川温泉ユートリオ

7月に入り暑い日が続いてくると、なぜかお寿司でも食べたくなります。夏と言えば海を連想するからでしょうか。そうは言っても、一般的な日本人ほど好きではありませんが。しかし、山梨や長野では不思議と食べようとは思いません。偏見かもしれませんが、海の近くでないと美味しそうに思えないからです。こんなにも交通網が発達し、東北からでもクール宅急便で翌日には八ヶ岳の自宅にも新鮮な魚が届くのに(笑)。

という事で、7月8日はカブで富士市までお寿司をいただきに行ってまいりました。

Dsc00638

9:00出発の予定で準備していたのですが、時間が遅れてしまった焦りがあり、キャリアに付けているバッグに荷物を入れていたらカブが…倒れてしまいました(涙)。僕はバイクを転倒させない主義ですから(笑)、ものすごい衝撃が走りましたが、カゴが支えになり本体には大きなキズがつきませんでした。カブは軽いから気をつけないといけませんね。

Dsc00640

ルートは、R20→県道12号→R52→県道10号で富士市に出ます。最短ならR139の朝霧高原越えだと思いますが、途中から125cc以下は迂回させられますし、カブなので高低差が少ないルートで向かいます。誤解のないように言っておきますと、R139程度なら走れない事はありませんよ。でも、アホな4輪が無理矢理追い抜きをするから危ないので避けております。カブ=遅いと思っているのでしょうね。

Dsc00641

県道10号でも追い抜かれました。日本の法定速度以上なのに。考えを変えてもらうため、しばらく追撃してやりました。本人は速いつもりなんですね(笑)。恥ずかしいと思ったのか、ストレートでは90㎞/h近くまで出しておりました。しかし、結局は道が分かれるまで一緒でした。クルマの馬力の有効パワーなんて、バイクの馬力の5分の1程度だと思います。だから、バイクの10PSはクルマの50PSで、バイクの100PSはクルマの500PSみたいなもの。BOLTは54PSだから、クルマの270PS…妥当じゃないですかね。ですから一般的なクルマでバイクを追い抜くのは(原付1種以外)、恥ずかしい結果が待っているのです。

Dsc00643

県道10号をさらに南下して

Dsc00644

富士市内のこちらのお店でランチをいただきます。12:00ちょうどに到着です。

Dsc00650

沼津魚がし鮨 富士青島店さんです。沼津港にあるお店のチェーン店ですね。回転寿司屋さんだと思っておりましたが、違ったみたいで単品(お好み)で発注するとお高いのでランチメニューにしました。

Dsc00646

満腹12貫ランチ(だったと思う)と

Dsc00649

近海魚ランチ(だったと思う)共に1100円(だったと思う)です。お味の方ですが、このお値段にしては美味しいと思います。築地あたりの数万円が必要なお店と比べれば足元にも及びませんが、関東周辺にあるびっくり寿司とは同レベルだと思います。しかし、びっくり寿司なら1100円では食べれません。そう考えれば、回転寿司予算でこれだけ美味しいならたいへん満足ではないでしょうか。☆4つ。お得です。

食後は腹ごなしに港公園へ行ってみました。

Dsc00656

Dsc00653

Dsc00654

ステキな公園でしたが、気温が30℃を超えており暑くて散歩も出来ません(笑)。海が見たくてここまで来ましたが、さっさと山の方へ向かいました。

Dsc00657

R139を富士山方面に向かいます。

Dsc00660_2

途中から富士宮道路(自動車専用道路)になるので迂回し、R469に出ます。

Dsc00661

気温は30℃を超えていますが、空いていれば気持ちいいです。大型バイクと違って、カブは自転車みたいなものだから暑くないのもいいです。この時期の静岡なんて、大型バイクなら灼熱地獄です。BOLTなら汗だく間違えなしです。

Dsc00662

桜峠を超えて

Dsc00664

温泉へ到着します。新稲子川温泉ユートリオです。

Dsc00667

プールが併設されておりますが、温泉利用で1.5時間までならお一人様510円のリーズナブルなお値段です。

4f437c3458e58893f902eb9fa00d2314960

泉質は、カルシウム・ナトリウム-塩化物温泉で、無色透明ですが若干硫黄の香りもする素晴らしいお湯です。さらに素晴らしいのは、源泉の温度が低いので加温し循環が基本となっておりますが、28℃のちょっと冷っとくる源泉の槽があるのです。冬の時期はきついですが、今日みたいな30℃もある日なら気持ちいい…と言いますか、至福の時間です(笑)。かなりおすすめですが、わりと人気の施設ですので、夕方からは混み合うと思います。

Dsc00669

さっぱりしたところで、我が家に向けて帰ります。時間は15:40です。

Dsc00672

自宅には18:00には到着しました。楽しい一日だった…は、ここまで(笑)。深夜、腹部に激痛が走り、その後お腹がものすごく下りました。結果として、次の日の15:00ぐらいまでこれが続きました。おそらく軽い食あたりだと思います。実は生ものは若干弱くて、この傾向があります。妻は全然平気ですからお寿司に問題があったとは思えず、個人的な問題だと思います。

カブのキズついたカゴはとりあえず外しました。必要があったらまた買う事にします。ここで1000㎞を超えたので、翌日お腹を下しているにもかかわらずオイル交換をしました。オイルはBOLTと同じのG2オイルです。これで慣らしが終了です。

クルマじゃイライラするし、大型バイクじゃ暑い…夏はカブが一番です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

黒姫高原

私は社会の底辺層に位置しておりますが、なぜか腕時計はロレックスを愛用しております。人生のバブル期にはサブマリーナを購入した事もありますが、だからといって特別に時計に興味があるわけではなく「ベンツを買っておけば間違いない」だろう的な理由で購入しただけで、深い思い入れはありません。

そのサブマリーナどうしたかと言うと、ドゥービル(バイクです)を購入する時に売却しました。なぜかと言いますと、田舎で就職し、営業車はADバン(今はフィットシャトル)、スーツは青山、普段着はユニクロなど、どう考えても時計だけが浮いてしまうからです。まるで駅まで自転車のワンルームに住み、満員電車で通勤しているのにバッグがルイビトンのOLのように思えました。

なので移住してからは腕時計をしていなかったですが、他界した義兄がロレックスのデイジャストをお持ちになっておりました。遺品の整理の時初めて知り驚きました。だって僕以上にロレックスなんて似合わないから(笑)。彼が持っていたデイジャストはロレックスにしては地味で目立たないので、それ以来引き継いで愛用している訳です。えっ?遺品に抵抗がないのか?…全くありませんね。僕は超常現象は信じておりませんから。

そのデイジャストが動かなくなりました。義兄もメンテナンスなんて出していないだろうし、僕も引き継いでから3年経過していますが、なにもしておりませんでしたから当然と言えば当然です。しなければならないのは知っておりました。サブマリーナは3年ごとにメンテナンスに出しておりましたので。しかし、そのメンテナンスがお高いのです。3万円はいたします(一般的な時計なら一本買えます)。やっているのは注油と清掃だけなのに。ですから、動かなくなった…は楽々10万円コースだろうと思いました。

そこで考えました。個人商店で修理出来るところはないのか…と。ベンツの修理をディーラーに出すのではなく、個人の修理工場へ出す感覚ですね。部品の値段は高いにしても、工賃は一般的な価格でやってくれますし、代理店の手数料が不要です。ただこの場合、お店を見極めることがとても重要です。そこでググって見たら、気になるお店が出てきました。電話をしたら気さくなおっさんが対応してくれ、電話の雰囲気は職人って感じでした。これだ…ここしかありません。宅配便でも受け付けてくれますが、職人の人柄を見極めるのが大事なので、ちょっと遠いですが持ち込む事にいたします。お店は長野県北部の野尻湖近くの古間駅付近です。

7月2日の日曜日の天気予報は、降水確率低いのですが明け方まで雨が残り出発時間の8:30でも路面は半乾きです。雨の可能性もあるし無難にランクルで行くか…とも考えましたが、4輪だと高速道路を利用しないときついので、節約の為やっぱりBOLTで向かいました。

Dsc00609

ルートは、R152→県道40号→県道4号→R406→須坂長野東IC(上信越自動車道)→信濃町IC→お店到着です。ガンガンぶっ飛ばさないと日帰りは出来ません(笑)。

Dsc00611

この日は前日が雨だったり、朝の天気がいまいちでしたので交通量が少なく、いつもよりスピードが乗りました。しかし…こういう弾丸ツアーにはBOLTは向いておりませんね。パワー的には高回転まで回せば我慢出来るレベルですが、ほぼ全コーナーでステップは擦りまくりです。おまけにお尻が痛い。いまさらで、何度も書いていますが、やっぱりローダウンし過ぎですよ。ここまでスピードが乗ると、BOLTの悪いところばかり目につきます。

Dsc00613

そう言いながらも、目的地の小口時計店にはなんと11:10着でした。2時間40分の好タイムをマークしました。久々の男の走りでした(笑)。お店は個人住宅の一部となっており、昭和の懐かしい時計屋さんって感じですが、置いてある時計は機械式の時計やアンティークな柱時計ばかりです。

症状を伝えると「あぁーゼンマイ切れだよ」と即答でした。すげーな おっさん。こんな田舎の寂れた商店街の古ぼけた時計屋なのに(すいません)。さらに、ホームページを見て宅配便で修理依頼する人はいるにしても、まさかここに来るのは僕ぐらいだろう…と思いましたが、時計マニアが後から来ました。まぁー長野ナンバーですが。

Dsc00615

時計談議に花が咲いておりましたが、私は特に興味ないので適当なところで退散しました。気になるお値段ですが、後日息子さんから連絡が入り42000円だそうです。私はいままでメンテナンスしか出した事がないので、これが高いのか安いのか判断出来ませんでしたが、お店にいたマニアいわく「普通なら10万円は楽に超えるよ。出すところによっては20万円だね」…と言われておりましたので、これは激安だと思い「お願いします」と伝えました。義兄の遺品ですから、例え20万円かけても直しましたからね。

この場所はもう黒姫高原まで10分ぐらいですので、高原のお店でランチをいただきます。

Dsc00617_2

茶房主さんです。目の前がスキー場だから、スキー客目当てのお洒落なカフェって店構えです。オーダーはこちら

Dsc00620

カレーと

Dsc00621

レディースプレートです。

Dsc00627

お味の方ですが、まずカレーですがヘルシーな感じはいいたしますが、激ウマではないなぁーと思います。素人意見で申し訳ありませんが、コクが足りないです。カレーならもう少しジャンク的な要素があった方が宜しいかと感じました。

Dsc00626

レディースプレートのハヤシライスも同様の感想ですね。意識高い系の方々なら美味しいのかもしれませんが、私たちは社会の底辺層ですから(笑)。☆3つ。黒姫そばがおすすめらしいです。小口時計店の店主の意見ですが。

Dsc00630

黒姫高原からは県道364号へ出て、上水内北部広域農道を走り温泉へ向かいます。

Dsc00633

この日は本当に交通量が少なくツーリング日和です。こういう日ならメガスポーツの隼でもいいような気がしました。

Img_0

湯ノ入温泉 もみじ荘さんで立ち寄り湯をいたします。ご利用はお一人様450円とリーズナブルなお値段となっております。

Momiji_6

薄緑系の色のお湯は、循環なので源泉かけ流しではありません。泉質は単純温泉ですが、苗名の湯に似た感じで肌がベタっといたします。そして保温効果が高いのか湯上りはなかなか汗が引きません。冬は宜しいかと思いますが、この時期はエアコンがないとつらいです(笑)。とてもではありませんがウェアを着ての走行は無理ですから、ツーリングバックにウェアを縛り走り出します。

帰り道は行きと同じじゃつまらないので、R117→R403をまったり走り、県道35号の新地蔵峠を激走し、県道4号→R152の大門街道もぶっ飛ばし…てたところ、頂上の白樺湖付近で雨が…(笑)。サンサン降りだったら即雨具を着用するのですが、一時的な雨っぽかったから迷うところで、他のライダーも着ておりませんでしたが結果としてウェアはびっしょりとなりました(笑)。路面に雨が残っていたのが大きいですね。

Dsc00635

温泉は15:00くらいの出発だったと思いますが、我が家には18:00には着きました。高速道路を利用せずです。今回のツーリングは、久々に大型バイクらしいツーリングでした。ただ…BOLTを買う時はDUCATI ST-4じゃ走るところがないから…って事で、ゆっくり走る事も苦にならないBOLTにしましたが、タイカブが我が家に来てからは、大型バイクを乗る時はスピードや走行性能を楽しみたい時になりましたから、少し物足りなさが出てきました。

BOLTは8月には車検です。当初は車検を通そうと考えておりましたが、少し他の可能性も検討しましょうか…基本それが趣味ですから(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »