« 2016 紅葉ツーリング | トップページ | 河口湖畔 マルシゲ »

車中泊 IN 浜名湖

旅犬でもある愛犬ティニーが、「平凡な毎日だよ…最近」とぼやいていたので、10月最後の週末は久々の車中泊でお出かけいたしました。

とは言うものの、我が家がある八ヶ岳は紅葉が進み朝晩の冷え込みが厳しくなりました。という事は、本格的なキャンピングカーではない、なんちゃって車中泊の僕らには山岳地では凍死の恐れ(笑)もあるので、みかんも採れるからきっと暖かいだろう…という単純な理由で浜名湖にいたしました。浜名湖周辺はいつも旅行先で候補に挙がるのですが、有名な温泉地でもないし、犬連れだと宿泊施設も少ないので、浜名湖に行くなら伊豆方面に行ってしまいます。なので、今回は良い機会です。

出発は9:00を過ぎてしまったので、中央道に乗り飯田山本I .Cで降り、三遠南信自動車道でR151を豊橋方面に走ります。

Dsc00897

峰竜太さんのふるさとの下條村を通過します。久々にこちら方面に来ました。僕は諏訪周辺で働いておりますが、ここまで来ると同じ長野県とは思えないなぁ。峰竜太さんは秘密のケンミンショーに長野県代表で出演しておりますが。

しかも交通量も少なく、こちらは気温も高めなので走りやすいです。この日は天気が良かったし、バイクで走りたかったですね。ライダーもたくさん走っておりました。そろそろ八ヶ岳のツーリングは普通の人には厳しい時期ですからね。

Dsc00900

東栄町に入ったくらいでランチタイムになりましたので、辺りの看板を見回すと…「山のレストランさかた」が目に留まりました。ここにします。

Dsc00908

入ってみると、25周年と店内に貼紙がありました。ちょっと期待出来るのではないでしょうか。メニューはこちら

Dsc00902

オーダーは人気No.1と書いてある東栄若鶏唐揚げ定食と名古屋定番のみそかつ定食にしました。

Dsc00903

Dsc00905

お味の方ですが、人気No.1の鳥唐ですが、残念ながら我が母が作る鳥の唐揚げと同じ味がしました。きっと素材は良いのでしょうが、我が母と同じと言う事は一般家庭以下という事になります(笑)。素材の味を生かす為にそうしているのかもしれませんが、僕にはお母んの味だから萎えました。それに引き換え、みそかつは美味しいです。一番美味しかったのは赤味噌のお味噌汁ですかね。☆3つ。鳥唐だけなら☆2つです。

いったんR473に出てからR152に入り、南下して浜松市内へ入りました。この日の予定は、以前から一度は行きたかったスズキ歴史館に向かったいたのですが、浜松市内はけっこう混雑しており、着いたのは15:45ぐらいでした。

Dsc00912

Dsc00929

予約制とは思わなかったのでいきなり行ってしまいましたが、基本的には予約してから行きましょう(笑)。

入るといきなり名車の刀がありました。

Dsc00914

跨って良いらしいので、人生初で刀に跨りました。これだけで来た甲斐があります。気分は舘ひろしさんです(笑)。漫画のキリンに憧れはないので。

それにしても、歴史館は凝っておりますね。

Dsc00916

そしてスズキさんも機織り機械の出身なんですね。知らなかった。

Dsc00919

こんな展示もありました。

Dsc00921

三丁目の夕日かと思いました。当時の我が父は貧乏なのに何故か箱スカでしたが。自分と似てて申し訳ありません。

Dsc00924

Dsc00925

気になるバイクもありました。GR650というバイクです。案内にEU圏でバカ売れしたバイクと書いてありました。今の大型二輪市場は、趣味性を強く押し出しているから、こういう普遍性のあるバイクは作らない傾向にあるんですよね。今人気のある大型のデュアルパーパスだって、実際にダートに入る人って少ないのではないでしょうか。高速の安定性とか、楽なポジションとか、タンデムが楽とかで選ぶなら、あんなに大げさでなくても良さそうな感じもします。個人的には、こういうバイクが現代風にアレンジされたバイクが販売されれば良いのに…といつも思います。

Dsc00922

妻の愛車ジムニーも歴代のジムニーが飾ってありました。残念ながら、大学時代にアルバイトに励み無理して買ったAA33Sのカルタスがありませんでした。今のホットハッチなんて目ではない超過激なクルマ(いろんな意味で)でしたので、個人的には名車なんですがスズキ的には汚点なんでしょうか(笑)。

Dsc00926

16:30で終了なので少し急ぎ足で回りました。クルマ、バイク好きには面白いと思います。特におっさん世代に。スズキには興味なくても一見の価値はあると思います。

時間も夕暮れ時になりましたので、温泉にでも入る事にします。

Dsc00932

Dsc00935

僕は出来るだけ静かにゆっくりとしたいので、旅館などのお風呂を探しましたが、向かった舘山寺温泉は時間的に入れるところがなく、仕方なしに日帰り温泉施設の華咲の湯へ行きましたが…ここは好きになれませんね。まず、高い(笑)。土日はお一人様1500円もします。僕らはちょうど17:00を回ったくらいでしたから1000円ぐらいになりましたが。しかもこんなに高いのに受付が並ぶんですよ。入ったら入ったですげー混んでいて、肝心の温泉は「ここはプールか?」と思うくらいの塩素臭。さらにこんなに高いのにうるせー子供だらけ。これじゃ衛生上ガンガン塩素を入れた方が僕でさえ良いと思います。

1000円もしたのにさっさと上がりました。首都圏にあるような日帰り温泉を思い出しましたね。もう行く事はありません。

気を取り直して、浜松餃子をいただきに行きましたが、一軒目は餃子が売り切れ、仕方ないのでセカンドプランのこちらにしました。

Dsc00940

一朗太 さんです。三ケ日I.Cの近くです。なぜ浜松餃子なのに浜松市内ではないのかと言いますと、今日の宿泊地は東名高速道路の浜名湖S.Aを予定しており、おそらく下り線より上り線のが駐車場が空いているだろうと考えたからです。それに浜松市内の有名店じゃ並ぶだろうとも思いました。

Dsc00939

オーダーは、ラーメンと餃子のセット800円ぐらいと、しそ餃子320円とチャーハン600円ぐらいにいたしました。お味の方ですが、餃子はくるまやの餃子より美味しいと思いましたが、ラーメンと特にチャーハンはかなり微妙。☆3つ。例え並んででも浜松市内の有名店へ行くのが吉です。

三ケ日I.Cから東名高速道路に乗り、安心で安全な浜名湖S.Aで車中泊にしました。車中泊も何度か繰り返しますと、改善点が出てきますね。今回はカーテンとサンシェードを新調しました。

Dsc00942

ランクル70はスモークガラスではないからなのか外灯が意外にも気になります。いままでも後ろのドアは普段フロントガラスで使っているサンシェードを無理矢理使って誤魔化しておりました。今回より残りの窓をカーテンとメッシュのサンシェードを取り付けてみる事にしました。貧乏臭いとは思いますが暗くなればいいわけなので、僕にはこれで充分です。カッコイイ専用品(あるのかな?)のが良いのはわかりますが、たかが目隠しに贅沢をするのは抵抗があります。っていうか節約です(笑)。それから、イレクターパイプで作った架台は解体出来るように接着しなかったのですが、結局組むのが面倒になり、コニシのボンドで接着し、常時積みっぱなしになりました(笑)。これにより、ベットの設置時間が大幅に短縮しました。ちなみに専用の接着剤は使っておりません。えっ なぜ?とお思いだと思いますが、理由はバイクのグリップ接着の時に使ったボンドが余っていただけです(笑)。これでもとりあえず外れません。

Dsc00951

浜名湖は夜も暖かいなぁ。毛布一枚でしのげました。我が家周辺なら意識が遠のくのではないでしょうか。しかし、さすがに冬になれば山岳地以外でも気温が厳しくなると思うので、シュラフの購入も検討したいと思います。初めは、犬連れなので制約が多く面倒だから始めた車中泊ですが、慣れて来たらむしろこれのが楽しいような気がしてきました。だからといって、もっと楽に車中泊出来るハイエースやミニバンが欲しいかと言うと…それは微妙なんですよね。走りが犠牲になるし、デザイン的に好きになれないし、僕は普段の足も兼用だからすぐ飽きる自信があるからです(笑)。まぁーティニーがランクルに乗れなくなったら考えますけどね。

朝は浜名湖S.Aを散歩しました。

Dsc00946

このS.Aはいい場所にありますね。浜名湖が一望できます。

Dsc00943

しかも、スターバックスが併設されているので、朝から美味しいコーヒーがいただけます。やっぱり少々お金がかかっても高速道路のパーキングは良いですね。夏は暑くて無理だと思いますけど。7:00ちょいすぎにこちらを後にして、浜松西I.Cで降り、8:00から入浴出来るあらたまの湯へ向かいます。I.C降りてからはナビ任せなので説明出来ません(笑)。

Dsc00955

よくあるような日帰り温泉施設です。オープン前から地元の高齢者が並んでいたので、人気のある施設なのではないでしょうか。ご利用はお一人様660円とちょっとだけ高めな設定です。

Sekitei1

あらたまの湯の源泉はナトリウムを多く含んだ炭酸水素塩泉で、お肌を滑らかにする効果があることから「美肌の湯」と言われています…という通り、スベスベ感があるいいお湯です。こちらの施設の素晴らしいところは、一部が源泉かけ流しで入れるところです。ですが、マナーの悪い高齢者の方々が多いのでしょうね。いろいろ注意書きが書かれていました。僕が入っている時も、源泉が出ている口に陣取って動かないご老人がおりました。今の高齢者のマナーは社会的にも問題視されておりますが、昔は現代社会ほど他人に気をつかわなかったではないでしょうか。日本は基本が村社会ですから。

お風呂でさっぱりした後は、遠州大砂丘を見に浜松市内に戻りました。

Dsc00957

確かに砂丘と言えば砂丘なような気もしますが、千葉の九十九里浜もこのくらいあるような気がしますが(笑)。

Dsc00961

Dsc00969

Dsc00966

なぜかティニーは張り切っておりました。そう言えば、砂の海岸は来た事がないかも。

近くの遠州ストアでお買い物をしていたら11:00を回ったので、ランチのお店を探しましたが、海鮮ものが少なかったのでR1のバイパスを走り道の駅に向かいました。

Dsc00980

Dsc00986

ここの道の駅は駐車場が激混みです。当初の計画ではここで車中泊を考えておりましたが、止めて良かったです。そのわりに食堂は混んでおりません。道の駅って利益が出ているんでしょうか。僕もその一人ですけどね(笑)。

Dsc00984

定番のしらす丼とあおさ海苔うどんです。浜名湖は海苔も有名なんですね。知りませんでした。しかもこのあおさ海苔は激ウマです。しらす丼のお味噌汁にもあおさ海苔が入っていて、これがしらすに合いすぎます。今回の旅で一番美味しかったかもしれません。おまけに道の駅だから激安です。

Dsc00990

帰り道は行きと同じなのはつまらないので、R1をひたすらR52まで走り、R52を地味に山梨に向けて走りました。R1のバイパスは半分高速道路と変わらないので案外早く帰宅できました。ただし、退屈すぎて睡魔が何度も襲ってきますが。

バイクの乗れない冬は週末が退屈でしたが、ランクル車中泊で旅の幅が広がったので、これで暇つぶしが出来ます。ただ…オドメーターはすでに35000㎞となっており、すでに過走行気味なのですが一段と拍車がかかりそうで怖い(笑)。

飽きた時の為に、リセールバリューを考えていたところもありますが意味なかったですね。僕の場合は通勤でも使っているのもありますが、車中泊で旅する人は気兼ねなく旅が出来るから走行距離数は伸びますよね。

再販のランクル70はアニバーサリーモデルだから、もったいない気もしていましたが…もういいや(笑)。そもそも商用バンですから。

|

« 2016 紅葉ツーリング | トップページ | 河口湖畔 マルシゲ »

コメント

お久しぶりでございます。
浜松は僕の地元という事もあり、見慣れた身近な写真がいっぱい。
いつも奥様と仲良しですね、羨ましいです。
昔の経験ですがバイクの時はケンカするとタンデムはキツイですもんね。
僕は実は車をマセラティ430からメルセデスw202に乗り換えました、確か友蔵さんも以前乗られてたような...ランクルも色々と調べまくりましたが、やっぱ僕には価格的にキビシィ。
w202期待してなかったんですが、意外と楽しくて、良い車でビックリしています。

投稿: kuroihito | 2016年11月 6日 (日) 18時52分

おひさしぶりでございます。
妻とは知り合ってから27年越えていますので、なんですか…血のつながり以上の関係なんです。
お互い出来も悪いので、二人で一人前なんですよ。

そうですか。W202を買いましたか。自分も保有していて言うのもなんですが、通ですね(笑)。僕はC240セダンでパワーは大したことありませんが、足回りは感動ものでした。フランス車の猫足なんて話になりません。ブレーキでの荷重移動、旋回中の粘り、スライドしてからのコントロール性(雪道で)、高速道路の安定性などなど、どれをとっても電子制御ではないレベルなら素晴らしいと思います。

また、内装やスタイルも独特だったベンツの名残が残っております。この次のW203は個人的にはベンツとは言えないと思います。本当はW124だと思いますが(笑)。僕は実用性も考えてW202にしましたが、我が家周辺は過酷な環境なのでやっぱり長持ちはしませんでした。それでも4万㎞は乗りましたが。

外車にメーカーのポリシーがあったのは、ここら辺までではないでしょうか。これ以降は、国産車でも大して変わらないと思います。

ぜひ大事に乗ってください。維持費もマセラッティほどじゃないと思いますので(笑)。

投稿: 友蔵 | 2016年11月 9日 (水) 18時27分

お疲れ様でした。
スズキ館、面白そうじゃないですか。メーカー系のミュージアムには行った事ないんですけどね、マツダも行ってみたいんだけど、なかなか予約が取れないみたいですね。

http://blog.goo.ne.jp/57625762
URLってこれでいいんでしょうか?
良かった探しツーリング にしました。

投稿: たま | 2016年11月 9日 (水) 20時54分

メーカーのミュージアムは初めてでしたが、凝っていて面白かったです。

ブログ拝見しました。3台も持っているんですね。羨ましい。僕も本当は2台体制にしたいんですよ。バイクカバーじゃ我が家では冬眠が可哀そうで…。ドゥービルにホムセン箱がワイルドで、これもアリですね。

ブログをリンクで貼らせてもらいますね。

投稿: 友蔵 | 2016年11月12日 (土) 07時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1434740/68188812

この記事へのトラックバック一覧です: 車中泊 IN 浜名湖:

« 2016 紅葉ツーリング | トップページ | 河口湖畔 マルシゲ »