« 湯村温泉・少しだけ京都の旅 1 | トップページ | ぶらり松本&オイルの銘柄変更します »

湯村温泉・少しだけ京都の旅 2

旅館の前道路は乾き始めましたが、走り出して早々に濡れた路面となりました。BOLTは水跳ねがひどいので、そのままで乗ると下半身だけびっしょりになるので、レインウェアのズボンだけ着用いたします。

ルートは、ツーリングマップルおすすめのR482からR426で福知山へ出ます。この日は終始ポツポツ雨が落ちてきましたが、運良くレインウェアを着るほどではありませんでした。しかし、路面が濡れているとバイクでは丁寧に走るだけなので、少々面白みには欠けてしまいます(笑)。

Dsc00679

福知山からはR173で道の駅の京丹波 味夢の里へ向かおうと思いましたが、R9は路面が乾いていたので自然とR9を選んでしまいました(笑)。いくらツーリングマップルがおすすめの道でも、路面が濡れていたらあんまり意味がないので。

京都縦貫自動車道のS.Aでもある道の駅の京丹波 味夢の里に立ち寄りました。

Img05

こちらでお土産を購入いたしました。まぁ時間的にも12:30ぐらいだったので、休憩にもちょうど良いです。最近出来た道の駅なんだと思いますが、すごーいキレイでお洒落な感じです。このお洒落な雰囲気に酔って日本酒やらお菓子などを、ついついたくさん買い物してしまいました。貧乏暮らしなのに(笑)。バイクですので当然ヤマトさんに運んでもらいます。

朝飯をたらふくいただいておりますからたいして腹も減っていないので、栗もちだけいただきました。

Dsc00680

京丹波のお菓子だから一味違う…と思いましたが、いたって普通の味でした(笑)。

ゆっくり休憩した後は、県道50号で日吉ダムの方へ走ります。路面は完全ドライになっています。ここにきてやっとアクセルを開ける事が出来ました(笑)。道の駅にはライダーも集まっておりました。京都周辺じゃツーリングスポットなんでしょうか。

R477に出たら京北方面へ向かいます。

Dsc00683

ところどころ細くなる、わりと酷道ちっくな道です。R477とR162が交わる交差点付近は街になっていたので休憩&ガソリンも補給して、さらにR477を大原方面に向かいます。

ここからのR477は桂川沿いを走ります。市街地を少し離れると景色は懐かしい日本の風景と言いますか、家屋を含めて時代が止まっておりますね。

Dsc00685

R477をそのまま走れば、日の宿の大原温泉に出るのですが、ツーリングマップルを見るかぎりだと、かなりの酷道が予想されます。バイクもBOLTで車高も低いし、おまけにタンデムだし、僕のバイクの運転ポリシーは「絶対に転ばない」ですから、迂回するべく県道361号に回わりました。地図を見る限りこちらの方が穏やかな感じだったので…でも、これが大きな間違いでした(笑)。バイクで走るには難易度が高い道でした。僕だけかもしれませんが。

一応舗装はされていますが、ぐずぐずの浮き砂利状態になっていて…まぁーこれはゆっくり走ってやりすごせばなんとかなりますが、ヘアピンコーナーの落差がものすごくて、かなりヤバいです。おそらく人生初の勾配と言っても過言でありません。いろは坂なんてかわいいレベルです。ちなみに、僕は過去にラリードライバーの経験もありますが、これはクロカン車で走るレベルだろうと思います。もちろん転ばないが信条ですので、落差が激しいところは妻に歩いてもらいました(笑)。念の為言っておくと、一般車ともすれ違いましたので、丁寧に走れば普通車でもなんとかなるみたいです。僕ならジムニー以外なら通りませんけどね。ですので、大原方面に向かうならR477のが良いと思います。通ってはおりませんが(笑)。

そのヤバい県道361号を下ると、貴船神社のところに出ます。

Dsc00686

貴船神社も知らない僕は「あれ?こんな山の中になぜかお洒落な人が…」と、不思議がっていると川床のお店がたくさん出て来ました。これなら僕もTVの旅番組で見た事があります。

Dsc00688

それにしても店の数が多いんですね。しかもこんな山の中とは知りませんでした。ここまで来れば大原までもうちょいです。

本日の宿はこちら

Dsc00690

Dsc00691

大原山荘 さんです。大原の寂光院のすぐそばです。16:00には到着しました。ホームページを拝見する限りでは、お値段のわりにはステキな感じがしましたが、現実はやっぱりお値段に見合った旅館…民宿ですね。

Dsc00692

温泉は日帰りの人も入れるように別棟になっており、そこはリニューアルしているんだと思いますが小奇麗になっております。お湯は源泉かけ流しではありませんが、露天風呂の一部だけに源泉かけ流しの小さい浴槽を用意してあります。泉質は弱アルカリの単純泉ですが、お肌がスベスベになるお湯で、あまりメジャーな温泉地ではありませんがお湯はなかなかではないでしょうか。

お楽しみの夕食ですが

Dsc00696

こちらも少々残念な感じでした。一番安い自家製味噌鍋プランにしたってのもありますが…居酒屋の宴会に出てくる鍋とあんまり変わらないなぁ(笑)。これより高い近江しゃものすきやきプランとかもありましたが、たぶん期待出来ないと思いますよ。美味しい旅館は、何を食べても美味しいですから。また旅館の人は大学生のアルバイトだと思われ、これが一段と居酒屋の雰囲気を醸し出します(笑)。

翌朝は予報の通り日差しがありました。

Dsc00699

近くを散歩して、朝食をいただきます。

Dsc00702

ありがちの朝食です。やっぱりって感じです。宿泊は、お一人様8400円ととてもリーズナブルなお値段ですが、それなりだと思います。と言いますか、この日は大学生の何かの合宿で大学生がたくさん泊まっていたり、バックパッカーの外国人がいたり、そして各部屋も狭く隣の部屋の音も聞こえたり…簡易宿泊施設な感じです。中年夫婦が泊まる感じではないなぁ(笑)。

個人的には、こちらのホームページは参考程度にした方が良いと思います。大人な旅をしたいならお近くの大原の里さんの方が宜しいのではないでしょうか。外から見た感じだけで言っておりますが(笑)。

最終日の出発は9:00で、趣味のお豆腐の購入の為、R367で南禅寺へ向かいます。

Dsc00705

Dsc00708

京都の神舎仏閣に来たのは中学生の修学旅行以来です(笑)。子供の頃は、歳を取ると時代劇や神舎仏閣や盆栽などに興味が出ると思っていましたが、これはいつ来るのでしょうか(笑)。大人になってもなぜかさほど興味がありません。

妻の後ろをぼんやり歩き、門前にあるお店で楽しみにしていたお豆腐を購入いたします。

Dsc00711

この日、帰宅してすぐ湯豆腐でいただきましたが美味しいです。絶品です。

Dsc00727

木綿豆腐ならしいのですが、一般的には絹豆腐な感じで、お上品な味ですが豆腐の味が濃い職人の技を感じます。ただ、お値段もスーパーの3倍くらいしますが。

南禅寺を堪能(笑)した後は、この旅での走りポイントの比叡山ドライブウェイに向かいます。

Dsc00717

せっかくなので、延暦寺も立寄りました。

Dsc00720

Dsc00719

比叡山は大学を出て入社した会社の研修で訪れた事があります。朝の5時からランニングした苦い思い出ですが(笑)。ですが、延暦寺は人生初でした。研修はどこだったのでしょうか。お寺の経緯が絵で説明されておりますが、個人的には織田信長様が焼き払った事件…といいますか経緯もあるのであまり感心を持てません。それには全く触れていないんですね。それもおかしい…と思いませんか?(笑)。

朝は日差しがありましたが、比叡山ですでに怪しい雲行きになりました。おかしいな?と思いスマホで天気予報を改めて確認すると、名古屋方面が雨…えっ!(笑)。聞いてないよ。

Dsc00722

比叡山ドライブウェイは、整備も行き届いていて、ヘアピンも少なく、バイクにはもってこいの道だなぁと気持ち良く走りましたが、通行料金は1080円とお高いのですね。こんないい道なのにライダーが少ないなぁ…と思いましたがそりゃそうだよね。整備も行き届いていて当たり前です(笑)。伊豆スカも5000円くらいにしたら、今の問題も解決するんじゃないの。

琵琶湖大橋を渡り

Dsc00725

名神高速の栗東I.Cから乗って帰路につきます。12:00ちょっとすぎでした。関ケ原のあたりからポツポツとまたもや雨が…。養老のS.Aでレインウェア着用…またもや名古屋で完璧な雨天走行。中央道に入っても雨は止まず、さらには恵那トンネル付近では気温の低下のダブルパンチ…素晴らしい条件の中を走しる事が出来ました。神様に感謝です。駒ケ根付近からは雨は止んでおりましたが、気温は15℃ぐらいだったと思います。

会社をサボってツーリングした天罰なんでしょうか(笑)。それでも自宅には17:00には無事到着しました。

出発前からクルマで行こうか悩みましたが、今回はクルマのが良かったと思います。普通に考えれば。しかし、これだけ雨に降られたロングツーリングは逆に良い思い出になりますね。確かにバイクは雨に降られると悲惨なんですが、アドベンチャーな要素は確実に増します(笑)。クルマならワイパーを動かすだけなんですが、バイクはレインウェアを着たり、ルートを変えたり、ライディングに一層気を使ったり、この場面をどう乗り切るかがあり、これがバイク旅の楽しい要素でもある事に気づきました。今更ながらで恐縮ですが。

また、BOLTは気難しいバイクではなく、コントロール性に優れているし、足つきも良いので雨の中の走行も安心できます。ママチャリのようなライディングポジションの変更も、ロングツーリングにも効果ありで、1100㎞ほど走りましたが今までのような体の疲れは軽減されました。マフラーも、やっぱりロングツーリングするならこの程度の音量がベストです。高速の音疲れもありません。また、BOLTのエンジンの良いところを伸ばしてくれるマフラーですね。個人的はひじょうに気に入りました。

バイクに返り咲いた12年前くらいに、雨の中スカイウェイブで新潟にツーリングに出掛け、経験不足からずぶ濡れになり、辛い経験をした事があり、それ以来極端に雨の走行を控えてきましたが、12年の歳月は無駄ではありませんでした(笑)。雨の中のバイクの走行にはコツがあり、ポイントを押さえればそれなりに楽しい…かもしれません。

そして大きなポイント一つを教えます。ワークマンのレインウェアはやめましょう(笑)。

|

« 湯村温泉・少しだけ京都の旅 1 | トップページ | ぶらり松本&オイルの銘柄変更します »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
急坂で有名なあの辺ですね。
一度行ってみたいと思ってるとこですよ。
タンデムで走る勇気は無いのでソロのつもりです。
いつも記事に頼ってばかりですが、豆腐の情報もありましたら是非是非お願いします。
八王子の奴は値段からすれば美味しいと思いましたが次は行ってません。
道志の道の駅のは時々買ってます。


投稿: たま | 2016年10月 3日 (月) 20時32分

貴船神社の奥だから、他県ナンバーの知らないと思われる一般車が入ってきておりました。僕だったら引き返すレベルです(笑)。

たまさんも豆腐好きですか?実はずいぶん前から、ツーリング先では豆腐を買って、自宅に帰ってから湯豆腐でいただくのを小さな楽しみにしておりました。
たまにソフトクリームを挙げていますが、実は豆腐と日本酒探訪なんですよね(笑)。

地味すぎて申し訳ありません。

投稿: 友蔵 | 2016年10月 8日 (土) 06時30分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯村温泉・少しだけ京都の旅 2:

« 湯村温泉・少しだけ京都の旅 1 | トップページ | ぶらり松本&オイルの銘柄変更します »