« PRUNUSマフラー インプレッション | トップページ | 湯村温泉・少しだけ京都の旅 2 »

湯村温泉・少しだけ京都の旅 1

今年のシルバーウィークは飛び石になっておりますが、23日に休みを取れば4連休となります。当然(笑)連休にしようとしましたが、僕は中小企業…いや零細企業の勤務ですから、アホ会社の老人役員から勤務態度について指摘されました。昭和の高度経済成長期じゃなく、今や国をあげて有給休暇を消化しようと言っているこの時代に。しかも、一流会社や官庁のキャリア組ならまだしも、地方の零細企業の社員なのにです(笑)。そもそも仕事が主体の人生を送るなら、東京から八ヶ岳に移住なんてするわけねぇーだろ。おっさんの私が言うのも何ですが老害なんだよね。つまんねぇ精神論は老人同士でやってくれよ。その場で辞めてやろうかと思いましたが、いい歳こいてあまりに無責任なので、早めに退社しようと固く決意しました(笑)。どっちにしても移住するから、あと数年しかいませんけどね。

という訳で、釣りバカの浜ちゃん扱いされたにもかかわらず、無視して23日に有給休暇を取りましたが、しかーし、台風が過ぎたにもかかわらずどういう訳か天気予報は雨…です。今回の目的地は兵庫県の湯村温泉で片道500㎞以上あります。出発直前まであきらめてクルマで行こうか悩みましたが、予報では22日は「雨は降ったり止んだり…」と言っていたし、23日は曇りの予報で24日は晴れ…という事は22日を乗り切ればそうでもないのではないか…ならば、よーし行くか!と奮起してBOLTで行く事にしました。結果的に天気予報にはかなり裏切られたのですが(笑)。

Dsc00635

出発は8:00で、すでに小雨が降っている中を走り出しました。天気予報もありましたが、昨年の夏油温泉と前回の和歌山のツーリングを踏まえ、もう少しこうだったら…で、ハンドルの位置の変更やマフラーの交換をして、より乗りやすく、よりツーリング向きにしたつもりでしたので、ロングツーリングをどうしても試してみてかった…ってのもありました。このツーリングを逃すと来年のGWまで行きませんので。

この日は雨だから移動に徹するので中央道の小淵沢I.Cから乗ります。長野県内は天気予報の通り、小雨が舞うような状態で我慢出来るレベルでしたが、名古屋に近づくと雨…ではなく大雨警報が出てもおかしくないレベルの大雨でした。おいおい…聞いてないよ(笑)。名神高速道路に入り、小雨になった養老S.Aで休憩しました。

Dsc00637

僕は基本的には雨天走行はしませんから、レインウェアはワークマンで売っている安いウェアなのですが、これが浸水してくるしズボンは防寒着としても使うから、今回ズボンだけゴールドウィン製ものを購入しましたが…すごいですよ。ゴールドウィン製は全く浸水しません。それに引き換えワークマンの上着は浸水しまくりです(笑)。バイク用はやっぱり違いますね。バイクに乗るならバイク用を買いましょう。

米原JCTから北陸自動車道に入ります。雨があがったので、天気予報を信じてBOLTで出てきて良かった…と、この時は勝利を勝ち取った気分でしたが…結果的にはこの後が悲惨でした(笑)。予定では、舞鶴あたりで高速降りてランチを考えていましたが、名古屋周辺が大雨だったのでかなりのペースダウン(50㎞/h規制もかかっていました)だったせいもあり、賤ヶ岳S.Aでランチにいたします。

Dsc00641

S.Aには山小屋食堂っていうフードコートがあり、メニューもけっこう凝っておりました。最近のS.Aはすごいです。オーダーはこちら

Dsc00640

近江牛入りうどん950円とイカスミ黒チャーハン700円にしました。食べログでも評価の高いS.Aですが、うどんは関東とは違い出汁が効いていて美味しいですが、お肉は牛丼みたいな味付けだから近江牛でもオージービーフでもわからないと思います。美味しいですが、950円もするんだからお肉の美味しさがもっと実感出来ればと思います。ひょっとすると僕以外はわかるのかもしれませんが(笑)。イカスミチャーハンははっきり言ってドライカレーです(笑)。☆3つ。ネーミングで勝負している感じで思ったより割高です。

雨も上がっているので、気分上々で敦賀JCTから舞鶴若狭自動車道に入ります…が、ここからが本当の雨との闘いでした。小浜あたりから名古屋と同レベルの雨が降り、さらには山の中を走る高速道路だから気温が低い。

舞鶴あたりから一般道に降りようかとも考えましたが、頭の中は一刻も早く宿に着きたい気持ちでいっぱいでしたので、Googleナビの言う通りに春日I.Cで降り、無料の北近畿豊岡自動車道を走り、R9を左折して湯村温泉を目指しました。もちろん、ここまでずぅーと雨(笑)。

ここから湯村温泉まで40分との看板が目に入りましたが…これが長かった(笑)。しかも、雨が降っているのに冬はスキー場となるような峠を超えるんですよ。外気温16℃、上着は浸水済み…おっさんには厳しかった(笑)。どこが「降ったり止んだり」なんだよ…と怒りながら550㎞走って、やっとの思いで着いた宿はこちら

Dsc00652

Dsc00672

湯村温泉 寿荘 さんです。R9沿いなのですぐわかります。到着は17:00少し手前でした。若女将から丁寧な説明を受け部屋に案内されます。この時点で、良い旅館であることを確信しました。雨の中を激走した甲斐があります。身体も冷えていたので、早速温泉に浸かりました。

Dsc00644

泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉(低張性・中性・高温泉)で無色透明となっていますが、美人湯と呼ばれており、肌に優しい感じがするお湯ですね。なんとなく道後温泉を思い出します。湯量も豊富らしく、寿荘さんでは源泉かけ流しで入れます。源泉はかなりの高温みたいですが、寿荘さんは適温で気持ち良く入浴できます。

お楽しみの夕飯はどれを食べてもとってもデリシャス。雨の中を走って来た事さえどうでも良くなりました。

Dsc00648_2

Dsc00646

一品一品は少ないのですが品数が多く、どれも手抜きな感じもなく絶品です。ご飯も釜飯になっていて、これがまたとてつもなく美味い。強いて言うなら、但馬牛が二切れのみは残念でした(笑)。

Dsc00648_4

但馬牛を焼いた後は、炭火で松葉カニが中心の海鮮焼きも出ます。これが不味いはずがありません。関西方面のちょっとお高い旅館は本当に何を食べて美味しいです。疑問に思うのは、関西の人は関東方面で食事してどう感じるのでしょうか。関東の安い旅館に行ったらクレームをつけるんじゃないのかな(笑)。

翌朝は湯村温泉街を散策しました。風情のある温泉街です。テレビのドラマの舞台にもなった事があるみたいです。吉永小百合様が主演の夢千代日記だそうです。見たことはありませんが。おまけに時間が止まっている感じも素晴らしいです。

Dsc00665

荒湯と呼ばれるところは、湯つぼというものがあり、そこで源泉で温泉玉子が作れます。ちなみに源泉は98℃です。

Dsc00667

Dsc00668

僕はアレルギー体質なので卵はダメですが、たぶん普通のお湯で作るゆで卵と変わらないと思います。妻は違うとほざいておりましたが。湯村温泉には共同湯があり、旅館で無料のチケットをいただきましたので入ってみる事にしました。

Dsc00669

一般の利用は市外の人はお一人様400円。泉質は旅館と全く同じです。個人的には寿荘のが濃厚な感じがしました。宿泊するなら特別入らなくても…(笑)。

旅館に戻って朝食をいただきます。

Dsc00670

半分ビュッフェスタイルですが、ご飯やお味噌汁は火で温めてありホカホカで、ヒラメや名物のちくわを焼いてくれます。しかも、これがものすごく美味しい。僕は普段朝食は取らない派なんですが、全部平らげてしまいました(笑)。

源泉かけ流しの温泉で、館内はとても清潔で、お料理の美味しさは抜群で、ご宿泊はお一人様14000円です。超おすすめではないでしょうか。14000円でも仕方ないと思います。ダメな部分を強いて言うなら、R9沿いなので夜間トラックの騒音があります。僕は元都会人だから気になりませんが(笑)、静かではないと眠れない神経質な方には向いていないかも。

Dsc00675

さぁ出発です。7:00ぐらいまで小雨が降っておりましたが、9:00の時点では路面さえ乾き初めています。やっぱりBOLTで来て良かった。

Dsc00676

と思いましたが、走行して10分後

Dsc00678

雨具を着用しました(笑)。

続きます。

|

« PRUNUSマフラー インプレッション | トップページ | 湯村温泉・少しだけ京都の旅 2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

私自身が既に浮世離れしているので正確なことはよくわかりませんが、多分、日本にはまだまだふっるい体質が満遍なくしっかりと残っており、「有給やスポット休暇を自由に使う」等、「目立つ」行動をとる事が協調性無いオーラを醸し出し、結果「チミねぇ~困るんだよ、好き勝手に休まれちゃ。周りを見てごらん、誰も休んでないでしょ?何をしに会社に来てるの」.....初老の私も嘗て大手企業に勤めていた頃を思いだします。

さて、ボルトを楽しんでおられて何よりです。モータースポーツの大先輩に質問ですが、「風防」や「ビキニカウル」等は装備されないのですか?是非その理由をお聞きしたいと思います。私は最近CB1100を買ってしまい、友人との日帰りツーリングを楽しんでいますが、高速道路で90-100km/hから上は風がしんどくて、半分イヤになっています。アップライトなロードスターにちょこっとカウルを付けても焼け石に水状態で私はつけていません。大きいのをつけると格好悪いから何も無しで乗っています。だったらツアラーに乗ればいいのですが、1100は買ったばかりなので
ベテランライダーの友蔵さんのご持論を是非ともお聞かせください。


投稿: ワン助 | 2016年9月27日 (火) 18時03分

26日は有給で遊んでました。
中途採用の私が遊びで休むのはハードルが高い…
とまでは言いませんが
とりあえず回りに迷惑はかけてないんで一泊は日、月が多いですよ。
私、自慢じゃないですが雨男自負してます
なので雨具は1万前後のを使ってます
確立30%は100%のつもりで出発しますね
今回は40%だったので車にしたら
晴れ時々曇り、ちょい小雨程度でした
くっそ~

投稿: たま | 2016年9月28日 (水) 20時36分

ワン助さん お久しぶりです。

仕事は美徳の教えが今でも残っているんでしょうね。僕は、新人類と呼ばれた世代だから、精神論より合理的に考えてしまいます。

そんな事はどうでもいいんですが、買ってしまいましたね。CB1100。日本で乗るなら僕も性能的にも、ライディングポジション的にも、取り扱い的にも、整備のしやすさ的にもCBだと思います。たぶんこれ以上のバイクは今のところありません。個人的には、水冷でベルトドライブでXSR900のようなデザインなら買っていた自信があります。ネットで話題のZ900RSがあのまま販売されたらどうしよう…と思っています。たぶん、チェーンで大柄だから買わないと思いますが。CBももう少し現代的な要素を取り入れても良かったのではないかなぁ…と素人的には思います。

僕は883の時、スクリーンを付けておりましたが、思ったより効果がないんですよね。なので、僕もカッコつけ重視で何もつけておりません(笑)。高速道路も120km/h以上は違反のリスクが高いから(本来は出してはいけません)僕は出さないので、そんなに辛くないです。

たまさん

僕も中途ですが気にしていません。零細企業ですから。今後もシカトして有給取ります(笑)。
レインウェアは、ワークマンはもう卒業します。バイク用は違いますね。


投稿: 友蔵 | 2016年10月 1日 (土) 08時46分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯村温泉・少しだけ京都の旅 1:

« PRUNUSマフラー インプレッション | トップページ | 湯村温泉・少しだけ京都の旅 2 »