« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

湯村温泉・少しだけ京都の旅 1

今年のシルバーウィークは飛び石になっておりますが、23日に休みを取れば4連休となります。当然(笑)連休にしようとしましたが、僕は中小企業…いや零細企業の勤務ですから、アホ会社の老人役員から勤務態度について指摘されました。昭和の高度経済成長期じゃなく、今や国をあげて有給休暇を消化しようと言っているこの時代に。しかも、一流会社や官庁のキャリア組ならまだしも、地方の零細企業の社員なのにです(笑)。そもそも仕事が主体の人生を送るなら、東京から八ヶ岳に移住なんてするわけねぇーだろ。おっさんの私が言うのも何ですが老害なんだよね。つまんねぇ精神論は老人同士でやってくれよ。その場で辞めてやろうかと思いましたが、いい歳こいてあまりに無責任なので、早めに退社しようと固く決意しました(笑)。どっちにしても移住するから、あと数年しかいませんけどね。

という訳で、釣りバカの浜ちゃん扱いされたにもかかわらず、無視して23日に有給休暇を取りましたが、しかーし、台風が過ぎたにもかかわらずどういう訳か天気予報は雨…です。今回の目的地は兵庫県の湯村温泉で片道500㎞以上あります。出発直前まであきらめてクルマで行こうか悩みましたが、予報では22日は「雨は降ったり止んだり…」と言っていたし、23日は曇りの予報で24日は晴れ…という事は22日を乗り切ればそうでもないのではないか…ならば、よーし行くか!と奮起してBOLTで行く事にしました。結果的に天気予報にはかなり裏切られたのですが(笑)。

Dsc00635

出発は8:00で、すでに小雨が降っている中を走り出しました。天気予報もありましたが、昨年の夏油温泉と前回の和歌山のツーリングを踏まえ、もう少しこうだったら…で、ハンドルの位置の変更やマフラーの交換をして、より乗りやすく、よりツーリング向きにしたつもりでしたので、ロングツーリングをどうしても試してみてかった…ってのもありました。このツーリングを逃すと来年のGWまで行きませんので。

この日は雨だから移動に徹するので中央道の小淵沢I.Cから乗ります。長野県内は天気予報の通り、小雨が舞うような状態で我慢出来るレベルでしたが、名古屋に近づくと雨…ではなく大雨警報が出てもおかしくないレベルの大雨でした。おいおい…聞いてないよ(笑)。名神高速道路に入り、小雨になった養老S.Aで休憩しました。

Dsc00637

僕は基本的には雨天走行はしませんから、レインウェアはワークマンで売っている安いウェアなのですが、これが浸水してくるしズボンは防寒着としても使うから、今回ズボンだけゴールドウィン製ものを購入しましたが…すごいですよ。ゴールドウィン製は全く浸水しません。それに引き換えワークマンの上着は浸水しまくりです(笑)。バイク用はやっぱり違いますね。バイクに乗るならバイク用を買いましょう。

米原JCTから北陸自動車道に入ります。雨があがったので、天気予報を信じてBOLTで出てきて良かった…と、この時は勝利を勝ち取った気分でしたが…結果的にはこの後が悲惨でした(笑)。予定では、舞鶴あたりで高速降りてランチを考えていましたが、名古屋周辺が大雨だったのでかなりのペースダウン(50㎞/h規制もかかっていました)だったせいもあり、賤ヶ岳S.Aでランチにいたします。

Dsc00641

S.Aには山小屋食堂っていうフードコートがあり、メニューもけっこう凝っておりました。最近のS.Aはすごいです。オーダーはこちら

Dsc00640

近江牛入りうどん950円とイカスミ黒チャーハン700円にしました。食べログでも評価の高いS.Aですが、うどんは関東とは違い出汁が効いていて美味しいですが、お肉は牛丼みたいな味付けだから近江牛でもオージービーフでもわからないと思います。美味しいですが、950円もするんだからお肉の美味しさがもっと実感出来ればと思います。ひょっとすると僕以外はわかるのかもしれませんが(笑)。イカスミチャーハンははっきり言ってドライカレーです(笑)。☆3つ。ネーミングで勝負している感じで思ったより割高です。

雨も上がっているので、気分上々で敦賀JCTから舞鶴若狭自動車道に入ります…が、ここからが本当の雨との闘いでした。小浜あたりから名古屋と同レベルの雨が降り、さらには山の中を走る高速道路だから気温が低い。

舞鶴あたりから一般道に降りようかとも考えましたが、頭の中は一刻も早く宿に着きたい気持ちでいっぱいでしたので、Googleナビの言う通りに春日I.Cで降り、無料の北近畿豊岡自動車道を走り、R9を左折して湯村温泉を目指しました。もちろん、ここまでずぅーと雨(笑)。

ここから湯村温泉まで40分との看板が目に入りましたが…これが長かった(笑)。しかも、雨が降っているのに冬はスキー場となるような峠を超えるんですよ。外気温16℃、上着は浸水済み…おっさんには厳しかった(笑)。どこが「降ったり止んだり」なんだよ…と怒りながら550㎞走って、やっとの思いで着いた宿はこちら

Dsc00652

Dsc00672

湯村温泉 寿荘 さんです。R9沿いなのですぐわかります。到着は17:00少し手前でした。若女将から丁寧な説明を受け部屋に案内されます。この時点で、良い旅館であることを確信しました。雨の中を激走した甲斐があります。身体も冷えていたので、早速温泉に浸かりました。

Dsc00644

泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉(低張性・中性・高温泉)で無色透明となっていますが、美人湯と呼ばれており、肌に優しい感じがするお湯ですね。なんとなく道後温泉を思い出します。湯量も豊富らしく、寿荘さんでは源泉かけ流しで入れます。源泉はかなりの高温みたいですが、寿荘さんは適温で気持ち良く入浴できます。

お楽しみの夕飯はどれを食べてもとってもデリシャス。雨の中を走って来た事さえどうでも良くなりました。

Dsc00648_2

Dsc00646

一品一品は少ないのですが品数が多く、どれも手抜きな感じもなく絶品です。ご飯も釜飯になっていて、これがまたとてつもなく美味い。強いて言うなら、但馬牛が二切れのみは残念でした(笑)。

Dsc00648_4

但馬牛を焼いた後は、炭火で松葉カニが中心の海鮮焼きも出ます。これが不味いはずがありません。関西方面のちょっとお高い旅館は本当に何を食べて美味しいです。疑問に思うのは、関西の人は関東方面で食事してどう感じるのでしょうか。関東の安い旅館に行ったらクレームをつけるんじゃないのかな(笑)。

翌朝は湯村温泉街を散策しました。風情のある温泉街です。テレビのドラマの舞台にもなった事があるみたいです。吉永小百合様が主演の夢千代日記だそうです。見たことはありませんが。おまけに時間が止まっている感じも素晴らしいです。

Dsc00665

荒湯と呼ばれるところは、湯つぼというものがあり、そこで源泉で温泉玉子が作れます。ちなみに源泉は98℃です。

Dsc00667

Dsc00668

僕はアレルギー体質なので卵はダメですが、たぶん普通のお湯で作るゆで卵と変わらないと思います。妻は違うとほざいておりましたが。湯村温泉には共同湯があり、旅館で無料のチケットをいただきましたので入ってみる事にしました。

Dsc00669

一般の利用は市外の人はお一人様400円。泉質は旅館と全く同じです。個人的には寿荘のが濃厚な感じがしました。宿泊するなら特別入らなくても…(笑)。

旅館に戻って朝食をいただきます。

Dsc00670

半分ビュッフェスタイルですが、ご飯やお味噌汁は火で温めてありホカホカで、ヒラメや名物のちくわを焼いてくれます。しかも、これがものすごく美味しい。僕は普段朝食は取らない派なんですが、全部平らげてしまいました(笑)。

源泉かけ流しの温泉で、館内はとても清潔で、お料理の美味しさは抜群で、ご宿泊はお一人様14000円です。超おすすめではないでしょうか。14000円でも仕方ないと思います。ダメな部分を強いて言うなら、R9沿いなので夜間トラックの騒音があります。僕は元都会人だから気になりませんが(笑)、静かではないと眠れない神経質な方には向いていないかも。

Dsc00675

さぁ出発です。7:00ぐらいまで小雨が降っておりましたが、9:00の時点では路面さえ乾き初めています。やっぱりBOLTで来て良かった。

Dsc00676

と思いましたが、走行して10分後

Dsc00678

雨具を着用しました(笑)。

続きます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

PRUNUSマフラー インプレッション

発注していたPRUNUSのマフラーがやっと届きました。

Dsc00564

早速、取り付けてみたいと思います。

Dsc00567

スリップオンなのでマフラーの交換は誰でも出来る簡単な作業ですが、今回はついでにエンジンガードも外しました。マフラーがスポーティーな感じだから、大げさなガードは似合わないなぁ…と思いまして。

このマフラーはノーマルに付いているヒートガードを流用するらしく、それを外そうとしましたが…なぜか全く外れません(笑)。色々チャレンジしましたが結果として無理でした。仕方がないのでプロに外してもらいます。簡単に外れないなら注意書きに書けよ…っていうか、ノーマルの流用ではなくマフラーに付けておけよ。ただでさえ高いんだから(怒)。エンジンガードの方は、ステップのブラケットに挟み込んでいるから、サイドスタンドを使用しながらは外せません。またもやオイル交換の時同様に妻の出番です(笑)。結婚していて良かったです。それにしても、このブラケットのボルトは長すぎだろ。六角レンチしかないからすごーく時間がかかりました。おっさんには腰に来る作業です。久々に年齢を感じてしまいました。若い頃はラリー車のサス交換でさえちょろかったのに。人生の終わりが近づいているのを実感しました。

Dsc00571

どうですか。Cスペック用に出されておりますが、自画自賛で恐縮ですが普通のBOLTにも似合っていると思います。以前よりスポーティーな感じが漂います。カスタムされていたBOLTだから購入したにもかかわらず、結局は当時の面影はハンドルポストとリアのフェンダーレスぐらいしか残っておりません(笑)。だったら新車のBOLTでも良かったんじゃ…振り返ってみれば全くその通りだと思います。しかもRタイプにすれば良かったかも。

エンジンガードの取り外しで予定より時間を費やしましたが、なんとか10:00には出発をして、エコーラインとR152の大門街道を駆け上がり、上田方面へ走ります。

Dsc00572

今の時期の信州は蕎麦の花がキレイです。臭いのが難点ですが。さて、替えたPRUNUSマフラーですが、サクッと乗った感じはノーマルマフラーの音量が単に大きくなっただけ…ですね。グラフでは多少パワーアップしているはずですが、残念ながら体感では僕には全くわかりません(笑)。ただ、感心したのは70㎞/hを超えると自分では全くマフラーの音が聞こえないんですよ…あっ!だと思います(笑)。一般道では60㎞/h以上で走れるはずがありませんから。

VANCE管は高回転域だとかなり耳障りな音がしますので、高速道路でのロングランは音で疲れてしまいます。音質はツインエンジンの集合管みたいな感じです。迫力ある音ではありませんが、車検対応品だからこんなものじゃないでしょうか。

大門街道でマフラーを満喫し、ランチは上田市のこちらでいただきました。

Dsc00579

Dsc00580

丸木屋 さんです。オーダーはこちら

Dsc00577

ラーメン大盛り780円とチャーシュー麺930円です。丸木屋さんはリピートで、自家製麺を使っていたり、環境にやさしい洗剤を使っていたりする意識高い系のラーメン屋さんです(笑)。きっとこだわりがあるオーナーなんだと思います。そのお味は、中華そばらしい定番な味なんですが、くどくなく、それでいてあっさりしすぎない絶妙の塩梅で美味しいと思います。ですが、やっぱり初回ほどの感動はありませんでした。どうも同じのを2回食べると、初回は驚きに任せ勢いで食べてしまいますが、2度目はじっくり味わうのであら探ししてしまうのでしょうね。今回はスープが日本そばの味に似ているような気が…(笑)。☆3.5です。この辺じゃ美味しいですが、首都圏じゃもう一ひねりないと厳しいと思います。

お腹も満たしたところで、R144からR406で菅平へ上がります。R406は登坂車線のついたスピードののる道なので、BOLTを高回転までブチ回してみました。このマフラーはスポーツマフラーらしく、高回転域はパワーが出ているような気が…気がします。でも、その差は微妙でプラシーボ効果な気もしますが(笑)。だいたいマフラーでパワーが上がるのは、せいぜい数馬力でしょうから。

R406をマフラーチェックの為だけに菅平に来ましたので、せっかくですから菅平牧場で高原ソフトをいただく事にしました。

Dsc00587

入場料が必要だとは思いませんでした。ソフトクリームを食べに来ただけなのに。お一人様200円必要です。どうやら登山への起点になっているからみたいですね。売店でソフトクリームをいただきましたが

Dsc00591

Dsc00590

高原のソフトクリームと書いてありましたが、レディーボーデンの味がします(笑)。偶然でしょうか。僕と同じ目的で行くなら止めた方が宜しいかと思います。

Dsc00594

菅平を行きと同じ道で下り、R144を左折してすぐにある渋沢温泉に浸かる事にします。

Dsc00598

ご利用はお一人様500円とリーズナブルな設定です。

Dsc00600

Dsc00604

源泉かけ流しのお湯の泉質は、アルカリ性低張性高温泉ならしいです。個人的には鉄分濃厚系な感じで、露店風呂には油が浮いております。見た感じ「汚ねぇな」と僕も思いましたが、どうやらそういうお湯みたいです。少し木曽の温泉に似ているから肌には効果ありではないでしょうか。ただ…露天風呂はそうでもないですが内湯は熱いです。寒くなってからのがいいかもしれません。建物はリニューアルしておりますが、一般的な日帰り施設よりは小ぢんまりしているし、清潔感も今一歩だから、泉質重視なマニア向けだと思います。

こちらを16:00ちかくに出発し、僕の定番の県道4号から県道40号を使って白樺湖へ出ます。途中でガソリンも入れましたが、燃費が元通りになっておりました。ノーマルマフラーの時は静かだったからなのか、僕がアクセルを回しすぎていたみたいですね(笑)。ごめんよ、VANCE管。今回のPRUNUSのマフラーは純正マフラーと同じメーカーなんだから、燃調があっていないはずありませんから。

夕方の県道40号の登りは交通量が少ないからブイブイ行きましたが、やっぱりノーマルとほとんど変わらないなぁ(笑)。という事で結論は、スタイル、またはスクーターみたいな音が気に入らない人にはマフラー交換はおすすめだと思いますが、性能のアップを期待して取り付けするなら効果はない…とは言いませんが、少なくても10万円の価値はない…これは断言出来ると思います。だって車体の1/10に値しますから。全般的にアフターパーツはこんなものだと思います。過度に期待するのはやめましょう(笑)。

でも、いいんです。ノーマルのマフラーのデザインはどうしても好きになれませんでしたから。今回で見た目がスポーティになったし、ハンドル交換によりママチャリポジションになって乗り易くなったし…自画自賛で申し訳ありませんが、これをノーマルで販売しても良いんじゃないか…と思うくらい、個人的にはいい感じになりました。贅沢を言うなら、もう少し車高が上がって、オーリンズのような乗り心地で、クロスな6速で…それならネイキッドでも乗れよって話ですよね(笑)。

Dsc00607

また、BOLTのエンジンにはこういうマフラーのが合っていると思います。Vツインのエンジンというとハーレーが代表的で、荒々しい鼓動感が売り(単に構造が古い)となっていますが、それに対しBOLTのエンジンフィーリングは、並列ツインと変わらないぐらいスムースで、日本メーカーらしい精密な機械な感じだからです。ハーレーは万能性を切り捨てて伝統的な流れを意識しているんだと思います。

気負わないライディングポジション、適度なパワー、メンテナンスフリーのベルトドライブ、15000㎞まで持ちそうなバイアスタイヤ、取り扱いが楽な小柄な車体…こういうバイクって、ありそうでないと思います。海外メーカーならありますけど、そこは品質に問題が…(笑)。日本の交通事情や旅の道具としての要素、さらにはランニングコストなども考えれば、これ以上のパワーや、ハイパフォーマンスなブレーキやパーツ類は、大幅な交通違反でもしない限り効果を発揮出来ない…って言いますか僕は必要を感じません。

帰宅は18:30すぎで、帰る前に大門街道沿いにあるお豆腐屋さんに寄りました。最近、ツーリング先で地元の豆腐を購入するのを小さい趣味にしております。駒ケ根の宮田豆腐店なんて絶品のお豆腐です。こちらのお店は、ツーリングライダーなら一度は見たことがあるのではないでしょうか。美味しいしこだわって作っているんでしょうけど、お値段が観光地価格になっております(笑)。

まぁーいいか…これで。BOLTを購入する時はこんな感じでしたが、今となっては自分で手を加えたからもあるのか、けっこうお気に入りになりました(笑)。自分のバイクライフ的にちょうどいいんでしょうね。こりゃー今回は車検に出すかもね。おぉ!!と思うバイクが販売されれば別ですが(笑)。

ちなみに、ノーマルマフラーから外すヒートガードはどうしたかと言いますと、またもや甲府のレイトさんへ持ち込み、取り外しをチャレンジしてもらいました…が、片方は専門家でも外れませんでした。もちろん、ネジの頭を飛ばしてヒートガードは外してもらいましたが。外れなかった理由は、メーカーの組み付け作業時に、ネジが斜めになっていたにもかかわらず、強引に電動工具でトルクをかけて締めた…可能性が高いです。サクラ工業さん、検査してんのかよ(怒)。という事で、日本の大手メーカーでもまだこういう事もあるみたいです。

なので、PRUNUSマフラーは総合評価☆4つとさせていただきます(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高崎市 とすかあな

先週末は台風の影響もありバイクにも乗れず、たまっていたブログを書いて静かに過ごしましたが、その反動もあってか今週末は群馬まで遠征してまいりました。

なんで群馬か?と言いますと、今週末の9月3日は諏訪湖で新作花火大会がある為、我が家方面から長野へのアクセスはかなりの混雑が予想されてしまうからです。その区間だけ高速道路を使えばいいじゃん…も甘い。高速道路も渋滞してしまいます。通行料金を支払うのに渋滞する事に対し、個人的にはひじょうに不愉快な気分になるので、行かないが吉なのです。

出発は8:40で、リニューアルしたBOLT(ノーマルマフラーにしただけ)で、八ヶ岳高原ラインで足慣らしをしてR141とR254で下仁田方面に向かいます。

Dsc00515

R254の内山峠に向かう道路は、コスモス街道と呼ばれており、この時期はキレイに咲いております。ノーマルに戻したBOLTは、実に乗りやすく気持ち良く走れるせいなのか、なぜか燃費が悪くなりました。と言いますか、これが標準だと思いますけどね(笑)。今までは満タンにして230㎞は走ったのですが、210㎞ちょいでガソリンランプが点灯しました。ランプが点いて8ℓぐらい入りますから、28km/ℓだったのが26km/ℓぐらいまで落ちたという事になります。

ネットで他の方の燃費を見る限り26km/hは妥当な数字ですから、どうやらVANCE管にすると何らかの影響で燃料の噴射が少なくなる可能性が高い…かもしれません。もしそうならパワーが出ていないのは納得出来ます。だって燃料を噴射していないんだから(笑)。あくまでも可能性で断定はしていないですよ。ひょっとしたら、パワーが出ているから僕が多めにアクセルを開けているだけ…も否定出来ませんから。

Dsc00522

道の駅下仁田で一息入れ、さらにR254を高崎方面へ向かい、途中から混雑を避けるため県道200号を走ります。

Dsc00523

突き当たったところを左に曲がるとランチのお店です。11:30に到着しました。

Dsc00525

とすかあな さんです。かなり怪しげなお店です(笑)。

Dsc00527

店内も昭和の喫茶店そのものですが、有名人のサインが多数飾ってあります。こりゃー期待出来ます。オーダーはこちら

Dsc00528

とすかあな風スパゲティ700円と

Dsc00529

スパゲティのハンブルグ850円です。出てきた瞬間からなんとなく味が想像出来てしまいましたが、味はまさしく想像の通りでした。なぜ人気店で有名人が訪れるのか、僕みたいな素人には理解しがたい普通の味がいたします。味付けやボリュームもごく普通で、ハンブルクに関しては幼少の頃に食べたイトーヨーカ堂の味がします。オリジナルのとすかあな風はほぼラーメンの領域で、そのラーメンにしてもコクが足りなく、家庭の料理に手を加えた感じにしか思えません。☆3つ。すべてにおいて普通です。ネタ的にはいいんでしょうね。たぶん。

食後は、世界遺産の冨岡製糸工場の見学に行ってまいりました。

Dsc00535

話題になってからずいぶん時間が過ぎたので、落ち着いたのではないかと思いまして立ち寄りました。入場料は1000円…さすが世界遺産です。僕は「野麦峠」の舞台にもなった岡谷・諏訪地区の、元は大きな蚕糸工場の流れ汲んだ工場に勤めておりますから、多少興味がありました。

Dsc00538

Dsc00541

これって明治政府が主導で作ったのですね。知らなかったなぁ。しかも、岡谷はこの流れで発展したのも驚きでした。さらに驚きなのは、諏訪じゃ名高い片倉様が最後は運営していた事でした。古い面影を残せたのはケチだったから…それはないよね(笑)。それにしても昔の建物は適当だなぁ。いままでよく地震に耐えられましたよね。さすが世界遺産は違います。

ここのところ我が家周辺は秋風が吹いていたので群馬に来ましたが、富岡製糸場は30℃を超える猛暑でした。BOLTで初めて30℃を超える市街地を走りましたが、気を失うぐらい暑いですね。これじゃ油温は楽々120℃はいくと思います。市街地も走るなら、確かに3000㎞でオイル交換した方が無難かもね。

14:00に富岡製糸場を後にして、県道10号で安中方面へ向かい、Googleナビを使いながら市街地を抜けて、R406に出たら草津方面に走り、県道54号を北軽井沢方面へ向かいます。

Dsc00554

県道54号をこちら側からは初めて走りましたがいい道ですね。ライダーが多いのもうなずけます。この道沿いにあるこちらで温泉に入りました。

Dsc00561

Dsc00556

倉渕川浦温泉 はまゆう山荘 さんです。なんでも横須賀市が建てたのだとか…なんだかカッコイイ建物です。ご利用はお一人様510円とリーズナブルな設定です。施設内の中庭ではキャンプファイヤーも出来るみたいです。こういうのが民間施設とは違うところです。

Dsc00558

お風呂もキレイです。高級ホテル並みです。安い民間旅館の貧乏臭さはありません。さすが公共施設は予算で維持するだけだけあります(笑)。泉質は、茶褐色澄明のナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉ですが、少し塩味がありましたが色は透明に見えました。硫酸塩温泉だから美人の湯と呼ばれており、お肌スベスベになるいいお湯です。ですが、源泉かけ流しではありません。マニアには物足りなさがあるかもしれませんが、一般人にはかなりおすすめです。そうでもないか…人気のある露天風呂がありませんから。

県道54号で北軽井沢に出れば、帰りはいつものルートで帰ります。9月に入ったから夏休みも終わっているはずなのに軽井沢は混んでるなぁ。この混雑はいつまで続くのでしょうか。観光地で並んで、帰りの高速でも渋滞…収入は激減しましたが、クルマとバイクが生きがいの僕には、やっぱり地方に移住して良かったです。だって、こんなの並んでいるだけだからドライビングじゃ…ないよね。さらに思うのは、都会ナンバーの高級外車でいらっしゃる人を多く見かけますが、今日の日本の交通状況下で割高な外車をわざわざ乗っても、走行性能は全く発揮出来ない…って言いますか必要ないから、今の僕ならお金があっても必要ないなぁ(笑)。むしろ国産車のCVTの方が渋滞は運転しやすいんじゃないの(笑)。軽井沢から東京まで走っても、時間なんてワゴンRと3分も変わらないと思いますし。

ハイパワーを発揮するようになったBOLT(ノーマルです)、さらなるパフォーマンスを求め(笑)マフラーを発注していますが、通販会社からなんの音沙汰もありません。9月後半の連休には、BOLTでロングツーリングに出るので、それまでには…と目論んでおりましたが、記事を書いている途中で届きました。週末も土曜日の予報は晴れなので、早朝からマフラー交換して(笑)走ってまいります。

という事で、PRUNUSマフラーのインプレは次回に期待…たぶんノーマルと変わらない可能性大だと思いますが(笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »