« 南紀白浜の旅 1 | トップページ | ヤマハ BOLT 総論 »

南紀白浜の旅 2

そのまま龍神スカイラインに向かうのはもったいないので、まずは白浜周辺を散策しました。

Dsc09236

名前の通り本当に白い浜のステキなビーチです。おっさんの僕には泳ぐ機会はないと思いますが。

Dsc09242

せっかくなので名勝 三段壁も立寄りました。

Dsc09255

Dsc09253

東尋坊に匹敵するぐらい素晴らしい景観ですね。しかし、残念ですがやっぱり東尋坊と同じで自殺の名所になってしまっているんですね。このまま素直に向かえばよかったのですが、このまま龍神スカイラインに行くのも…と思い、ライダー的にも本州最南端の潮岬に行って見たくなり向かいました。これがまたもや時間が押してしまう結果になってしまいました(笑)。

Dsc09270

Dsc09272

Dsc09274

さらに、くしもと大橋も行ってしまいました。

Dsc09279

Dsc09282

時間は11:00を回り、さすがに時間が押している事に気づき、すさみ南I.Cから紀勢自動車道に乗りました。これ、貫通していないから無料なんですね。知っていれば行きも使ったのに。このあたりから…いや実は昨日の後半から我慢ならない事態が起こりました。お尻に猛烈な痛みが出ました。昨年の夏油温泉のロングツーリングの時は平気だったのに何でなんでしょうか。プリロードを一番上まで上げてみましたが、全く解決せず、帰宅するまでこの痛みが続き、帰宅してからも2日ぐらいは椅子に座るだけでも痛みが残りました(笑)。やっぱりBOLTはロングツーリングには向いていないのかも。

南紀田辺I.Cで降り、県道29号でたいへん楽しみにしていた龍神スカイラインへ向かいます。

Dsc09285

Dsc09288

Dsc09293

雑誌でも絶景の道で取り上げている高野龍神スカイラインですが、これは…長野をツーリングステージにしている僕にはささる程の絶景ではないなぁ。ファンの方には申し訳ありませんが。

Dsc09295

Dsc09296

ワィンディングコース的にはそこそこスピードものるから、まぁーボチボチですか(笑)…休憩後に3台で走っている大型バイクに追いついたのでしばらくランデブーとなりました。BOLTのようなクルーザーは、ネイキッドバイクについていけない…なんて思われておりますが、相手が伊豆スカとかターンパイクの一部の方々のような一般常識を大幅に上回る速度でない限り、一緒に走る事に問題はないと思います。だってタンデムまでしているのに追いつくぐらいですから。

あいかわらずジョー鬼塚さんの走りは出来ませんが、クルーザーを走らせるには少々コツがあるのではないかと思います。僕はこうしてます…って言うほど大した事ではありませんが。まず、侵入速度は一般的なバイクよりグッと抑える事。侵入速度が高いとどうしてもバンクせざるをえない状況になり、反って早くアクセルを開ける事が出来ません。次に、常にアクセルONで曲がる事。フロントに荷重が残っていると曲がり易いですが、バンク角が必要なので、そうではなくアクセルONの後輪主体のコーナーワークでバンク角を稼せぎます。そして、コースを全部使う事。インはガードレールにぶつかるぐらいの勢いです(笑)。例えるなら4輪のスノーの運転に似ています。そうは言っても初めてのコースじゃ…となるのですが、そこで高いスピードで入ってしまった場合、コーナー侵入後にリアブレーキで速度を調整します。4輪でいう左足ブレーキですね。クルーザータイプは、他のバイクよりリアブレーキの効きが良いからかなり有効です。問題のヘアピンの下りも、前後のブレーキングで大きく減速、その後リアブレーキだけ残し、バイクのセルフステアが効いたところでアクセルON。ポイントはリアブレーキを残す事でセルフステアになる瞬間がわかりやすくなります。高野山まで一緒に走りましたが、離れるのは侵入の時だけでした。

高野山散策の前に、濱田屋さんでごま豆腐をいただきました。高野山周辺では歴史のある名店でございます。

Dsc09298

Dsc09299

濃厚なごま豆腐を想像していましたがそうではなく、お上品な感じではあるものの、しっかりコクがあり、ゴマが前面に出ない、素晴らしい一品でした。どちらも美味しいですが、右のスイーツ系より個人的にはわさび醤油のが合うと思います。

その後は奥の院を散策しました。

Dsc09310

Dsc09308

Dsc09305

ですが、奥の院だけでタイムアップ(笑)。高野山はいろいろ見たかったのですが、一日かけて来るところでしたね。また来たいと思います。

Dsc09314

Dsc09326

時間は16:30…ここからは1時間30分と聞いていたのですが…R480に行かねばならないのに、R370に行ってしまい、やっとの思いで京奈和自動車道の橋本I.Cから乗ったにもかかわらず、和歌山方面の看板につられ紀の川I.Cで降りてしまい、二重のミスでタイムロス(笑)。この日の宿は和歌山駅付近のドーミーインですが到着は18:30。2時間かかってしまいました。ナビがないと少々わかりにくいです。

Dsc09336

こちらのドーミーインは名前にプレミアムついており、普通のより若干お洒落な感じになっています。また、紀州の湯の名前がついたナトリウム塩化物冷泉の天然温泉の大浴場もあり、これがなかなかのお湯で普通のビジネスホテルより満足度もあると思います。

2泊目は、和歌山の居酒屋でちょいと一杯を考えてビジネスホテルを選んだのですが、ドーミーインはすっごい混んでました。最近はビジネスホテルを利用して旅をする人が増えているんでしょうか。昔(10年以上前)なら当日でもサクッと宿泊出来たのですが。

しかも、期待していたその居酒屋も食べログで人気のお店は満席…「じゃー ここでいいや」で、入ってお店は隣がうるせーし、料理は雑だし…でいいとこなし(笑)

Dsc09333

早々に後にしました。やっぱり温泉旅館のが良いですね。そういう歳なんでしょうか(笑)。

最終日の朝は、朝食付きにはしなかったので紀州名物の茶がゆをいただきに、古くから営業しているこちらのお店に行きました。

Dsc09340

ねぼけ さんです。夜は居酒屋みたいです。

Dsc09338

茶がゆ満腹セット800円です。高けぇーと思いましたが、名物なんだからきっと美味しんだろう…と、口にしましたが、味はまんまほうじ茶のおかゆでした。何の隠し味もありません…こういう時もありますよね(笑)。しかし、和歌山じゃ定番の味みたいです。

この旅の第三の目的は和歌山ラーメンをいただく事で、それまでの時間つぶしに和歌山城に立ち寄りました。

Dsc09347

お土産屋に立ち寄ったりもしましたがまだ時間があったので、和歌浦のあたりを走ったりして11:00ちょいすぎにこちらのお店に入りました。

Dsc09353

大福軒 さんです。和歌山ラーメンでは井出商店さんが有名ですが、かなり並ぶのが想像出来ます。自称食べ歩きのブログなんですが、並ぶのはイライラすんですよ。で、他もいろいろ考えたのですが、だんだん面倒くさくなってきて(笑)、じゃーライダーのバイブルのツーリングマップルで紹介されているこちらのお店でいいや…間違えました、あえてそうしたのです(笑)。和歌山の市街地からは少々離れております。

Dsc09356

お味の方ですが、とても美味しいです。シンプルな美味しさなので、とくに中高年にはビビッと来ると思います(笑)。豚骨ベースならしいですが、その独特な臭みも出ていないし、コッテコテの味ではないから万人に好まれる味だと思います。自家製麺もスープに上手く絡んでおり、茶がゆから2時間しか経っていませんが大盛りでもいけたと思います。こんなに美味しくて、中華そばは600円です。☆4つです。満点でないのは、井出商店は食べた事がないからです(笑)。

Dsc09357

さぁー 我が家に向けて出発です。時間は11:40です。この日は夜には大荒れの雨の予報が出ていて、低気圧が近づいている影響もあり、すでに強風警報が出ています。出発時点でもすでに強い風が吹いておりました。

R24を戻り、京奈和自動車道を奈良方面へ向かい最終の五條I.Cで降り、ひたすらR24を天理方面に向かうのですが、R24は途中からバイパスになってたりしてて、看板頼りではわかりにくく、まずここで間違えてタイムロス。天理から名阪国道を走りますが、強い風と気温低下で制限速度は出ていますが一般的な流れ(笑)にのれずタイムロス。その先の東名阪自動車道はまたもや渋滞でタイムロス。さらに名古屋第二環状から名古屋高速11号に出なければならないところを間違えて通過してしまいタイムロス…ここで事件が起きました。

和歌山から素直に全部高速を使えばよかったのですが、迂回するので名阪国道でも変わらないだろうと考えましたが、それまでの道が思ったよりスピードがのらず、いたずらに時間を消費し、さらにこの日は気温が低く、追い討ちをかけるように夜には雨の予報なので遅い時間になるわけには…で、最後のこのミスでかなりイラッと来てしまい、平常心ならUターンには充分気を使うのですが、気持ちのあせりから立ちゴケをしてしまいました。

例えどんな理由があっても、2輪は絶対転ばない、4輪は絶対ぶつけない…が僕の運転理念なんです。だから立ちゴケもあってはなりません。4輪なら狭い道でこするのも許されません。なのに…やってしまいました。とてつもなく悔しい。やはり事故(まぁー事故ではありませんけどね)は自分の心の問題なんである。まだまだ修行が足りません。あぁーキズになっているんだろうなぁ…と思いながらエンジンガードを確認すると、あれ?…キズがない…そんな訳ねぇーだろ…と、もう一度目を凝らして確認しましたが…ない。すげぇーなキジマのエンジンガード(笑)。踏ん張ったから接地するのがゆっくりだったのでしょうか。それにしても奇跡です。

ここで気持ちを切り替え再び我が家に向け走り出しましたが、中央道の小牧JCTで17:00少し前になったので、もう明るい時間に帰るのは完全に無理となりました。自分的には18:00を予定していましたから。しかも気温の低下も止まりません(笑)。仕方ないので内津峠PAで早々にレインウェアを着て、中央道を雨が降らない事を祈りながら激走しました。ゴールデンウイークの夕方に、中央道を諏訪方面に向けて走る機会が何度かありましたが、今年ほどライダーの少ない事はなかったような気がします。中高年もバイク離れなのか(笑)。その数少ないライダー…薄着だなぁ(笑)。大丈夫なのか…心配です。ちなみに自宅付近は10℃あるかないかだと思います。

我が家には19:40に無事到着しました。風が強いし寒いしで、いつもより時間がかかりました。トータル距離は1400㎞。和歌山は思ったより遠いなぁ…いまさらですが。そして今回のツーリングは、何故か身体的にかなり堪えました。

今回のツーリングでBOLTに対して少し考えが変わりました…と言うより、いろいろ感じるところがありました(笑)。記事が長くなったので次の記事にします。

次はヤマハ BOLTの総論にします。

|

« 南紀白浜の旅 1 | トップページ | ヤマハ BOLT 総論 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いや~お疲れ様でした
ツーリングも人生も予定通りに行かないから楽しいのでしょう
そう思うようにしてます
お尻の痛みは毎度の事でしょうが
激痛になるとは何かあったのでしょうかね
私はストレートネックと診断された後は
こまめに休憩してますのでお尻の痛みとは無縁になりました
その分長距離一気は諦めましたけど
それよりBOLTの総論とは?
ちょいと気になります


投稿: たま | 2016年5月11日 (水) 21時01分

今回のツーリングは常に時間が押してしましました。紀伊半島は意外にも時間がかかります。東北とは交通量に差がありますから。

お尻の問題は、やはりこまめな休憩ですかね。シートもさることながらサスの問題か…と考えてもいます。でも、投資する気にはなれないんですよねぇ(笑)

お尻は痛かったですが、白浜温泉は最高でした。

投稿: 友蔵 | 2016年5月15日 (日) 07時56分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南紀白浜の旅 2:

« 南紀白浜の旅 1 | トップページ | ヤマハ BOLT 総論 »