« 前橋市 パーラーレストラン モモヤ | トップページ | 田舎暮らし考察 6 »

ランクル70 スノーアタック

Dsc08380

とうとうきましたね。八ヶ岳南麓の冬がやってまいりました。画像は18日の早朝でかるーく50㎝の積雪となりました。おかげさまでランクルとジムニーの周りの雪かきに1時間半も費やしたため、当然の如く遅刻してしまいました(笑)。いいんです。たいした仕事じゃありませんから。家の雪かきのがよっぽど大事な仕事です。

Dsc08385

この日以来、我が家周辺は-10℃近くの気温が連発し、例年通りこの雪が根雪となり、毎日スリリングなドライブを楽しみながらの出勤となりました。先週の野辺山は-20℃以上になり北海道より寒くなったぐらいですから。まぁーランクル70の本領発揮の出番が来た訳です。スノーはダートと違い、少々激しい走りをしても車両に飛び石などのキズがつかないのがいいですね。400万円もするクルマにキズがついても平気なセレブな方には関係ないと思いますが、僕は田舎でひっそりと貧乏な小さな暮らしを送っておりますので、キズがついたら夜も眠れません(笑)。

今週末も天気予報では今年一番の寒気が入り込み大雪との予報が出ています。しかし、雪はどうやら土曜日の夜らしいので、ランクルで初の本格的なスノードライブを楽しんでまいりました。まぁー毎日4駆に入れて遅刻しないようにガンガン飛ばしておりますが(笑)。行き先は群馬県の六合村です。また群馬?と思うかもしれませんが、深い意味はありません。田舎で生活した経験がある方ならおわかりになると思いますが、雪が残っていると市街地の一般道路はスピードがあがりらない…というより常にノロノロ状態です。これではランクルの能力が発揮出来ません。あのスピードならFRのクルマでも走れます。なので、我が家から2時間ちょいで市街地を極力通らないコースだと、自然と佐久・軽井沢方面になり、さらに温泉にこだわる草津方面になる訳です。

23日の9:00少し前のスタートです。

Dsc08389

僕の生活は家を出た瞬間からこの路面です。これでもスケートリンク状態よりはマシな方ですね。氷で凸凹になった荒れた路面や滑る路面を走ると、ランクルの素晴らしさがよく理解出来ます。まず、ギア比の設定が素晴らしい。スノーでは僕は安全のため80㎞/h程度しか出しませんが(高速道路も含んで…という事にしてください)、その範囲内なら使うギアは2速、3速、4速で、この設定がどれも絶妙です。特に3速が絶妙で3速AT状態でガンガンいけます。ドライの舗装路だと「ギア比が低い」と感じますが、常にトラクションをかけながら走行するのが前提だと、このギア比を設定した製作者側の意図が理解出来ます。たぶんダートでも同じなのではないでしょうか。前回の記事でも書きましたが、滑る路面ではタイヤのグリップに頼っては危険です。って言いますか、ものすごくスピードを落とさないと曲がれません。ラリードライブはアクセルONが基本です。ちなみに教習所でもカーブではアクセルONです。要するに駆動する力を利用して曲がります。これが出来るとランクルの3速は絶品です。

Dsc08398

続いて、サスペンションと大きなタイヤが素晴らしいです。ドライの舗装路だと「トラックかな」とか「ラリーのショックアブソーバーでも入っているのかな」とか思いますが、荒れた路面の安定感はジムニー以上です。大きく姿勢が乱れる事がありません。と言う事はコントロールしやすいです。そしてデカいタイヤが、一般車なら大きな衝撃が来る路面でも緩和します。って言う事はスピードが出せます(笑)。スタッドレスタイヤでのスノーの走行で、大きくドリフト(正確には過剰なパワーによるテールスライド)させている動画もアップされていますが、それは条件が整っているところで撮影しているだけ…だけだと思われます。現実の急勾配がついている山岳路をFRのクルマで出来るものならやって欲しいです。出来ればガードレールの下は絶壁の峠で(笑)。WRCのモンテカルロはスパイクタイヤですので誤解のないように。個人的には例え4WDでも大きく姿勢が崩れれば回復させるのは難しい…条件が悪ければ(スケートリンク状態でさらに勾配がついているところなど)は例えWRCを連覇したユハ・カンクネンでも無理だと思います。スタッドレスタイヤは所詮ゴムですから、姿勢を立て直すほどのトラクションを得る事は理論的にも難しいのです。よほどスピードが低いか、条件が良くタイヤがグリップするかのどちらかです。

また、車高も高いから氷のわだちで車体が接地する事もありません。当たり前なんですが、ランクル70は条件が悪い道を走るための道具では抜群です。この安心感は偉大です。ランクル70が世界で評価される理由が垣間見れました。デザインだけのクルマではありませんから、オーナーの皆さんはガンガンスノーへ行きましょう。コースアウトしても責任は取れませんが(笑)。

ついでに、NEXEN(韓国製)のスタッドレスタイヤのインプレですが、特に何も問題ありません。早朝の-10℃の八ヶ岳高原ラインの圧雪路を普通に走れます。ひょっとしたら北海道の平地より条件は悪いのではないでしょうか。しかし、重箱の隅を楊枝でほじくるような事を言えばブリジストンには劣るような気もします。何故かと言えば、会社の営業車のフィットシャトルに今年はブリジストンの最新モデルのVRXを履きましたが、今までREVO2より確かに進化しています。その差はたかが知れていますけどね(笑)。だからブリジストンと比べれば、少しは違うと思います。ですが、ジムニーのグッドイヤーとの差はわかりません。ブリジストンとは5万円くらい差があります。僕はこの差に5万円の価値はないと思いますが…あくまでも個人の感想ですが(笑)。ドラテクで充分カバー出来ます。

話が大きくそれましたが、清里方面に向かい

Dsc08393

R141の野辺山を走って、佐久穂から裏道を使い

Dsc08396

軽井沢に出て、バイクだと燃えるR146で北軽井沢に向かいます。

Dsc08400

家の周辺以外は、きっちり除雪してあるので4WDは解除しています。ランクルやジムニーはFR状態でもけっこう走れます。なので、僕は地面が見えないくらいでないと4WDには入れません。ちなみに、僕の個体だけかもしれませんが、4WDを切り離す時にしばらくしないと4WDマークがなぜか消えません。ジムニーは即消えるのですが。故障しているのでしょうか。

Dsc08402

R145に出たら右折して川原湯方面に向かいます。思ったより早く11:00くらいに到着したので、長野原草津口付近のスーパーで時間をつぶし、12時少し前にランチのお店に入りました。

Dsc08405

ランクルは雪が似合いますね。お店は、麦の香り さんです。

Dsc08406

うどんのお店です。これまたなぜか二週連続でうどんです(笑)。群馬ですから。オーダーメニューはこちら

Dsc08407

僕が肉汁たらいうどんの大盛り880円。

Dsc08414

妻は海老天とお餅のぶっかけうどん830円。

Dsc08412

それからお店の方に勧められた

Dsc08408

こんにゃく1本80円です。うどんにこんにゃく…群馬県のド定番ですね。お味にいきますと、肉汁たらいうどんですが前回の前橋同様で手打ちのうどんは美味しいと思いますが、濃い味文化の江戸っ子にはお上品な薄味すぎ感がありました。付け合わせの天ぷらは抹茶(たぶん)の塩でいただきますが、こちらはカリッとしていて美味しいと思います。妻のぶっかけうどんは、僕には苦手な味でした。大根と生姜の味がしましたから。おまけに薄味です。妻はとても美味しいと言っていましたから女性向きな味かもしれませんね。ちなみに一番美味しかったのは1本80円のこんにゃくですね。これはひじょうに美味です。☆3.5ですね。個人的にはしょっぱい汁でズズっといきたかったです(笑)。

Dsc08416

12:30でこの天気だから大荒れになるとは思えませんが、ライダー以外から絶大な信頼を得ている気象庁様が予報を出しているので、本日は早めに温泉へ入り、軽井沢のツルヤ(長野県で展開しているスーパー)で買いだめをして早めに帰らなければなりません。明日は大雪で軟禁状態になるかもしれませんから。

向かった温泉は、旧R292を草津方面に向かい

Dsc08420

Dsc08425

道の駅に併設しています応徳温泉のくつろぎの湯に入ります。

Dsc08426

Dsc08431

受付は宿泊も出来るこちらの

Dsc08448

花まめ さんです。ご利用はお一人様400円と、とってもリーズナブルな設定です。日帰り温泉は別館へ向かいます。

Dsc08442

道の駅に併設しておりますが、近くに超メジャーな草津温泉、そして他にも温泉が多数あるからなのか、13:00から入浴しましたが貸切でした。とても幸せな気分になりました。400円で幸せになれる事はなかなかありません。しかも、利用者が少ないのでとても清潔でした。

Dsc08440

泉質は、草津温泉を彷彿させる白濁で硫黄の香りがする素晴らしいお湯です。ただ、草津と比べると濃厚さには欠けます。草津のお湯を水で薄めた感じです。しかし、草津のお湯とは違い鉄系も混ざっているので、草津にも負けず劣らずです。これを貸切出来るんだから贅沢極まりないです。しかもぬるめですからゆっくり浸かれます。穴場ですがお勧めです。混み合って欲しくないですが。

14:00ちょっとすぎに温泉を出発し、R292を草津方面に向かい峠道をゴイゴイ登ります。

Dsc08449

Dsc08453

草津の温泉街を経由して、いつもの新R292を下り、行きと同じR145で軽井沢に出ます。

Dsc08458

軽井沢のツルヤさんは、長野県民が対象ではないからなのか(すいません)他の店舗とは違い品揃えが豊富でお洒落な感じです。軽井沢の富裕層がターゲットだからでしょうね。たぶん。ワインなんか他の店舗の3倍はあると思います(笑)。バカにされた感はありますが、信州の名産品が一同に揃っているので、変なお土産屋さんで高くてつまらないものを買うよりはお勧めです。ぜひ立ち寄って見てください。

ここからの帰り道はいつもの道で、18:30には我が家に到着でした。こんな予報が出ているにもかかわらず軽井沢は渋滞していましたが。

ここ一週間で、ランクル70のスノードライブを満喫しました。もういいので気温を戻して欲しいです(笑)。先ほども書きましたが、ランクル70は素晴らしい道具ではありますが、クルマのある程度のメカニカルな知識、そしてドライビングの基礎がないと、猫に小判、豚に真珠になってしまうのも事実だと思います。残念ながら誰にでも優しくはありません。昨今の「クルマが制御してなんとかしてくれる」は全くありません。下手なら自分に跳ね返って来ます。自分自身でクルマをコントロール出来るなら、楽しいクルマになります。バイクなら当たり前です。僕は4輪でもこれが当たり前だと考えています。

最近は自動運転が取り上げられていますね。便利かもしれませんが、それで楽しいのでしょうか。何かを取得する喜びは必要ないのでしょうか。スキーだって何回も転んで上手くなるから面白いのではないでしょうか。クルマが移動の道具とか考えないなら「公共機関の乗り物に乗れよ」と思います。ランクル70は、自分で考え、操作して走り、そこに楽しさがあります。次はもっとこう走ろう!とか。運転が上手くないなら上手くなろういう向上心が生まれると思います。

機械が何でもやってくれる社会は人類に必要なのか?ランクルに乗るのは、哲学的な考えも持てるかもしれませんよ(笑)。

|

« 前橋市 パーラーレストラン モモヤ | トップページ | 田舎暮らし考察 6 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

ぬる湯のにごり湯ですか
たまりませんね
超ビビリなので雪解けしたら行ってみます
お天気お姉さんにはやられっぱなしです
昨夏、3連休が快晴の予報だったので慣らしツーリングに出ましたが
2日目には小雨、3日目は本降りとなり
新車の隅々まで泥だらけになりました
お姉さんは「ちょっと悪い方へずれましたね~」
と、にこやかに話されてましたっけ

投稿: たま | 2016年1月30日 (土) 09時30分

たまさんはキャロルでしたよね。除雪がしてあるので脇道に入らなければ、FFなら全然平気です。RX-8では無理ですが。それでも雪の降った後や雨の後は危険ですが(笑)。29日は大雪の予報でしかが、この付近は雨で、氷の上が濡れているという最悪の条件が整い、制御不能に陥りランクルで危険回避のためサイドブレーキを引きスピンターンをして雪の壁で止まりました(笑)。スタッドレスタイヤはこの程度です。運が良く損傷がゼロでしたが。晴れている日ならノープロブレムです。チェーンもイタリアのノープロブレムは良いですよ。取付も簡単で効きも抜群でお勧めです。

文面から想像しますと、あれ?たまさんドゥービルから乗り換えたのですか?ちなみに気象庁様は今週も大ハズレです。何十年も何百人で研究していますが「わからない」のでしょう。もう民間に委託したらいいのに(笑)。

投稿: 友蔵 | 2016年1月31日 (日) 07時02分

ご無沙汰しております。ナナ丸楽しそうですね。本当に欲しいです。私もスノーアタック大好きです。我が家にはFFのスバル軽しかないので、あまりアホな冒険はできませんが、スダッドレスで雪道を思ったより深く進めるので富士の近くに行った時はスタック寸前まで遊んでます。
ナナ丸には電動デフロックがオプションでつけれると聞いていますが、友蔵さんのにはありましたっけ?どうせ付けれるならあった方がいい(保険的要素)という考えと、ジムニーのようになくても全然OK、元から走破性抜群なんだし、4Hはたまーに使っても4Lに入れる事なんかまずないから、デフロックなんて余計なものはなくていいんだ♪ という説。自動車評論家としてどのようにお考えでしょうか? ちなみに私は4X4なんて一度も所有した事ないのに、こだわりははMTでパートタイム4駆で2H,4H&4Lきりかえ自由+前後のデフロック(ナナ丸と同じの)+前後電動ウインチです(笑)

投稿: わん助 | 2016年2月18日 (木) 14時03分

わん助さん ご無沙汰です。

僕のランクルはウインチもデフロックも付けていません。基本なんちゃってですから(笑)。ジムニーは8年ぐらい乗っていますが、4Lに入れたのは2年前の大雪の時に一度だけです。こんな田舎でもデフロックは必要を感じません。専用のコースでも行かない限り必要なシュチエーションはないと思いますよ。

コストパフォーマンスは最低ですが、70は機械を操る感じが残っているクルマだから運転していて楽しいです。僕も、わん助さん同様でMT派ですから。

思い切って買って…でも普通に考えたら買えませんよね(笑)。

投稿: 友蔵 | 2016年2月21日 (日) 09時38分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランクル70 スノーアタック:

« 前橋市 パーラーレストラン モモヤ | トップページ | 田舎暮らし考察 6 »