« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015 紅葉ツーリング

八ヶ岳の朝もとうとう10℃を切る季節に突入いたしました。我が家の周辺も木々が色づき始めて綺麗ではありますが、それと同時に厳しい季節の足音が聞えてまいりました。バイクもシーズンの終わりが近づいています。毎年この時期になると、寒いからなんとなく静岡方面になるのですが、今年はどういう訳だか「ステキな紅葉見たい」という強い衝動に駆られて、気合を入れて行ってまいりました(笑)。家と会社の周辺でも充分な気もしますが…。とは言っても、とても厳しい外気温が予想されるので、この対策として先週実家に帰省した際に二輪館で、人生初のフェイスマスクというものを購入をしました。ウィンドストッパー生地の物は3000円ぐらいします。どう考えても高いので、少々厚手のフリース生地のあまり聞いた事のないメーカーのものをチョイスしました。半額以下のプライスです。真冬は乗りませんからこれでいいんじゃないでしょうか。

10月17日の土曜日は結果として雨は降りませんでしたが、雨が降るかもっていう予報が出ていましたからパスをして18日に走りました。この時期の雨も平気な本格的なライダーではありませんから(笑)。なんちゃってですので。ご存知だと思いますが。スタートは8:30、外気温はいつもより少々高めの12℃ぐらいでした。

ルートは、我が家からまずは鉢巻き道路(富士見高原方面)を走り、我が家周辺の紅葉スポットの原村ペンション街を走り

Dsc07626

エコーラインからR152に入り白樺湖へ

Dsc07632

Dsc07633

県道40号を下り、県道4号→R144→R406で菅平に入ります。

Dsc07639

菅平の紅葉もボチボチです。

Dsc07640

どこに向かっているかといいますと、目的は志賀草津道路のR292で、初夏に草津回りで走りましたから今回は逆ルートで走りました。R406を下って

Dsc07649

Dsc07652

須坂から小布施に入り、小布施でランチを考えていましたが、この日曜日は県道4号の一部と須坂周辺でマラソン大会があり、須坂では迂回させられました。しかし…迂回させるのはいいけど、迂回させるルート案内がほとんどないってのはいかがなものでしょうか(笑)。これ、都市部やその周辺なら大きな問題だと思いますよ。さらに、ランチを予定していたところは地元イベントのため休み…ぐぬぬ。とっても無駄に時間が過ぎました。しかも、このイベントのため周囲は混雑…おいおい…少しくらい対策立てろよ。僕も田舎に移住して長いですが、このずさんな「これでいいら!」には何年経ってもかなりイラッと来ます。この感じでは小布施は混んでいるだろうし、工程的に須坂に戻る時間はない…で、スマホのナビで山田牧場まで38分…ちょうど12:00ぐらいだったので、BOLTなら余裕で30分だなと思い山田牧場まで行く事にしました。

Dsc07663

ところが、山田温泉のところで前にたくさんのクルマが…長年信州を走っていますが、いい時期に有名観光地には行かないので初めて見ました(笑)。場所によっては止まってしまうくらいです。

Dsc07666

たしかに紅葉はキレイで見ごろなんですけど…だけど日曜日の12:00すぎの県道66号の山田牧場周辺ですよ(笑)。長野県民及び隣接の県なら来れるとは思いますけど、遠方の方は明日は仕事なんじゃないの。毎日が日曜日の定年退職組みなら平日すれば良いと思いますが…。予想以上に時間がかかり到着したのは12:40過ぎでした。

Dsc07681

さらに驚いたのは、山田牧場がたくさんの人で賑わっていました。しかもセカンドプランのお店はお休み…今日はとことんついていないです。仕方ないのでお隣のレッドウッドイン さんに行くとやっぱり満席…自称食べ歩きのブログなんですが並ぶのは嫌なんですよ。しかし、ここまで人出があるという事は、おそらくどこのレストランも混んでいる事態が予想される…むむむ…どうしよう…と考えていると、妻は「並ぶよ」…と(笑)。結果的にはこれが最良の選択でした。

Dsc07680

Dsc07671

実はレッドウッドイン さんはいつか日帰り入浴したいなぁ…と目論んでいた宿で、ランチをやっている事は知りませんでした。店内に入るとお洒落な曲と雰囲気が漂うステキなお店でした。オーダーはこちら

Dsc07675

なんちゃら あえ…?(忘れました) だったと思います(笑)。900円だったと思います。と

Dsc07676

牛はらみ定食 1100円。お店には次から次に人がやってきて、なんだかお店は軽くパニック状態です。お料理が出て来るのにも時間がかかりました。最終的にはライスもなくなってしまいました。お店としても予想以上の来客だったと思われます。お味の方は、両方ともとっても美味しいと思います。適当に入っただけでしたので嬉しい誤算です。まず、あえの方ですが、いわゆる汁なしラーメンで、桜上水のあぶラーメンが上品になった感じでとても美味しいです。でも街中で食べると「なんだよ気取りやがって…」って感じになるような味ですが、何故か山の中のお洒落な店内で食べるとそういう気分にはならないのが不思議です。牛はらみの方は、お肉の焼き方も絶妙で、味付けもお上品で、とても美味しいです…が、お値段が1100円もしますから、このくらい美味しくても普通です(笑)。☆4.5ですね。日帰り入浴しなくても行く価値はあると思います。0.5足りないのはお値段ですね。ちなみに、この日は日帰り入浴はお断りしていました。

混んでいる県道66号をのろーい4輪の後を連なって走ります。後ろからツーリング団体も来ましたが、前には4輪が何台もいますし、ほぼ林道ですから抜けるわけもなく大名行列状態でR292までご一緒させていただきました(笑)。皆さんスポーツバイクなので辛かったんじゃないですか。そして、今回の目的地は残念な事にR292の紅葉はピークを過ぎていました(笑)。今日の僕はなんだか持っていますね。

Dsc07683

R292を草津方面に向けて走ります。山頂付近は13℃くらいです。日差しがあるからなんとか走れます。

Dsc07692

Dsc07694

ちなみにR292も交通量が多く制限速度が厳守出来ました。強引に抜きに出るライダーもいましたが、この量なので大差ないと思います。きれいな景色なんだからゆっくり流せばいいのに。

Dsc07696

Dsc07697

山頂付近は終わっていましたが草津近辺は素晴らしい紅葉でした。おそらく今がピークではないでしょうか。

Dsc07704

Dsc07709

草津の街もこれまた混んでいました。時はすでに日曜日の14:30を回っております。明日は会社ですよ。皆さん無職なのか(笑)。

Dsc07711

久々の草津の湯ですからじっくり浸かろうと思い、泉水館という旅館に行こうとしたのですがリニューアル工事中のため休館…なんだろう、ここまでついていないと神様の故意的な悪意を感じます。神様の存在を全く信じておりませんけどね(笑)。仕方ないので、セカンドプランの旅館へ行くと「本日は宿泊客が多いので日帰りはお断り」でした。明日は仕事じゃないのか。羨ましすぎるぞ。仕方ないので、いつもの共同湯に向かうとたくさんの人が…(笑)。どうなってんの。温泉バカも途方に暮れてしまいしょぼーんとしてしまったので、僕の向ける宛てのない怒りも収まり、結局とっても妥当な大滝の湯に入る事にしました。15:00だからさすがに皆さん帰るだろうと思ったので。

Dsc07712

駐車場はいっぱいでしたが、施設内は意外にも混み合っておらず、うるせーガキ…ではなかった、騒がしいお子様もいなく快適に入れました。ご利用料金はお一人様900円と少々お高めですが、施設は湯治場の雰囲気を残しつつもキレイですし、汚れのチェックしていますし、煮川の源泉は基本ものすごく熱いのですが、これを適温で入浴出来るのだから900円でも良いと思います。おそらく源泉かけ流しだと思いますが、浴槽が大きいからひょっとしたら循環かもしれません。でも、そんなのどうでもいいと思うくらいのお湯で、やっぱり草津の煮川の源泉だから申し分ありません。素晴らしい温泉です。

16:30スタートで帰ります。草津はおそらく15~6℃です。この帰り道は考えるだけでも恐ろしいです。R292を下りR144を右折してR146に入り、北軽井沢方面に走ります。北軽井沢に近づくにつれ気温が降下していくのが体感出来ます。したくないですが。

Dsc07717

ここで17:00ぐらいでしたが、薄暗くなってきたのでシールドの交換、フェイスマスク装着、皮パンの上にしまむらで500円で購入したナイロンパンツ(裏がフリースの)というダサいですが完全武装で挑みます(笑)。ちなみに妻も似たような感じです。言い忘れましたが、インナーダウンはとっくに着ております。ちなみに僕のダウンはユニクロ製です。妻はクシタニですが。

軽井沢周辺で13℃…13℃はこの装備で楽勝でした。フェイスマスクの威力は半端ではありません。なんでいままで使わなかったんだろう。もう10年以上も乗っているのに(笑)。ですが、R141の海ノ口あたりで11℃で少し冷えるなって感じで、暗い市場坂を駆け上がると別世界が待っていました。8~9℃です。さすが野辺山…期待を裏切りません。交通量の少なくなった19:00の暗くて寒い野辺山をバイクで走ると、「俺、何しているんだろう」という思いに襲われるんですよね。おそらく、すれ違う4輪の皆さんは「バカじゃねー」とか「こんなに寒いのに」とか「もっと早く帰ればいいのに」なんて思ってんだろうなー…と。ライダーなら多少なり経験ありますよね。

ですが、これがバイク乗りなんです。いいんです。バイク乗りは脳の構造に欠陥がありますから。こんな辛い思いをしなくてもワゴンRで行けば快適なのに、わざわざバイクで行くバカ野郎ですから。僕は最近バイク乗りが減ったような気がします。甲信地方だけかもしれませんが。特に団体様御一行はあまり見かけなくなりました。コスプレハーレーなんてほとんどお見かけしません。たぶんバイクはどれを乗っても過酷な乗り物なので、「ちょっと乗ってみようかな」で乗り始めても、なかなか趣味として長続き出来ないんだと思います。さらに事故をすれば「ぶつかっちゃったよー」では終わりませんから。単独で転んでもね。

日本人は主体性が足りないから何でもブームになり、そして熱しやすく醒めやすいので、結局バイクが好きな人しか残らなかったんでしょうね。メーカーや業界は困るだろうけど。ただ昨今の中高年のバイクブームは、伊豆スカを筆頭に暴走行為で一般の車両に迷惑をかけたり、ハーレーで連なり長い列で迷惑をかけたり、威圧的な服装で笑わせたりと、お騒がせだったのでこれで良かったんじゃないでしょうか。

趣味はやっぱり気軽な方が長続きするんですよね。温泉なんかはそれじゃないですかね。入るだけだから。おかげで最近の地方の観光地の人出の多さには驚きです。今回で「日曜日だから空いている」という僕の神話が崩れました。それにしても、都市部の人々はタフですね。あれから高速で渋滞しながら帰るんでしょ。しかもS.Aのフードコートで、うるせーガキが騒ぐ中で椅子取りゲームしながら夕飯も食べて…僕には無理だわ。山田牧場と草津だけでもイライラしましたから。生まれも育ちも東京なんですが。

来年の紅葉はマイナーなところにします(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中津川市 五万石

今年も10月に入りましたね。僕の今年のバイクシーズンも終わりが近づいてまいりました。11月中旬ぐらいが限界なので。信州の秋の味覚と言えばメジャーなのはりんごで10月に入ればボチボチ出回り始めます。何故か通年売っていますが旬の時期のは10月から出ます。来週の3連休は実家に帰省するので、手土産にりんごでも良かったんですが、個人的に毎年りんごは飽きるほどもらえるので(笑)、中津川の栗きんとんも旬ですから行ってまいりました。ちょっと遠いですが。

10月3日の朝8:30にスタートしました。走り始めて早々に思ったより寒かったのですが、おそらく我が家周辺だけだろう…と思い、我慢しながら県道より標高の低いR20を選んで富士見まで走りましたが…やっぱり寒い(笑)。気温は15℃を下回っていると思います。今年も体脂肪が燃えるこのシーズンがやって来ましたね。DUCATI ST4Sはフルカウルだったからなのか寒さが軽減されていたような気がしますが…BOLTはきついなぁ(笑)。その変わり、DUCATIの夏は地獄…っていいますか半分やけどとの闘いですけどね。どっちがいいんでしょうか。

R20からR152を左折し杖突峠方面に向かうと、僕の前にはライダーのカップルらしき2台がランデブー走行で、本格的な峠に入る手前の長めのストレートを、まぁー一般的にはこのくらいは出すよね…ってスピードで走っておりました。ところが、トンネルを抜けたあたりに不自然なパイロンが目に入り…何だこれ?…僕はたぶん無意識にスロットルを戻していて、パイロン直前で無人の光電管タイプ?のネズミに気づき怒涛のブレーキング(笑)。

前を行くカップルは残念ながらサイン会場に呼ばれてしまいました。僕は運良く通過出来ました。あっ あぶねぇー。普段から鹿を轢かないために動体視力を鍛えているのが功を奏しております。かれこれ移住して9年ぐらい経ちますが、ここでサイン会を見るのは初めて…って言いますか、交通安全週間とはいえ最近の長野県〇はサイン会場が増えすぎではないのか。そして今回のネズミは明らかにバイクがターゲットのように受け取れます。これも中高年のバイク事故が原因なんでしょうか。中高年の影響でカップルが喧嘩にならなかった事を祈ります。

しかし、僕も以前のDUCATI ST4Sだったなら、おそらく前のカップルもぶち抜いていて間違えなく赤いキップだったと思います。その前のドゥービルでも青いキップはもらっていたかも。良かったBOLTで(笑)。やっぱり…日本でスポーツバイクやスポーツカーは向いていませんね。あの性能で60km/h以下で走れって言うんだから。普通の人ならストレスが溜まるだけでしょ。普段の仕事でも充分ストレス溜まっているってのに。速度違反は個人のモラルの問題だけではないような気もします。

交通網が充実していて週末しかクルマに乗らない都会人なら、免停になっても「運が悪いなぁ」で終わりますが、僕ら田舎っぺは生活にかかわるからそういう訳にはいきません。ちなみに僕は一年間で、仕事で3万km、プライベートで2万km(通勤を含む)、バイクで約6000km乗っていますが、10年以上免停も事故もありません。最近の違反は2年ぐらい前に、仕事中に県道40号の女神湖付近のストレートで白バイに停められたぐらいです。すでに15点の満点に戻っています。僕も昔は「田舎は取締りが少ない」と思っておりましたが最近はそうでもありません。スピードは控えめに。

高遠から伊那市へ入り、R361で権兵衛トンネルを抜けてR19で木曽に入ります。10:30に木曽に入り道の駅で一息いれました。権兵衛トンネル手前から一緒になった、とても模範的な走りをするライダーと少しお話をすると、彼らも杖突を通過していますが案の定彼らはサイン会をパスしておりました。やっぱりモラルの問題なんですかね(笑)。

ここから先はひたすらR19を下ります。4輪の後ろをチンタラ走らさせられる場合、BOLTは楽ですよ。ほぼ4速オートマ状態ですから。低速トルクがないスポーツタイプだとこれ結構辛いんですよね。ぼんやり流しているだけなのに変速を余儀なくされるし、それに50km/h~60km/hでやる気満々の前傾姿勢ってのも…(笑)。バイクもクルマみたいにワンタッチでハンドルの位置の変更が出来れば良いのに。ついでにステップも。

12:00ぴったりに着いた本日のランチのお店はこちら

Dsc07572

Dsc07574

五万石 さんです。 オーダーメニューはこちら

Dsc07575

ソースカツ丼ではありません。しょうゆカツ丼です。

Dsc07577

こちらのお店には、なんと「まいうー」でお馴染みの石ちゃんも来ています。TVはあまり見ませんが、そのくらいは知っております。お味の方ですが、僕も「まいうー」でした。こちらのお店は素のとんかつでも美味しいと思います。とんかつにかかっているタレは、そばつゆをあんかけにした感じで、しょうゆ味全開って感じじゃないですね。そばつゆ自体がしょうゆ味だから、しょうゆ味なのは間違えありませんが。意外にもとんかつに合うと思います。むしろウスターソースより合うと個人的には思います。ちなみに妻はみたらし団子が好きではないらしく若干微妙…と言っておりましたが、一般的な味覚の持ち主であれば、みたらし?…どの辺が?となるのでご安心ください。☆4つ…だな。やっぱり。基本変化球系ですから。

お腹を満たしたところで、本日の目的である栗きんとんの購入の為、中津川駅に隣接する中津川観光センターへ向かいます。五万石さんから10分かかりません。

Dsc07579

Dsc07580

なぜ各店舗ではなく観光センターにしたかと言うと、観光センターにはいろんなお店の栗きんとんが買えるからです。言い忘れましたが、東京下町育ちの僕は「栗きんとん」と言うとおせち料理に入っているあれを想像しますが、中津川の栗きんとんは和菓子のこれです。

Images

中津川は栗きんとん発祥の地で、いろいろなお店が作っております。逆にどのお店にしたらいいのか迷います。なので、公式マップを片手に単品で2個サンプル購入していただいてみました。

Dsc07596

Dsc07583

味はですね…簡単に言えば栗を練って上の写真にしただけの味がします(笑)。すいません。貧乏人の江戸っ子の倅ですから繊細な味の差がわかりません。ただ、川上屋 さんと、しん さんを比較すると、川上屋 さんのがほんのり甘く、しん さんのはほぼ栗の味…のような気がしました。実家のお土産は川上屋 さんにしました。理由は、川上屋 さんはブースが出ていたので(笑)。試食の意味はほとんどありません。

せっかく中津川まで足を延ばしましたので、長野に戻って温泉に浸かるより、中津川で温泉に入る事にしました。駅前からこれも約15分ぐらいです。

Dsc07586

スマホのナビで案内してもらいましたので、途中の道は不明ですが、最終的にはR257に出て木曽川を渡った先のこちら

Dsc07593

ラジウム温泉 かすみ荘 さんです。

Dsc07588

僕の子供の頃を思い出すような旅館です。

Dsc07591

昭和の懐かしい感じがする旅館ですが、掃除が行き届いていて好感を持てます。そして驚いたのは宿泊される方が何組もいらっしゃいました(すいません)。隠れた名旅館かもしれません。

Dsc07590

ラジウム鉱泉を加温していますが源泉かけ流しで、独特の臭いがあり薄っすら濁りのあるステキな湯です。入っている時は特に特徴のないように感じますが、家に帰ったらとっても肌がスベスベでした。かなり良いお湯なんではないでしょうか。ご利用料金はお一人様500円となぜかとてもリーズナブルです。しかも家族風呂を貸切です。うるせーガキ…失礼しました、騒ぐお子様とご一緒したくない方にはお勧めです。温泉はゆっくりのんびり浸かりたいものです。

帰り道は、R19を少し戻りR256を右折して昼神温泉方面へ向かいます。この道は何度も走った事があり、僕は好きなワィンディングの一つです。つづら折れのコーナーが少なくスピードも乗るから、僕はバイクに向いていると思います。個人的な問題ですが、いろは坂みたいなのは体力いるじゃないですか(笑)。僕なんか途中で足が攣ってしまいますから。ただ…スピードがのるワィンディングはBOLTがいまいちな点が露呈しまくります。ここが残念なんですよね。スタイル、デザインも重要なんですけど、もう少し走りに振っても良かったんじゃないの…と思います。まず、やっぱりパワーが足りない。中高速域でスピードがのるとサスペンションが残念。そして何度も書いていますが、ステップの接地があまりに早い。後輪タイヤのアマリングが15mmは余りすぎだろ。安全だとは思いますが。ちなみにプリウスやミニバンの後ろを走るなら全く何の問題もありません。

飯田市内でさらに手土産を調達します。

Dsc07595

飯田I.Cすぐそばの直売所です。何回か立ち寄っておりますが信州の珍しい品が並んでおりますのでお勧めです。

ここで16:00を向かえました。自宅までは一般道でも3時間あれば帰れるので、一般道を走ろうか迷いましたが、長野県ですから日が陰るとグングン気温が落ちているんですよ。一般道なら順当に行けば18:00で杖突峠の頂上…やばいでしょ(笑)。おまけに暗いし。すかさず中央道に乗りました。小黒川P.Aで寒さに我慢出来ずレインウェア装着。レインウェアを着たら「いけるなぁ」と強気になり、節約のため伊北I.Cで中央道を下りて、薄暗い中を県道50号の有賀峠を超えて諏訪市街に出ました。暗いからかよけい寒さが堪えます。

諏訪市街はなぜなのかクルマが多くて全体的にノロノロな状態です。すでに300kmぐらい走行しており体力的に疲れが出ている中、寒くて暗い中をノロノロ運転する4輪の後ろを走る訳ですよ。ライダーならわかりますよね。かなりイラッとくるんですよね。DUCATIなら捨てたくなります(たぶんクラッチが握れない)。BOLTはこの状況を平常心で淡々と走れます(笑)。これはこれで一つの取り柄だと思うのです。ビックスクーター以外ならあまり思い当たりませんから。ツアラーなんかの車重があるバイクは、STOP&GOの繰り返しや4輪ATの赤信号手前のノロノロは堪えますから。自宅には意外にも時間がかかって19:00ちょっと前の到着でした。

僕はバイクツーリングと言っても走るのが主体ではありません。面白そうなランチのお店に行ったり、温泉に寄ったり、買い物しながらブラブラ走るツーリングです。しかもタンデムが多い。だからBOLTを選んだのです。BOLTは街中での取り回しも足つきが良いから多少重くても不安がありません。僕は小柄な上に体力もないので、ドゥービルや大型ツアラー、あるいはアドベンチャーモデルなどは乗れない事はないと思いますが、こういうのでの市街地走行は気をつかいます。スポーツモデルは日本じゃ持て余すばかりだし、日本の公道をあのポジションで乗る意味が…。スポーツもそこそこ、タンデムもOK、エンジン特性は公道での使用を意識したトルク重視…日本独自の文化かもしれませんが、ネイキッドモデルは今考えるとオールマイティ度の高さが光りますね。BOLTが勝っているのは、ポジションが楽な事と足つきぐらいです。

ただ、ネイキッドモデルは国産各メーカー少々デカイんですよね。おまけにチェーンだし。これは個人的な問題ですがデザインも今一歩感があります。ここで二の足を踏んでしまいます。でも、今考えるとBMW様のR1200Rがやっぱり良かったのかも…かもしれません。乗り味が苦手でしたが。それと日本メーカー以外は、耐久性やメンテなど…いろいろ気をつかうんだよねぇ。生産技術のレベルも低いし。その前に輸送費の問題があるにしても、日本だけ値段が異常に高いのも気に入らないです。

これだけいろいろなバイクが売られていますが、基本が欧米人向けなので自分にピッタリってのはなかなかないものなんですね(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »