« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

移住先下見ツアー 2

関門橋を通過し、小倉東I.Cで九州自動車道を降りて、R10→R212→県道28号で、本日の宿の宝泉寺温泉へ向かいます。

Dsc07067

Dsc07069

Dsc07070

退屈なR10からR212→県道28号と走りまして、人生初の耶馬溪を通過したと思われます。耶馬溪はツーリングスポットとして九州地区じゃ確かメジャーなところですよね。とてもステキな道でございます。しかも観光スポットは昭和の香りがプンプンしております。そういえば昨日、広島で自分以外のヤマハ BOLTと初めてすれ違いました。この日もBOLTを見かけました。甲信地方では全く見かけませんが、西日本では人気あるのかも(笑)。それから今年はあまりライダーを見かけませんね。見かけても単独ツーリングライダーがポツリポツリ…西日本方面だからかな。特に暴走ツーリング集団やコスプレハーレー軍団は見かけません。中高年が飽きてきたのでしょうか(笑)。

ナビの到着予定時間は18:30となっていましたが17:40に着きました。何故なんでしょうか(笑)。本日の宿はこちら

Dsc07097

Dsc07109

御宿 みやこ さんです。ワンちゃんOKの宿です。ただし、14kgの中型犬までですが。ティニーはギリギリでOKだと思います。たぶんですが。

Dsc07075

2日かけてやっと大分まで来ましたので、ゆっくり温泉に浸かります。

Dsc07079

Dsc07095

泉質は無色透明で、しかも無味無臭ですが、アルカリ性のスベスベ感のある素晴らしいお湯です。もちろん源泉かけ流しで、シャワーまで源泉を使っている贅沢なお風呂です。昨日はシャワーだけでしたから、こちらの温泉が体に沁み渡りました。体がスッキリいたしました。

楽しみの夕飯はこちら

Dsc07082

まぁー一般的な旅館の夕食ってところですか…お料理が売りとは言えませんね。

Dsc07086

Dsc07088

九州のお酒はやっぱり焼酎なんですね。棚にはいろんな銘柄の焼酎が並び、しかもこちらの旅館オリジナルの焼酎は無料サービスでいただけます。しかし、ロビーのみとなっており、食堂ではいただけません。

14日の朝は、まず温泉にゆっくり浸かり、朝食は8:00からなのでティニーと一緒に周辺を散策しました。峠に出勤中のバイクも多く見かけました。温泉街に甲高い排気音が響きます。集団ではないのでまだ好感が持てますが。

Dsc07099

朝食はこちら

Dsc07107

何故だか夕飯よりは美味しいです。とは言っても、特徴があるわけではなく一般的な旅館の味ですが。

Dsc07087

館内は古民家調にリニューアルされておりますが、外観やお部屋は老朽化が目立ち、それなりに清掃はしていますが、お部屋の窓はくもの巣だらけだったり…僕には2回目はないですね。だいたいペットOKの旅館って「そうじゃなかったら閑古鳥が鳴くだろう」って場合が多いです。ちなみにトップシーズンの宿泊ってのもありますが、お一人様15000円になります。ティニーは無料でしたが…うーん…温泉は良かったですが、このお部屋で、このお料理で…仕方ないんでしょうね(笑)。

8:30に旅館を後にして、サクッと別府へ向かおうと思いましたが、せっかくなのでやまなみハイウェイに行ってみる事にしました。

Dsc07110

Dsc07116

県道40号を飯田高原に向かって走ります。これまたせっかくなので(笑)、やまなみ牧場も寄らせていただきました。

Dsc07119

遠い昔にラリーで近くを通過した事を思い出しました。いつ来ても素晴らしい景色です。2回しかありませんが。それにしてもランクル70は牧場がよく似合うなぁ(笑)。こちらでもソフトクリームを販売していましたので、朝っぱらからいただきました。

Dsc07120

こちらのソフトも牛乳系ですね。昨日のと同じ感じです…って、だんだん違いがわからなくなってきてるかも(笑)。

やまなみハイウェイから県道11号を下ってR500に出て、12:00ぐらいに別府市内へ入りました。

Dsc07122

Dsc07123

Dsc07124

ここからが今回の本来の目的です。前置きが長かったですが。この日の別府は12:00くらいで、ランクル70の温度計は30℃でした。暑いことは暑いですが、海に近いからなのか意外にもサラッとしていて、子供の頃の35年ぐらい前の東京のような気候ではないかと思いました。僕が子供の頃は、京葉道路の船橋付近からは海が見えたり、浦安でもアサリが捕れたり、父は江戸川でハゼ釣りとかしていまして、現在より自然が残っていたので湿度は低かったのかも知れませんね。最近の実家付近は暑いですから。

物件を4ヶ所ぐらい見て回りまして、前回より地理感覚がつきました。それにしても別府は街が古いからか道が狭いですね。ランクル70にはちょっと大変かも。僕は運転が上手いから問題ありませんが(笑)、将来的にランクルは妻がメインで使う予定なので…(汗)。坂が多いものの高台からは海が見えたり…やっぱり良いところだなぁ。そして老後の事も考えると、車の運転が出来なくなったときも公共の交通機関が充実していたり、市街地から大きく外れなければ食料品や生活用品の購入するにも不自由しない可能性も高いなど、条件も揃っています。年老いても、二人でバスや電車に乗って海を見たり、山へ温泉に行ったり…楽しい老後が築けるような気がしました。まぁー僕は長生きする予定はありませんが。

本日の宿はまたしてもこちら

Dsc07144

前回と同じ ホテル はやし さんです。確か一部屋8000円ぐらいです。別府温泉の源泉かけ流しに入れてこのお値段ですよ。何回来てもお得感があります。僕は、スマホにホテル はやしの番号を登録しているくらい気に入ってます(笑)。ちょっと(いや…だいぶ)古いですが。ワンちゃんがいないなら系列のホテルがお勧めです。少しキレイ(笑)です。夕飯はホテルのお隣のこちら

Dsc07139

まやかしや さんです。前回同様のふく さんでも良かったんですが、夜はお休みになっていました。前回はこちらのお店が休みでしたが。頼んだのはこちら

Dsc07132

たこ刺し

Dsc07136

とり天とはもの天ぷら

Dsc07137

郷土料理のりゅうきゅうです。はまちをタレに漬け込んでいるようなものですね。まやかしや さん、何食べても美味いよ。美味すぎました。たこ刺しはビビるほどではありませんが、とり天はいままでの中で一番美味しいし、はもの天ぷらも絶品、りゅうきゅうは人生初でしたが、はまちをここまで美味しく食べたのも人生初でした…だと思います(笑)。そして極めつけはこれ

Dsc07133

この焼酎は麦焼酎なんですが、人生の中で一番美味しい麦焼酎でございます。人生初が連発してます。これ飲んだら、いいちこが無味無臭と思うくらい濃厚麦味です。しかもロックで一合500円です。☆5点。満点です。こちらも連発してすいません。でも、美味いです。お勧め店です。

最終日の15日は、5:30からティニーの散歩に出て

Dsc07140

朝食をコンビニで調達して海岸の公園でいただきました。

Dsc07142

ホテルに戻ったら急いで温泉に浸かり、7:00ちょっと前にチェックアウトしました。帰りは国道九四フェリーに乗る為、混んで待ちとなると後にひびくので早目に佐賀関へ向かいました。

9:00のフェリーに乗る予定でしたが、なぜが8:00のフェリーに間に合いました(笑)。

Dsc07149

四国側の三崎港から「自宅へ帰る」とナビに入力すると、予想時間は21:30でした。ナビの通りに走らせると、パナソニックのナビは中国道回りではなく阪神高速へ案内するので、神戸をかすめて名神高速へ入りましたが、ここもやっぱり渋滞。名神高速も案の定名古屋手前で大渋滞

Dsc07152

到着予定時間も一旦は20時台まで縮みましたが、中央道に入る手前で22:30。賑わっている恵那S.Aで20:00くらいに夕飯を軽く済ませ、自宅到着は22:30…あれ?(笑)。全工程約2000kmの旅…間違えました、下見でした。

ランクル70で初のロングドライブとなりましたが、ラリー車みたいなサスペンションな上に5MTですが意外にも疲労感は少ないです。車体が大きいのが効いているのでしょうか。いまだに理由がわかりません。しかし、以前に行ったFIATのグランデプントより全然楽なのは間違えありません。それでも二人での旅行ならコンパクトカーでも我慢出来ますが、ティニーと一緒だと後部座席が利用出来ないので、ランクルぐらい荷室が広いと便利ですね。やっぱり。

今回は渋滞が多かったのですが、僕は5MTでもそれほど苦になりません。妻もMT歴は長いですが、運転を見ているとクラッチを踏んでいる時間が長いです。ちなみに僕はトラックの運転手並みです。シフトチェンジする以外はほぼアクセルワークのみで切り抜けますし、ニュートラルの惰性もよく使います。ATの利便性は否定しませんし、効率も良いし、しかも最近じゃMTより速く走る事が出来ます。しかし、僕には公道じゃ運転がイージーすぎて退屈になってしまいます。MTの良さは、運転操作をより楽しめるのが利点ではないかと思います。単に速く走らせる事だけがクルマを楽しむ事ではないし、楽に移動出来るが全てではないと僕は思っています。ランクル70というクルマと対話しながら、このギアのが良いなとか、このタイミングだなとか、自分で考えて自分の判断で走らせるのが楽しみなんです。非効率でもいいんです。クルマやバイクの旅行なんて、そもそも意味なんて無いんだから(笑)。少々高かったですが、しかも高速料金も高いですが、ランクル70は旅行にもいいですよ。

別府への移住は八ヶ岳への移住の時から比べると少し気が楽です。八ヶ岳への移住の時は、例えて言うなら、人生や生き方が視界が悪いブラインドコーナーをドリフトしているような感じでしたので。今考えるとよく立て直したなぁ(笑)。頑張りました。そのレベルはかなり低いですが。別府での暮らしは、年齢も50歳を超えるから余生を楽しく過ごせれば何でもいいと考えています。あれ?今とたいして変わらない気もしますね(笑)。仕事も週3日ぐらいで暇つぶしになるような感じで探す予定です。生活出来ればいいだけなので。

僕は八ヶ岳に移住してから、綾小路きみまろと同じく「人生は暇つぶし」と考えるようになりました。産まれてから死ぬまでの壮大な暇つぶしです。暇つぶしなんだから楽しいに越した事はないと思っています。だから、面倒な人間関係が渦巻き、他人と比べるばかりの都会の生活に戻る気はもうないんです。誰かに勝っても負けても所詮暇つぶしですから(笑)。

今回の下見で「こんな生活も良いなぁ」から「ここで生活しよう」に変わりました。両親が健在だからすぐには行けませんが、いい物件を探し始めます。

Dsc07143

| | コメント (6) | トラックバック (0)

移住先下見ツアー 1

毎年夏休みはバイクでロングツーリングへ行くのですが、今年は昨年末に行きました別府に、ランクル70で再び行く事にしました。目的は、別府の冬は現在が八ヶ岳南麓ですから特に問題ないと思いますが、夏は九州だからひょっとして東京より暑いのかな?と思いまして夏の別府を体験する事と、昨年末の訪問では大和ロイヤルリゾートにがっかりし、漠然と別府市街がいいなぁ…と思いましたが、具体的な場所までは考えられなかったので、今回は物件をピックアップして下見する事にしました。なのでタイトルも見学から下見にレベルアップしました(笑)。

勤めているつまんねー会社の休暇は13日からなので、またもや有給を一日とって12日からティニー(愛犬)も一緒で向かいました。ルートは、ランクルは高速が中型車扱いなので節約のため、駒ヶ根I.Cまで一般道を走り一路広島を目指します。今回の行きのルートは国道九四フェリーを使わず広島で一泊する事にしたのです。

Dsc06983

スタートは7:30で広島には楽勝で19:00には着くだろう…と考えておりましたが、感覚がバイクだったんですよ。途中から「あーそうだった、お盆休みの4輪だった」という事に気づきましたが…すでに時遅し。小牧あたりから18kmの渋滞にはまり、大型S.Aは混み混みなので伊吹P.Aでコンビニ飯を急いで食べて、再び走るものの吹田からまたもや15kmの渋滞

Dsc06986

あっという間に15:00をまわり

Dsc06988

山陽道に入り、猛烈に挽回するべく激走しますが…夕立がペースアップの邪魔をして

Dsc06991

さすがに疲れたりもしたので休憩を挟んだりしていたら

Dsc06992

夕暮れが迫ってまいりました。遠いよ…広島(笑)。

Dsc06995

最後の広島高速1号線を降りた時には20:00をまわってしまいました。

Dsc06996

以前、ハーレー883で福山まで行った時は、2時間ぐらい早く出ていますが16:00に着いていましたから…やっぱりバイクは早いなぁ。本日の宿はこちら

Dsc07003

レイノ・イン広島平和公園です。こちらのホテルは外国人のバックパッカー向けのホテルです。本来なら温泉旅館なんかで一泊したかったのですが、ティニー(愛犬)と一緒だと選択肢が少ないんです。ファミリーロッジ旅籠屋が良かったんですが全部満室で、それを除くと広島付近でティニーと一緒に泊まれるのはこちら以外ないと思います。ご利用料金はお一人様4600円。二人ならそれなりのお値段だと思いますが、なんとティニーもお一人様としてカウントされます(笑)。専用のベッドもないってのに。一応、トイレとシャワールーム付きですが少々高いなぁ。これに別途駐車場料金もかかります。裏のコインパーキングで20:00~の料金で500円です。もちろん夕飯なんてありませんから、ホテル近くの広島焼きのお店に入りました。

Dsc07004

くろべえ さんです。お店には誰もおりません(笑)。下調べもなく行きましたから、やってしまった感に満ち溢れておりましたが、おつまみで頼んだ「すじぽん」なるものが絶品でした。

Dsc07005

牛すじの煮込みが味ポンの中に入っております。人生初の味でしたが、これ美味しいなぁ。続いて出てきた広島焼きは

Dsc07006

遠い過去に食べた広島焼きより美味しいなぁ。ホテルに近いというだけで入りましたが、めちゃめちゃ美味しかったです。ホテルに戻ってから「くろべえ」さんをググって見ると、広島でも有名店で修行を積んだ方が独立したお店なそうです。どうりで美味しいはずです。と同時に、ちょっと高飛車な感じも納得出来ました(笑)。何も知らない僕は、「すじぽんって何?」とか「マヨネーズ付けて食べんの?」とか言っておりましたから。本来なら有名ラーメン店のようにかしこまって食べるのかもしれません。☆4つ。とは言っても、ビールはサーバーが悪いのか美味しいとは言えず、そしてやっぱり一見さんにも笑顔で接しましょう。

次の日の13日は、早朝から広島平和公園へティニーの散歩を兼ねて向かいます。ホテルから歩いて5分です。

Dsc07010

人生初の原爆ドームは映像でしか見た事がありませんでしたが、同じ日本人として感慨深いものがあります。

Dsc07017

Dsc07027

狙って行った訳ではありませんが今年は戦後70年になります。各メディアでは思い出したようにさかんに取り上げておりますね。しかし、その扱いには少々疑問を感じます。僕はかなりの暴力反対派で格闘技さえ全く興味ありません。って言いますか嫌いです。もちろん戦争にも大反対です。その上で書きますが、現在の日本が平和なのは、広島の犠牲を筆頭に多大な犠牲があったからこそであると僕は考えます。そして、その平和の維持ってのは、社会党などのように、安直に日本国憲法第9条を守る事や、闇雲に「戦争反対」と叫ぶだけ事ではないのではないでしょうか。

一部のメディアは安倍首相を「戦争好きなおじさん」と遠回しに言っていますが、集団的自衛権=戦争をするという見方は、例えて言うなら「あの娘と目が合った…気があるのかな?」というぐらいの先走った意見ではないでしょうか。「なぜ人を殺してはいけないのか」理由をご存知でしょうか。簡単に言うなら「俺も殺さないから、お前も殺すなよ」…基本になるのはこの考えだと思います。と言う事は「俺も殺せる」がないとこの関係が成立いたしません。だから、本来なら憲法違反っぽい自衛隊なるものが存在するんでしょう。毎年何兆円もの予算(税金)も使ってまで。その効果のかいもなく「〇〇諸島は〇〇のもの」と言い出しちゃう国もあるから、「予防線を張りましょう」と言っているだけにしか思えません。短絡的に平和を唱える方々は、仮に侵略を受けて、古代エジプトのイスラエルの民のようになっても、無抵抗で平和を唱える覚悟があるのでしょうか。

もう一度言いますが、僕は自己防衛の目的以外で暴力を振るった事は今までありません。なぜなら、暴力で誰かを威嚇したり、服従させるのは正しい人間関係とは思えないからです。そんな事でしか成り立たない関係なら僕には必要ありません。ただし、僕の生活を脅かすなら戦います。全く歯が立たないかもしれませんが(笑)。それでも服従はしません。広島の大きな犠牲で平和の尊さを学んだんだから、その平和の維持には最善の努力をするべきだと僕は思います。

Dsc07028

再び大分に向けて出発いたします。スタートは8:30で、節約のためR2をとりあえず下関に向けて走ります。

Dsc07029

Dsc07036

R2はなんの変哲もない国道と期待をせず走り出しましたが、意外にもステキな道ですね。しかし、昨日の高速道路同様で流れがよくありません。道の駅 ソレーネ周南で一息いれます。ここでは近くの牧場のソフトクリームを販売しておりましたので、自称ソフトクリーム通なので買わないわけにはいきません。

Dsc07042

牛乳の味が色濃く残るとても美味しいソフトです。清里ミルクプラント系ですね。でも、驚くほどではないなぁ。

昨日、スマホでルートの時間を調べていたのですが、下関まで4時間ぐらいだったのですが、ここですでに11:00…どう考えても無理です。まだ半分くらいですから。節約している場合ではないので高速に乗ろう…としましたが、なっ なんと事故で通行止め。むむむ…仕方ないので二人してナビとスマホを睨めっこしながら県道を駆使し、宇部まで行って、そこから山陽道に乗りました。

Dsc07047

この県道25号がけっこういい道で、この橋から見る景色は素晴らしいです。

Dsc07050

ここからの山陽道は通行止めをパスするので一気に下関まで走れました。

Dsc07052

それなりに混んでいましたが12:40には下関I.Cを降りて、ランチのお店に向かいます。you meシティというショッピングモールの中にあります。お店はこちら

Dsc07053

元祖瓦そば たかせ ゆめシティ店 さんです。西日本方面にはyou meモールやシティをたくさん見かけますが、関東甲信越にはありませんので人生初でした。空いてそうなショッピングモールを狙って行きましたが、順番待ちで呼ばれるまで30分もかかりました。この後も行列は絶えませんでした。これ、地元の人も食べるのかな?てっきり観光用かと思っていました。オーダーはこちら

Dsc07054

瓦そば1000円と

Dsc07056

鯛茶漬け810円です。ご膳のセットメニューもあるんですが、高い…間違えました、そんなにお腹が空いていなかったので(笑)。お味の方ですが、瓦そばは瓦の上で茶そばジュージュー焼かれておりました。江戸っ子の僕にはそれだけでも充分衝撃的でしたが、それ以上にビックリしたのは意外にも美味しい。これはこれでアリだなぁ…と感心してしまいました。 鯛茶漬けは810円もするだけあります。うっ 美味い。鯛がぷりっぷりです。並んで良かったです。こりゃ地元でも行きますね。☆5点の満点です。行って見てください。関東生まれの方なら感動があると思います。

今回の旅行…間違えました(笑)下見で、個人的にとっても楽しみにしていたのが、下関の観光だったんですよ。この為に、わざわざ山陽道回りで来たと言っても過言ではないんですよ。特に、みもすそ川公園はゆっくり散策したかったんですよ。源平壇ノ浦合戦の古戦場ですから。

Dsc07061

にもかかわらず、下関周辺は人気があるのか、市内はほぼ交通麻痺状態です。クルマが駐車出来ないんですよ。しかも、みもすそ川公園付近には駐車場さえない。くそ暑い中、並んでいるだけでどんどん時間が減って行きます。妻から「あきらめろ」との指令が…ぐぬぬ…武家屋敷も見たかったのに…(涙)。仕方なく関門海峡を渡るために再び高速に乗ると、壇ノ浦P.Aが封鎖されています。あれ?なんでだろう…とググってみると、なんとこの日は花火大会らしいです。言われてみれば、インター降り口も大渋滞となっていました。調査不足…だね これは(笑)。無念。

Dsc07065

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中野市 あすぺる樹

今週も晴れてしまいました(笑)。四週連続はどうなの?…と、さすがに僕も思いましたが、だからと言ってツーリングを止めてまで急いでやらなきゃならない用事もないので、四週連続で行ってきました。暇ですいません(笑)。ちなみに五週連続はありません。なぜなら、夏休みはティニー(愛犬)と一緒にランクルで別府に行きますので。

猛暑日の記録を更新中のステキな日本列島ですから、8月8日の土曜日も確実に暑いあです。先週の南信で懲りましたので、コースを練りに練って北信方面に向かいました。実は9月の連休にロングツーリングを計画中で、それに向けて週末のツーリングのたびにBOLTの微調整を行っております。宿の予約を取る前に、ロングツーリングに本当に耐えられるのか?この最終確認をする為にも今回は少し足を延ばしました。そのロングツーリングに向けて購入したツーリング用のバックも試そうと思いましたが、Amazonさんから一日遅れるとのメールが…仕方ないですね。これは次回に試そう(笑)。

今回は遠いので8:00スタートで、ルートは八ヶ岳エコーライン→R152で白樺湖へ

Dsc06897

県道40号で女神湖を抜けて東御市街へ

Dsc06899

県道4号とR144で菅平へ

Dsc06910

Dsc06915

R406を下り、北信濃くだもの街道を走り

Dsc06918

小布施→中野市入りました。

自宅がすでに標高1000m以上なので気温は23℃と、小布施あたりまでめちゃめちゃ涼しいです。前回の記事で「信州も標高が高いところ以外はどこも同じ」と言いましたが訂正いたします。やっぱり北信は涼しい。計っていませんが湿度が違います。どう考えても南信及び東信のが暑い。この日は大きい企業がすでに夏休みに入っているからなのか、田舎の長野県内も「ここは埼玉か?」と思うくらい交通量が増えておりました。交通量が増えるのは仕方ないと思いますが、いわゆるサンデードライバーと言われる方々の運転はかなり恐ろしい。技能レベルは田舎の70歳以上の爺さんが運転する軽トラ並み。よく首都圏からここまでよく無事故で来たなぁ。最近のクルマのレベルの高さが実証されておりますね(笑)。

到着したお店はこちら

Dsc06921

お洒落な感じの外装ですが、看板には「定食屋です」と書いてありました。オーダーメニューはこちら

Dsc06924

豚の角煮御膳1280円。もう一品はこちら

Dsc06925

グラチネで同じくらいの値段だったと思います。オーナーはベルギーで修行を積んでいて、しかも東村山の出身の方です。店内も、ありがちな日本人が描くわざとらしく不自然な外国ちっくではなく、本物の外国のレストランを思わせる自然感じが好感を持てます。さて、お味の方ですが、角煮は箸で切れるほど柔らかく、とてもお上品な味付けで、盛り付けの見た目もよく美味しくいただけます。もう一品のグラチネ(ミートソーススパゲッティとグラタンを合わせた感じ)も、パスタの茹で具合もちょうど良く、こちらもお上品な味付けで美味しいです。ただ、オーナーはベルギーで修行を積んでいますが、修行先は日本料理店なので僕にはちょっと薄味なんですよね。江戸っ子ですから(笑)。そして少々お高いなぁ。凝っているのはわかりますが、一般ピープル相手なら1000円以下で味付けは少々濃い目のが良いと思います。外国人はパンはパンで食べて主食は主食で食べますが、我らモンゴロイドは、おかずとご飯が口の中で一緒になります。ですから濃い目の方が合うんです。☆3つかな。

ここから先はR117で飯山方面へ向かい

Dsc06929

県道97号で斑尾高原へ向かいます。ここまで来ると新潟っぽい雰囲気もあります。

Dsc06932

この道、意外にもいいなぁ。右手に力が入ります。中野市や飯山市内は少々暑い(たぶん29℃くらい)でしたが、登るにつれ体に当たる風が涼しいです。

Dsc06935

人生初の斑尾高原ですが、目的地のまだらおの湯が見当たりません。どうやら県道97号沿いではなく、左折するみたいです。ここから5~6分程度で到着です。

Dsc06943

13:00ちょいすぎの到着です。本日の温泉はまだらおの湯です。今回も手形の利用で支払いしておりません。ご利用料金はお一人様450円ととてもリーズナブルです。

Dsc06940

Dsc06942

泉質は、源泉かけ流しではなく循環で、無味無臭の無色透明ですが、アルカリ性のスベスベ感のあるステキなお湯です。ちなみに露天もありますが、今の時期は我が家周辺もそうですが、牛アブがブンブン飛んでおります。でかいハエにも見えますが、目が緑色なのは牛アブです。吸血しますよ。しかも噛まれれば、ものすごーく痛い上に、ものすごーく腫れます。ご注意ください。施設は清掃が行き届いていてキレイですが、エアコンがないから風呂上りが暑いよ(笑)。高原だからそれなりには涼しいですが。また、夏休み時期やスキーシーズンの夕方は混むんじゃないかな。今回は早い時間だったからゆっくり浸かれましたが。

今回のツーリングで一番遠いまだらおの湯を14:30にスタートして、県道93号を野尻湖方面に向かいます。

Dsc06950

この県道もステキな田舎道でした。本当は野尻湖のそばを通過するだけで県道36号へ出るはずが

Dsc06957

迷って意味もなく野尻湖を見学しました(笑)。県道36号を戸隠方面へ向かいます。

Dsc06958

Dsc06961

この県道36号もいい道です。しかし、この日は観光のクルマが多かった。なんでも今は有名神社はパワースポットなんだとか。なんのパワーなんでしょうか。それって自分の都合の良い神様パワー欲しいって事でしょ。そんな事で足を運ぶくらいなら、現実を直視して打開策を考えた方が良いかと…(笑)。

Dsc06964

飯綱高原方面に走り、戸隠バードラインを下ります。

Dsc06968

Dsc06969

長野市内に出たところで、スマホのナビで県道34号へ向かいます。長野市内は何回通っても覚えられないんですよね。そして暑かった。30℃を超えています。しかし、先週の高遠ほどではないですね。

Dsc06972

Dsc06975

県道34号に出たら高原に向けてアクセルを開けるつもりでしたが、この道は途中から林道っぽくなり、僕の前を嫌がらせのように遅いプリウスが(笑)。遅いなら遅いまま走ってくれれば抜いてしまうのですが、なぜかストレートはグワっとスピードを出すんですよ。なので、頂上の菅平までプリウスを眺めて走りました。僕の後ろにも地元ナンバーのミニバンが続いておりました。プリウスの方は、自分の運転は正しいと思っているんでしょうね。しかし、この田舎道で2台も後ろに追いついている訳なんだから明らかに遅いんですよ。なぜ、先に行かせる事が出来ないんでしょうか。プライドなんでしょうか。それとも道交法の原理主義者でしょうか。もしそうなら「ストレートも踏むんじゃねぇーよ」とも言いたくなります。そもそも制限速度を、きっちり守って運転する人ってほとんどいないのが現実でしょ。中央道を必ず80km/h以下で走行していますか?首都高を60km/h以下で必ず走行していますか?道交法原理主義者は道交法を自分の都合の良い様に解釈しているだけ。それより大事なのは、一般社会における円滑な人間関係の構築と同じで、譲り合いや相手を想う精神なんですよ。法律で何でも解決する事なんて出来ないの。馬鹿げているTV番組の見すぎです。

菅平はすごーい賑わいですね。どうしたんでしょうか(笑)。こんな人が多い菅平を初めて見ました。どうやら学生のスポーツクラブの合宿みたいです。最近の気温では首都圏の学校じゃ暑くて練習出来ないんでしょうか。AEONの中にいる糞ガキを見ると日本の将来が不安になりますが、こういう清清しい健全な若者を見ると日本の将来も明るいのでは…ないかな(笑)。まぁー長生きする予定はありませんが。

Dsc06977

行きと同じ県道4号、県道40号、大門街道、エコーラインを走り、自宅には19:00着でした。県道40号以降はTシャツ&メッシュウェアでは寒いくらいです…僕は。気温は23℃くらいではないでしょうか。総走行距離は350km。今回は走りましたよ。しかも、オール一般道で350kmです。いままで一番乗り易かったドゥービルでさえ、ここまで走るとかなりの疲労感がありましたが、BOLTは何が功を奏しているのかは不明ですが、あまり疲れを感じません。エンジン特性なのか、ポジション(改造してますが)なのか、フレームなのか…シートとサスペンションでない事は間違いないと思います(笑)。ちなみにお尻の痛みは今回も僕も妻も出ましたが、乗り切れるレベルになりました。これはプリロードの調整に効果がありました。

BOLTは僕に合っているんですかね。こりゃー行くしかないですね。ロングツーリング。ロングツーリングは男のロマンですから(笑)。

いままで週末が晴れの確率がひじょうに高かったから、当分は雨でいいです。神様。そのかわり9月の連休は全て晴れにしてください…って、パワースポットの戸隠神社にお願いすれば良かったですかね。でも、なりませんよ。なぜなら神様なんていませんから。全ては自然の摂理ですので(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大桑村 グルメリアきらく

三週続けて…しかも三回続けてツーリングネタって…「他にやる事がないのかよ」と思われてしまいますが、本当にその通りだったりします(笑)。まぁー実は今週の土曜日は出勤でしたが、仕事に対する意欲が全くありませんし、現代社会は会社という組織を昔の村の様な感じに捉え帰属意識も持つ人が多いみたいですが、ぼっち体質の僕にはそれも皆無なので、もちろん有給を取りました。たいして忙しくもないのに土曜日の出勤って…意味がわかりません。寄り合いたいなら他でやってくれ。そもそも残りの人生が少なくなってきているのに、仕事になんか時間を割く訳ありません。

涼しいところのツーリング先は前回でネタが尽きました(引き出しが少なくてすいません)。って言いますか、日本なら北海道と北東北を除けば、信州はどこを走っても涼しい方なんですよね。という事で今回は、北信方面が続いたので南信方面へぶらっと行ってみました。

8:30スタートで、ルートはR20からR152で杖突峠を走り、高遠を経由して伊那市街へ

Dsc06814

市街地もまだ10:00ぐらいだから我慢出来る30℃以下といった感じです。しかし、この日はとてつもなく暑くなりそうな気配がいたします。

Dsc06815

R361で権兵衛トンネルへ。やっぱり高原は涼しいです。信州は素晴らしいです。

Dsc06818

Dsc06825

ちなみに4kmもあるトンネル内は20℃ちょいで少し肌寒いです。

Dsc06826

R19に出たら左折して木曽方面へ南下します。

Dsc06828

10:40着で、道の駅 日義木曽駒高原ささりんどう館で休憩いたしました。

Dsc06830

Dsc06831

開田高原のとうもろこしが甘くて絶品なんですがまだ早かったみたいですね。開田高原じゃないとうもろこしは販売していましたが、おっ お値段が(笑)…田舎暮らしが長いととてもこの値段じゃ買えませんね。

さらにR19を南下して11:30着でランチのお店はこちら

Dsc06849

Dsc06848

道の駅 木楽舎の中にあるグルメリア きらく さんです。この道の駅には以前に立ち寄った事がありまして、とっても気になるメニューがあったんですよ。オーダーメニューはもちろんお目当てのこちら

Dsc06841

Dsc06846

いままでの人生の中で一番高い牛丼です。もう一品はこちら

Dsc06840

Dsc06843

こちらもお高い(笑)。完全に観光地用のお値段ですね。こちらのお店には注意点があります。僕は11:40にはオーダーしましたから受付されましたが、12:00には欠品となっておりました…って早すぎんだろ(笑)。これはもはや先着限定〇食が出ていてもおかしくないレベルです。さて、お味の方です。人生で一番高い牛丼ですが、予想通りではございますが木曽牛なのかはまったくわかりません。ひょっとして素材の違いが出るのではないか?とほのかな期待は持っておりましたが…やっぱりね。だからと言って不味い訳ではありませんよ。それなりに美味しいと思います。吉野家と大きく違う点は、肉の厚さと味付けが薄めでお上品な事ですね。そぼろの方は、さらに木曽牛である必要がありません(笑)。飛騨牛コロッケに近い。☆は3点。皆さんが想像する味だと思います(笑)。

R19をBOLTの引取の時に乗った中央線と平行しながらさらに南下いたします。

Dsc06852

道の駅のランチの時点で猛烈に暑かったのですが、岐阜が近いからなんでしょうか。信州とは思えない暑さで、おそらく35℃はあったと思います。夏の首都圏のツーリングってこんな感じですよね。意外なんですがBOLTは熱くて乗れないレベルにはなりませんね。DUCATIはもちろんドゥービルよりも熱くないです。こりゃー夏もいけますねBOLT。

待ちに待ったR256を左折して再び山を駆け上ります。

Dsc06861

R256は道幅もあってステキなワィンディングなんですよね。右手に力が入ります。極力ステップを擦らないように、リーンインと外足荷重で誤魔化しながら走りますが、どうしても限界があります。充分なスピードのような気もしますが(笑)。

Dsc06877

この看板が出たら左折して枝線に入っていきます。

Dsc06863

一見スピードが出ているように見えますが、実は30km/hぐらいです(笑)。僕は一車線の林道っぽいところは安全第一なんです。最近の4輪の運転は恐ろしいですから。それにしても流し撮りがうまいなぁ。

Dsc06864

けっこう奥まで入って到着したのはこちら

Dsc06888

ホテル 富貴の森さんです。お洒落な感じのステキなホテルです。旅館って感じではありません。

Dsc06876

ちなみにこのホテルは標高1000mはあるらしく信州らしい涼しさがあります。

Dsc06868

Dsc06870

今回も以前に購入した温泉手形の利用だったので料金の支払いをしておりませんが、ご利用料金はお一人様900円みたいです。キレイでお洒落なホテルですから仕方ありませんが少々お高いですね。泉質はと言いますと、源泉かけ流しではなく循環式で無色透明の無味無臭ですが、スベスベ感がある素晴らしいお湯です。僕も妻も昼神温泉に近いと感じました。僕は13:30ぐらいから入浴したので、ほぼ一人で静かにゆっくりお湯を堪能できましたが、14時ぐらいからそれなりに入ってきて、あがる頃にはうるせー家族が…「昼神の日帰りとか行けよ」と心の中でつぶやいておきました(笑)。

14:30にホテルを出発して、帰りのルートはR256をR153まで走り

Dsc06880

飯田市街を抜けて県道18号へ出ようと思いましたが、ものすごい暑さのなので、市街地の走行を避け、遠回りにはなりますが三遠南信自動車道(無料区間)で天竜峡に出て

Dsc06881

この交差点を右折して川沿いに走り県道18号へ出ました。ここがこの日一番暑かった。体感温度は40℃を超えて激暑です。バイクは風を切って走りますが、ここまで暑いとあたる風はドライヤーのような熱風でスケスケメッシュも脱ぎたいくらいです。ですが、Tシャツでの走行は、都会と違っていろんな虫が飛んでいるので僕は絶対無理ですけどね。

Dsc06884

県道18号から裏道を使って高遠に戻りましたが…暑い。16時の高遠が暑いってどういう事?地球温暖化は本当に大丈夫なんでしょうか。僕が死ぬ頃は諏訪も40℃ぐらいになるんでしょうか。やっぱり長生きをしないように極力病院に行くにはやめておこう(笑)。

Dsc06887

高遠からは行きと同じく杖突峠を越えてR20で帰ります。自宅には18:00ぐらいに到着しました。茅野あたりからヒヤッとした風が吹き、富士見あたりからポツポツと雨が落ちて来ました。夕立っぽいですね…鉢巻き道路を全開で走りました(笑)。全身汗だくだったのでシャワーを浴びて、ボディーカバーをかぶせるためBOLTが冷えるのを待っていたら、とうとう雨が降ってまいりました。あぶねぇー 30分違っていたらずぶ濡れでした。この日はついていますね。ランチの時といい夕立といい…僕にしては珍しい(笑)。

BOLTのオドメーターが2200kmを超え、購入してからあっという間に1000km以上走ってしまいました。DUCATI ST4Sの時とは大違いです。100%気に入っている訳ではありませんが、このフレンドリーな感じはとても付き合いやすいと思います。ヤマハのバイク良いなぁ(笑)。振り返ってみると、僕はヤマハのバイクって縁がありませんでした。国産のバイクは何故かホンダが多かったですから。特別ファンって訳でもありませんが。

今回BOLTに乗り始めて、BOLTだけかもしれませんがヤマハのバイクは乗り易いと思いました。難しい事はわかりませんが、素直にバンクさせ易く、アクセルを開けていく時のパワーの出方もわかり易いのではないでしょうか。あまり怖さを感じません。それは不安な要素がないから…ではないでしょうか。マニアックな人にはつまらないのかもしれませんが、僕には「これならどこでも平気」って気になります。

ヤマハのバイクに興味が出てきました。SSやスポーツツアラーは今後も乗るつもりはありませんが、XJRやMT09はじっくり乗ってみたいなぁーと思う今日この頃です。でも、チェーン駆動なんですよね。ブルドック(BT1100)を、CB1100ぐらいの大きさにしたバイク出ないかな。いけると思うんだけどなぁ。CB1100同様で対象がおっさん向け…となるんだろうけど、でもそこはヤマハらしいXJR1300Cのようなお洒落な感じのネオクラッシック風で。

Contentphotobigphotoxa4_2

ヤンキー文化の日本の販売じゃダメなのかな(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »