« 岩瀬湯元温泉 湯口屋旅館 | トップページ | 再販ランクル70 5000km インプレッション  »

母畑温泉 癒しの湯 高蔵内源泉

岩瀬湯元温泉を後にして、僕らはR118で羽鳥湖方面へ向かい、R294で猪苗代湖方面へ。途中から県道9号を右折して湖沿いを走ります。

Dsc06244

この県道9号は景観が良くてステキな道なのでお勧めで、僕はこういうところをバイクで走るのがツーリングの醍醐味ではないかと思っています。コーナーリングがうんぬんより、素晴らしい景色の中を駆け抜ける方が楽しいと思います。

Dsc06255

R49を左折して、R115で磐梯山を左手に磐梯吾妻スカイライン方面へ走らせます。ダメもとでスカイラインの入り口まで行くと、偶然にも通行止めが解除されておりました。なんだか今回の旅には運があります。昨日のネズミ、天気予報は4日は雨だったにもかかわらず晴天、昨日まで通行止めだったスカイラインが解除…いつもの僕らとは思えません(笑)。

Dsc06261

日本の道100選にも選ばれる磐梯吾妻スカイラインは人生初でした。

Dsc06265

八ヶ岳の自宅周辺にはもうありませんが、まだ残雪もありました。

Dsc06270

頂上付近はライダーがたくさんいらっしゃいます。それにしても風が強くちょっと寒い。

Dsc06277


Dsc06278

ガスの発生で通行止めだったのですが、普通の時もクルマの場合は窓を閉めるのを推奨しています。ライダーは吸っても良いんでしょうか(笑)。

Dsc06279

やっぱり雑誌に載るだけはあるなぁー(笑)。ステキすぎます。

ヘアピンが多い下りをグリグリ降りると高湯温泉に出ます。福島県の中でも名高い温泉の高湯温泉ですので、入浴していく事にしました。

Dsc06282

日帰り温泉のあったか湯です。ご利用料金は250円ととてもリーズナブルです。午前中なのにそれなりに入っておりましたので、普段は結構混み合っているのではないでしょうか。泉質は、酸性が効いた硫黄系で白濁の濁り湯です。もちろん源泉かけ流しで、とても素晴らしいお湯だと思います。以前に泊まった事もある新野地温泉に似ている気もしますが。これが250円なら混んでも仕方ないですね。でも、露天の施設なので冬季はつらいかも(笑)。

お腹が空いてきましたので「福島餃子」たるものを食べに福島市街に向かい、食べログの人気店の照井 さんに着くと長い行列が…もちろんパス(笑)。向かう途中にあったこちらのお店にしました。

Dsc06287

マルタカ餃子組合さんです。福島県内で展開しているお店でした。オーダーはダブル餃子定食と

Dsc06284

ラーメンです。たしか両方とも500円台だったと思います。これまたリーズナブルです。

Dsc06285

福島市周辺では餃子を町興し的なメニューとしているみたいですが、その味はいたって一般的な餃子の味のような気が…気がします(すいません)。僕は。ラーメンも魚介系のスープですが特別な感じではありませんね。ご当地グルメを期待して入ると「なんだ普通じゃん」と思いますが、500円台でこの美味しさ、このボリュームなら満足度は高いと思います。でも、どうしてもご当地グルメを堪能したいなら並んだ方が良いでしょうね…たぶん。

続いてはR4を郡山方面へ向かい、道の駅 安達 智恵子の里 でお土産を購入しに行きました。この日はどういう訳かものすごく暑い。磐梯吾妻スカイラインのコーナーの連続とこの気温で、かなりの疲労感が出てきたので長めの休憩も取りました。ライディングポジションの改良も行ったST4Sですが、それでも基本的には前傾姿勢なので、やっぱりロングツーリングになると辛いなぁ(笑)。スポーツ系は体力がないとダメかもね…やっぱり。

R4を南下して母畑温泉に向かうのはおもしろくないので、県道62号を左折して県道40号で母畑温泉へ向かいます。

Dsc06288

県道40号は地元色がにじみ出る素朴な県道で、僕としてはお勧め度は高いのですが、いかんせん気がつくと40号から外れています(笑)。スマホで何度も確認しないといけません。それでも最近の国道沿いは大型商業施設が乱立して、どこもかしこも埼玉あたりに見えるのでこういう道を選んでしまうんですよね。

高い外気温の中(おそらく30℃近かったと思います)を熱いST4Sで、しかも前傾姿勢なのでヘロヘロな状態で到着した本日の宿はこちら

Dsc06291

お洒落な感じの母畑温泉 癒しの湯 高蔵内源泉さんです。到着は16:00でした。

Dsc06292

お部屋も昨日とはうって変わってお洒落な感じです。汗だくなので早速お風呂をいただきます。

Dsc06293

Dsc06295

母畑温泉も昨日の岩瀬湯元温泉同様で奇跡の温泉の本で紹介されている温泉で、癌患者も湯治に通うような温泉です。こちらの宿の高蔵内源泉さんは、母畑温泉郷の中の高蔵内源泉で加水・加温なしの源泉かけ流しで入浴出来ます。泉質は無色透明の無味無臭ですが、ヌルヌル感があり普通のお湯とは明らかに違います。また、ラドン温泉となっております。露天風呂もあって、こちらは温めになっているので、この日のような暑い日にはゆったりのんびり入れますが、冬季は入ってられないのではないかと思われます。

お楽しみの夕飯は部屋出しで出してもらえました。

Dsc06299

Dsc06302

ホームページには野菜ソムリエがいる宿と書いてあったので、僕は勝手に勘違いし、宿のお洒落な感じから考えても、おそらく「お洒落な野菜中心の洋食」と思っておりました。ですが、出てきましたのは少々昨日とかぶってしまう山菜が中心の和食です。こちらの食事が美味しくない訳ではありませんが、僕らは昨日も似たような感じの食事でしたから…すいません、あまり箸が進みませんでした。

Dsc06305

朝食も一般的な感じです。とても美味しくいただきました。この素晴らしい温泉に入れ、お洒落で清潔感のあるお部屋に泊まれ、野菜ソムリエが選ぶ山菜が食べれて、お一人様10000円です。かなりお得な感じです。実はホームページのプランはもっと高いのですが、福島県の観光情報サイトにRider'sナビがあり、そこに協賛しているらしくライダーは10000円で泊まれるのです。嬉しい限りです。

Dsc06320

ライダーにはこんなお土産もついてきます。また、夜半から明け方にかけて少し雨が降りましたが、宿の好意でベランダの下にバイクを停めさせていただけました。とてもライダーに優しい宿です。ライダーで温泉好きな方…お勧めです(笑)。

最終日の5日は9:00のスタートで、昨日と比べ外気温がグッと冷え八ヶ岳なみの13℃です。宿はライダーに優しいですが気温は堪えます。ルートは県道40号~県道14号でいわき湯元温泉を経由してR6へ出て、日立あたりからR245で海沿いを走って東水戸道路から高速に入り、北関東自動車道から関越道そして上信越道の下仁田I.Cで帰ります。

山間部は少々寒かったものの、海沿いに出れば17℃まであったのでもう何でもありません。

Dsc06310

福島県内製造のカフェオレを飲み、のんびり海岸線を流します。

Dsc06312

それなりに休憩を挟んで走りましたが、高速に乗る少し手前でまたもや疲れが…(笑)。ちょうど昼どきなので、日立おさかなセンターで休憩します。

Dsc06315

駐車場はいっぱいでしたがバイクだからすぐ止められます。こういう時はバイクは便利です。まぁーそれ以外は辛い乗り物ですが。

Dsc06316

レストラン等は死ぬほど混んでいたので、屋外の店でアンコウの唐揚げをいただきました。とても美味しい。2日間山菜と川魚だったからでしょうか(笑)。

13:00には高速に入り自宅には18:30着でした。走行距離はトータルで1000㎞強でした。今回は温泉にはずれがなく、おもしろいルートだったと、我ながら悦にひたっております。また今回は運も良くて、磐梯吾妻スカイラインも通行出来て、天気予報も大きくはずれて雨にも降られなく、めでたし めでたし…

ですが…僕の体力では日帰りの300~400㎞のツーリングは問題ありませんが、これだけ走ると昨年同様かなり身体がかなり辛いです。旅館ではあぐらが出来ないほど股関節が痛くなり、旅から一週間経っても腰からサロンパスがはずせません(笑)。

う~ん…事実も認めたくない気持ちもありますが、ST4Sはある程度の体力は必要なんでしょうね。年齢だけの問題でもないと思います。同じ年代でもメガスポーツ系乗っている人は少なくないですから。

当分の間、バイクには乗れないと思います(笑)。

|

« 岩瀬湯元温泉 湯口屋旅館 | トップページ | 再販ランクル70 5000km インプレッション  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした
良い旅が出来たようでなによりでした
後遺症も思い出ですね
こちらも首の痛みで難儀してましたが
結果ストレートネックでした
あれもこれも歳のせいではなく病気でしたよ
今は1時間以上走らない&ストレッチでバイク楽しんでます
無理せずバイク&車を楽しんで下さいませ~


投稿: たま | 2015年5月17日 (日) 19時50分

天気にも運にも恵まれて良いツーリングでした。

ドゥービルに対してST4Sはロングツーリングにはあまり向いていないような気がします。良いのは高速道路ぐらいで、下がスカスカだから発進には気をつかうし、乗車姿勢は前傾だし、今回は雨には降られませんでしたが雨なら故障が心配だし、バイクも熱い…などなど。

最近は密かに失敗した感が出てきています(笑)。股関節を含めた体の痛みは一週間でなんとか復旧しますが、後遺症があるのはなんか違うかなぁー…と思いググって見ると、メガスポーツやツアラー乗りはけっこうなっているみたいです(笑)。

僕は体力がないだけで病気ではありませんが、ヘタレの僕とは違い、たまさんきちんと治療をしてくださいね。

投稿: 友蔵 | 2015年5月19日 (火) 19時49分

泊りでのツーリング、イイですネ~。磐梯吾妻スカイライン 走れて良かったですね。
2泊位で行きたいのですが年一でのツーリングで終わってしまっているのが状態です。

当方も55歳間近。整形へ行けば「老化」と言われる経年劣化(ポンコツ化)を指摘されてしまいます。
夫婦で軽い頸椎症(当方5年以上前から)。取り除いた椎間板ヘルニアの少し下は狭窄症で椎間板無し。高校時代の仲間と飲めば上記症例に老眼の話。
誰もが老化は避けられないので進行を少しでも抑える様に務めないと・・・・

投稿: MAC | 2015年5月21日 (木) 02時23分

今年の夏は再び九州へ下見に行く予定なので、僕も今年はあまり乗れないかも。って言いますか、夏も熱くて乗れないんですよ(笑)。

やっぱり歳なんですかねぇ。そう言えば、最近は会社に行くのもひじょうにめんどくさいです。年齢とは関係ない気もしますが。そしてやけに疲れます。たぶん精神的な問題だと思いますが(笑)。

やっぱり一般的に「おじさんはBMW」ってのは根拠があるって事なんでしょうね(笑)。

基本的に病院行かない派なので、詳しい診断をした事はありませんが、クラッチによる左腕の痛みで整形外科に行ったら握力の問題を指摘され、僕の場合は基礎体力が劣る模様です(笑)。

投稿: 友蔵 | 2015年5月23日 (土) 05時58分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母畑温泉 癒しの湯 高蔵内源泉:

« 岩瀬湯元温泉 湯口屋旅館 | トップページ | 再販ランクル70 5000km インプレッション  »