« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

静岡市 さわやか静岡池田店

11月頭の三連休は、ティニー(我が家の愛犬)と一緒に熊野古道を歩く計画を立てて宿の予約もしたのですが、10月28日の天気予報あたりから天候が怪しくなり、キャンセルが出来るギリギリの30日の予報で完全に雨となってしまったので残念ではありましたが断念しました。

この週末の11月8日の天気予報も、週末が近づくにつれてまたもや雨の予報が出てきましたが、どうやら8日はどうにか持ちそうな予報になったので、新品タイヤにも交換したことですし出撃する事にしました。行き先は帰り道の1200m超えが僕には無理なので、11月のツーリングは毎年静岡方面にしております。今回ももちろん静岡です。

ルートは、R20から広域農道のウエスタンライン→R52をひたすら走り→R1で静岡市内のランチのお店です。

朝の気温は10℃を下回っていたものの、スタートの8:30には日差しも強く体感的には厳しい感じではありませんでした。グローブもウィンター用ではなく3シーズンのグローブでも平気でしたから。ひょっとしたら僕だけかも…いえ、長野県民なら当たり前ではないでしょうか(笑)。

新品のタイヤはよく滑ると言われておりますね。ですが、メーカー側は特別に保護材等の滑りやすいWAXみたいな物は使用していないみたいです。滑る要素となるのは、ゴム製品の製造ではどうしても表面が新品の消しゴムみたいな仕上がりになるみたいです。ですので、さらっと表面が削れれば問題はないみたいです。ですので、僕もウェスタンラインぐらいまでは丁寧に走りましたがその後はいつも通りのライディングですね。

Dsc05678

さて、この度交換しましたミシュラン パイロットロード2ですが…悔しいけど素晴らしいですね。なんで悔しいのかわかりませんが(笑)。前にも言っていますが、僕はタイヤは基本的に国産派なんですよ。クルマもバイクも。4輪のタイヤで、ミシュランタイヤを高く評価する人もいらっしゃいますが、国産より優れている部分ってどこなんでしょうかね。あくまで一般的なタイヤやスタッドレスに限ってですけど。特にスタッドレスなんて、実際の現場ではブリジストンとは大きな差があると僕は感じますけどね。そんな僕でさえ、パイロットロードはいままで履いたバイクのタイヤの中では一番良い評価となりました。

Dsc05679

まず、発進の際に変なジャダーがなくなりました。ただし、これはタイヤ交換したお店のLATEさんのチェーンの張り具合が絶妙なのかもしれませんが…または、以前のピレリはすでに経年劣化していた可能性もありますね。次に、倒しこみがなぜか楽です。うぉりゃーってのがなくなりました。そして、コーナーリング中の安定感が高いと感じます。この感想は前のタイヤのピレリと比べてです。バイクが違うと感じ方も違がったりするので一概に国産タイヤと比較するのもなんですが、バイクのタイヤでミシュランは絶賛されておりますが確かにうなずけるのではないでしょうか。ミシュランは他メーカーより明らかに抜きに出てると思います。あくまでも個人の感想ですが(笑)。これでライフが長ければ、僕はとてもお勧めです。コンパウンドが硬いと言われておりますが、これもとてもそうとは思えません。ハイグリップタイヤと言われても僕にはわからないと思います。

静岡に入る手前のR52の富士見峠もかなり気持ち良く走れました。ST4Sとの相性もばっちりではないでしょうか。R52からR1の海沿いを走る頃には外気温は20℃くらいあり暑い。ウェアにはインナーを取り付けておりますから、軽いサウナ状態で着いたお店はこちら

Dsc05690

Dsc05684

さわやか静岡池田店です。静岡県内でチェーン展開しているレストランです。ハンバーグが目玉商品です。12:00ちょうどに着いたのですが…うぉおおお…並んでおります。都内近郊ではないのでファミレスで並ぶとは思いませんでしたからセカンドプランは全く考えておりません。店員から20分ぐらいと言われたので並びました。騒がしい店内、そして何故か焼肉屋さんのごとく煙が充満…僕がかなり苦手なイオンのフードコートに雰囲気が似ており、かなりイライラしながら待ちました。ジャスト20分で案内され、オーダーしたのはこちら

Dsc05683

Dsc05685

Dsc05687

創業価格フェアのおにぎり倶楽部でございます。

フードコートの雰囲気なのに接客はかなり丁寧で少し印象が変わり、さらに食べてビックリで、めちゃめちゃ美味しいじゃないですか。待っている時は、外した感に満ち溢れておりましたが、ここまで印象が変わるお店は初めてです(笑)。具体的には、こだわったオージービーフ100%のハンバーグを炭火で焼いており、これのお味が肉肉しくてまるでソーセージみたいでひじょうにデリシャス。オニオンソースとデミグラソースの両方でお願いしましたが、デミグラは残念な事に安っぽい感じなので、個人的にはオニオンソースがお勧めです。これだけ美味しいのに、お値段はとてもリーズナブルな設定です。☆4つ…満点ではないなぁ。大型チェーンのファミレスと比べれば確かに美味しいですが、高いこだわりのお店からみると今一歩。店の作りも煙が気になり今一歩。最後は、静岡まで来てハンバーグか?で今一歩。実は、僕も静岡=魚料理でなかなか行きませんでしたから(笑)。

11月になると日が沈むのも早く16:30には暗くなるので、足を延ばさず日本平パークウェイを走り、三保ほごろも温泉に向かいます。

Dsc05693

日本平パークウェイは人生初でございましたが、なかなかステキな道路ではないでしょうか。伊豆の道を思い出しますね。

Dsc05698

Dsc05700

パークウェイを下り着いた温泉はこちら

三保ほごろも温泉の三保園ホテルさんです。昭和のリゾートホテルを感じさせるステキなホテルです。

Dsc05715

館内もゲームセンターが昭和を感じさせ、なんとも懐かしい雰囲気で、大浴場もとってもスタンダードな作りです。

Dsc05702

一部源泉掛け流しのお湯は無色透明で、海が近いのもあって「海水そのまんまじゃないの?」と思わせるくらいの強烈な塩分の効いた塩系の温泉です。でも海水ではありません。上がった後はベタづかずサラッとしておりますから。また、塩系のお湯は、たいてい皮膚疾患に効果ありと書いてありますし、海水はアトピーに良いとも言われておりますので、お肌が弱い僕にはピッタリでした。料金は600円とホテルにしては良心的なプライス。ホテルのお風呂ですから清潔感もバッチリ。いままでは海系の温泉は、焼津の黒潮温泉まで行っていましたが今度からこちらにしちゃいます。お奨めです。

さて、帰り道です。スタート時間は、さわやかで並んだり、日本平のお土産屋さんをぶらついていたのもあり15:40になってしまいました。順調に行けば18:00ちょいすぎ…なはずでした。帰りは気温も下がってくるので、標高のあるウエスタンラインを避けてR52と市街地をゴニョゴニョ抜けるのですが、R52に強烈な車両が多く(笑)時間がかかってしまい、我が家到着は19:00でした。久々にクラッチも辛くなりました。我慢できる程度でしたが。

Dsc05716

いままでスモークシールドで夜間走行していましたが、やはりこれには無理がありました。今回は純正シールドを持参して途中で交換しましたが、今更ですが見えるって大事ですね(笑)。しかし、アライのヘルメットのシールド交換は簡単に脱着ができないですね。慣れの問題でしょうか。このシールドの問題があって、フルフェイスのサンバイザー付きの購入を考えましたが、オープンフェイスに慣れるとフルフェイスの視界の狭さが嫌になっちゃうんですよね。オープンフェイスでサンバイザー付きもありますが、日中の日差しのカットはやはり顔全体に欲しいです。しばらくは指が痛くなりながら、イライラしながら頑張りますか(笑)。

家の付近の外気温はおそらく10℃以下だったと思います。ですが、フルカウルのバイクだからなのか、ジャケットにインナー着けて、下は暖パン(しかも韮崎のマックハウスの安物)1枚で帰ってきました。暖パン…すげぇーです。そりゃー全く寒さを感じない訳ではありませんが我慢できるレベルでした。

僕はいままで「バイクの季節は夏だろう」と信じてきましたが、ST4Sの夏は股が熱いのでむしろ秋冬のが快適ではないか…と思うようになってきました。エンジンもなんだか冬のが調子が良い感じもします。そうか!バイクはウィンタースポーツだったのか(笑)。新たなバイクの魅力に気づきました。が…もうすぐ雪です(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »