« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

須坂市 ホームラン軒

9月23日天気予報は晴れ。我が家の8:00の外気温は10℃強。収穫の秋なので実家にぶどうの一つでも贈ろうかと思い信州中野まで行こうかな…といった理由をつけて、久々にバイクの乗ろうと思い立ちました。まぁーバイクで走りたい病が我慢出来ない訳ですね(笑)。左手は相変わらずのままなんですが。

ハンドル位置が遠いのが災いして腕に痛みが出るため少し手前にするべく出発前にチャレンジしてみましたが、DUCATIっていうメーカーはハンドルやレーバーの微調整が全く出来ないんですね。手前に若干絞ろうかと思いましたが、ピンで位置を固定しているので出来ませんでした。オーナーの体格に合わせて微調整って思想は全くないのでしょうね。親切な日本のメーカーとは大きく違います。DUCATIに身体を合わせろ…って事でしょうか(笑)。

スタートは外気温の関係(要するに寒いから)で9:00です。それでも15℃あるかないかです。ルートは、八ヶ岳エコーライン→R152(大門街道)→県道40号→県道4号→R144→R406で須坂市内に入り、ランチは須坂駅付近のショッピングセンターの中です。

ハードの部分のポジションの変更が出来なかったので、ソフトの部分(乗り方ですね)の変更をチャレンジいたしました。一つ目がクラッチレバーの位置を3番から2番へ変更し、一段とキレを良くして1速でも深く握りこむのを止める。二つ目に握っている時間を極力減らすためすり抜けは止める。三つ目は前傾姿勢の維持のライディングは首の負担が大きいため極力身体を起こした姿勢で市街地は走る。四つ目に姿勢維持に対する体力的な問題から二時間以上の連続運転はしない。特に前の三つに重点を置きました。

この日は飛び石の休日だからか交通量が少なく、特に僕の天敵の都会ナンバーのノロノロ運転ドライバーがいなくてひじょうに走りやすい一日でした。外気温も白樺湖と女神湖付近は厳しかったものの、その後は一年を通しても中々ないバイク日和となりました。

この日バイクに乗りたかったのはもう一つ理由があります。那須のアウトレットで購入したBOSCO MOTOの激安ウェアを着たかったのです。

Dsc05515

Dsc05516_2

モデルが不細工で申し訳ないのですが、このウェアはBOSCO MOTOのブランドの中のWEST COAST CHOPPERSっていうアメリカ向けのウェアで、本当はハーレーかなんかが似合うんだと思いますが、ケバケバしいデザインでもありませんので気に入って購入しました。お値段は定価50000円ぐらいのが12000円ぐらいでした。サイズはXSです(笑)。だから売れ残ったのではないしょうか。ビジュアル的にはステキですが、機能的には持っていたダサいラフ&ロードの足元にも及びません。防風性も防寒性も。余談ではございますが、最近コスプレハーレー軍団を見かけませんが、流行が終わったのでしょうか?(笑)。もしかしたら八ヶ岳だからでしょうか(コーナーが多いから)。大きなお世話だと思いますが個人的には終わって良かったと思いますよ。旧車會の方に類似したものがありましたから。

12:00ちょい過ぎに着いたランチのお店はこちら

Dsc05521

閑散としたショッピングセンターの中にあります。ホームラン軒さんです。

オーダーしたのはこちら

Dsc05520

Dsc05519

チャーシューメン850円とラーメン700円です。東京にあるホームラン軒とはおそらく関連性はないと思います。詳しくは知りませんが。お味の方はと言いますと、僕はラーメン通ではありませんから、小難しい事は全くわかりませんがかなり美味しいと思います。流行りのあいだみつを風の文字が書いてある感じのお店ではなく、絶滅しつつある古典的なラーメン屋ですがスープはトンコツ系で、個人的に苦手な背油とかは入っていなせんし臭味もあまりなく、麵はちょい硬めと悪く言えばカップラーメン風な感じですが僕は好きなタイプです。しかも、けっこうなボリュームもあります。☆4つ…ですか。チャーシューは、脂身が入っていなく昔のラーメン屋で出てくるような感じなので、そこは流行りのあいだみつを風のお店のが美味しいと個人的には思います。それと甲信地方にお住いなら、ツーリングがてら行ってもよいか…というよりおすすめですが、他地域でしたらわざわざ須坂でラーメンはないですよね(笑)。

この後は、ここからほど近い山田温泉へ県道54号と66号を走って向かいます。

Dsc05523

Dsc05524

Dsc05525

こちらの大湯(共同浴場)にはこれで3回目ですが、何回入っても素晴らしいお湯です。少々あついのが難点ですが。

Dsc05527

Dsc05528

Dsc05530

色は無色ですが、ほのかに硫黄の香りが漂い、湯の花が舞う温泉らしいお湯です。この大湯にはシャンプーとかボディーソープなんてものはなく、シャワーどころか水道の蛇口さえありません。清潔感はありますが、日帰り施設のような感じを期待する方には向きません。ご利用料金は300円。温泉好きで熱い湯を好む方にお勧めです。

最後は、実家にぶどうを贈るため中野市街のJAの産直に向かいます。一応これが目的なので。

Dsc05537

なんで勝沼でなくて信州中野なのかと言いますと、家からの走りがつまんないし、温泉がないから(笑)…ってのもありますが、勝沼周辺は行けばわかりますが観光農園が多く若干割高なような…ような気がするだけかもしれませんがそんな気がします。正確に比較した事はありませんが。

帰りは、信州中野I.Cから須坂長野東I.Cまで長野自動車道に乗り、行きと同じR406の菅平を経由してR144から県道4号、R152の大門街道でいつものエコーラインで帰ります。到着は18:20でした。8月を過ぎた頃から日も短くなりますので、帰宅時間の目安は18:00に設定しています。都会と違って田舎の夜間走行は本当に真っ暗なので危ないですから。特にバイクは。

Dsc05539

冒頭に書きましたソフトな部分のチャレンジをした訳なんですが、結果から報告しますといままでのツーリングした中で一番辛くありませんでした。クラッチに関しては、握っている時間が長ければ長いほど、連続すれば連続するほど耐え切れなくなり(おそらく一日に握る回数ではないと思います)最終的に握れなくなると思われます。ですから市街地の走行はシフトチェンジをなるべく控え、停止寸前までクラッチを握らないようにし、信号は青になるまでクラッチを握らない…このくらい徹底しないとダメみたいです。僕は。なので、よほどの事がない限りすり抜けをする事が出来なくなりました(笑)。あくまでも僕は。

次に前傾姿勢の問題ですが、これはクラッチほどの効果は得られませんでした。スピードが乗らない市街地はほぼ片手走行し、手が届く範囲で身体を起こし気味で頑張りましたが…うーん、これは今一歩効果がありませんでしたね。それでも今までよりは少しマシかなぁーぐらいです。前傾姿勢は確かに辛い事は辛いのですが、それとは裏腹に前輪に荷重がかかるのでコーナーは曲がり易いと思います。KTM990SMTに試乗した時は姿勢は楽でしたが、二輪車というより後輪主体の一輪車って感じがしてしまいましたし、スポスタ883も後輪で曲げていく感じがしました。883はフロントのブレーキも弱いですし。クルマみたいに簡単にハンドルの高さが変更出来れば良いのに(笑)。

以前乗っていたホンダのドゥービルは、気軽さ、製品の完成度の高さ、そこそこの走り、楽チンな姿勢の乗車と操作性、そこそこの積載性、メンテナンスフリーのシャフトドライブ、タンデム性の良さで、2年半で18000kmも走ってしまいました。車重とデザインとパワー不足は気になりましたが。乗っているうちに「バイクは趣味の乗り物だから、もう少しスポーツ寄りで、パワーがあって、ビジュアルがステキなのが欲しい」に火がついて今回のST4Sの購入に至った訳なんです。

しかし、僕はただでさえ体力がないところに加齢と共に体力の衰えがあり、走らせるにはいろいろめんどくさい制約が多く、消耗パーツも多いうえに耐久性も低い、製品としても完成度はかなり低いし、これまた古い。おまけに何かとお値段が高い(笑)。結果 、そろそろ一周年を向かえますが約4000km。まぁー今年は天候も良くありませんでしたが。

ドゥービルの購入がきっかけで、なんとなく自分自身がライダー色が強くなってしまったような気がしますが、振り返って考えて見ればそもそも僕はそこまでの本格派ではありません。今でももっと気楽なウェアで走りたいし、第三者より速く走りたいとも思いませんし、ツーリングの目的もランチと温泉ですから。ST4Sみたいなバイクは猫に小判だったかもしれませんね。

やっぱり気楽なバイクを考えますか…でもなぁー(笑)。そう思っても、しばらくするともの足りなかったりするんですよねぇー。帯に短し襷に長し…ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

那須高原へ

雨の多い週末が続いていますね。お陰さまで最後にバイクに乗ったのはいつだったか忘れてしまうぐらいバイクはご無沙汰しております。そして気がついたら八ヶ岳は夏が終わっていて、秋が深まっており朝は15℃まで冷え込むようになってきました。このペースで行くとバイクのシーズン終了も早まりそうな予感がします。

9月の13日からの三連休は天気予報も晴れの予報が出ていましたので、久々にバイクでも…と行きたいところですが、この三連休はティニー(犬です)と一緒に那須へ旅行に行く約束をしていたので、またもやバイクは乗りません(笑)。

絶好のバイク日和の中、9:00出発で那須高原へ向かいます。ルートは、R141から佐久穂の市街をゴニョゴニョと抜けて、R254で内山峠を走り、下仁田I.Cから上信越道に乗り、北関東自動車道に出て佐野田沼I.Cで降ります。

Dsc05476

冒頭で「バイク日和だ」と言いましたが、実は野辺山はかなり冷え込んでおり、グラプンの外気温計は12℃。たくさんのバイクが走っておりましたが、街との温度差がかなりあるからだと思いますがライダーはけっこうな薄着に見えました。大きなお世話ではございますが寒かったのではないでしょうか(笑)。

長野県は寒くても群馬県に入ると外気温は瞬く間に上昇し、あっという間に25℃。この次期のバイクのウェアの選択は難しいですよね。まぁー僕は今回クルマですから、エアコンボタンを押すだけで何も問題ありませんが。

ちょうど12:00ぐらいに佐野市街に入いる事が出来、ランチは有名な佐野ラーメンにいたします。有名店は連休なので混雑が予想されるので、ちょっとマイナーな感じのこちらのお店にいたしました。

大和さんです。オーダーはこちら

Dsc05481

Dsc05478

Dsc05479

チャーシューメン780円とラーメン580円です。

今から20年ぐらい前に一度だけ佐野ラーメンを食べた事があり、当時は衝撃的に美味しかった思い出があり、今回もわざわざ高速を降りてまで立ち寄りましたが、やはり美味しい。今思うと若干喜多方ラーメンに似ている様な気もしますが。手打ちで作る麵は、一般的ラーメンとは違い太麵でモチモチ感抜群でとても美味しく、スープも一見薄味に見えますが意外にも濃厚で麵によく合うと思います。僕は、ラーメン通ではございませんのであくまでも素人はそう思うだけです(笑)。☆は4つ。わざわざ行っても良いのではないでしょうか。東京からならそんなに遠くないですし。満点にしなかったのは、有名店はひょっとしたらもっと美味しいかもしれませんので。

ここから那須へ向かうには、単純にもう一度高速に乗ればいいのですが、せっかくなのでR50とR4で向かいます。R4のバイパスは「ここはアメリカか?」と思うくらいの片側3車線でスピードが出ます。流れている速度は「フランスか?」と思わせる速度で一気に宇都宮あたりまで行きますが、その先のR4は混雑が予想されるので県道63号へ迂回します。ですが、これが全然ダメで、流れが遅く無駄に時間がかかるので、結局上河内S.Aから東北自動車道に入り、西那須野塩原I.Cで降りて千本松牧場へ立ち寄ります。

Dsc05482

Dsc05483

牧場と言えばソフトクリームですよね。ティニーと一緒にペロペロして、ブラブラ散歩してから本日のお宿にに向かいます。宿はここからはほど近く、県道30号を那須方面に向かい、那須サファリパークの近くのこちら

Dsc05500

高原の月 さんです。ワンちゃんOKの宿で、なんと温泉宿となっております。ワンちゃんOK宿はだいたいペンションが多くこちらもペンションです。ただし、ワンちゃんOK宿に共通して言えるのは若干清潔感が…(笑)。バイクではないのでたいして疲れていませんが、とりあえず温泉に浸かって疲れをとります。

Dsc05489

透明で無味無臭で特徴の薄い、循環しているのかかけ流しなのかわからないお湯ですが、柔らかいタッチでお肌にやさしい良いお湯です。那須だから勝手に硫黄系だと思っておりましてちょっとガッカリ感がありましたが、これはこれでステキなお湯だと思います。

Dsc05490

いつもならお食事のご紹介をするのですがそこは割愛させていただきます。えっ?なんで?そこは聞かないで察してください(笑)。ティニーとの写真を撮ってくれたり、写真を加工したランチョンマットを作ってくれたりとワンちゃんとの思い出作りをしてくれる楽しい宿なんですけど…そこだけは「もっと努力しましょう」だと思います。どういう訳か口コミは良いのですが。

Dsc05509_2

次の日は、ティニーと一緒に那須の思い出作りをと思い、那須ロープウェイに向かったところ…とっても混雑…まぁー山に登るわけでもないのでパス(笑)。

Dsc05503

続いてマイナーなつつじ吊橋を見学し、そこから殺生岩と温泉神社まで630mの案内の看板が出ていたので「温泉神社の駐車場は混んでいたから散歩がてらティニーと歩こう」と気軽に歩き始めましたが…これ、ほぼ登山でした(笑)。体力派ではない僕と妻とティニーは、当然のごとくヘロヘロになりながらの散歩となりました(特に戻る時のの登り)。クルマで行く事を強くおすすめします。

Dsc05504

Dsc05505

Dsc05506

ものすごく疲れたので休憩とランチを兼ねて、メジャーな南が丘牧場に向かいます。が、駐車場が満杯で停められません。めんどくさいので(ティニーごめんね)、宿泊したペンションの近くのベーカリー&カフェのペニーレインさんでランチです。店内にビートルズナンバーが流れているステキなお店です。

Dsc05493

Dsc05495

写真がなくて申し訳ありませんが、こちらのパンはめちゃめちゃ美味しいです。一般的なのは普通な味ですが、ブルーチーズとクルミが入ったパンはかなり好みでございました。写真は朝のティニーの散歩時で、営業時間はとっても混みあっておりますので、こんな写真は撮れません。

最後は、アウトレットの散策にまいります。妻と二人で激安品を探していたら、僕がわりと愛用していますBOSCO MOTOのアウトレット店でウィンター向けの激安ウェアを発見。衝動買いをしてしまいました。寄って良かったよ。ティニーありがとう。もちろん妻も。

Dsc05508

15:00ぐらいに那須を出ようと計画していましたが、結局出発したのは16:00。帰りは高速をフルに使い、夕飯を取ってから帰宅しましたので到着は21:00です。

以前、田舎暮らし考察 3の記事でティニーの紹介をしましたが、ティニーとは里親募集のサイトで出会って一緒に生活をするようになりました。ティニーは生まれながらにして、悲惨で過酷な生活を余儀なくされ、そして救助され、ボランティアの方々の家を転々とし我が家に来ました。我が家に来た時は、僕らのささいな行動にもビビったり、怯えて震えてしまっておりましたティニーも、今はそんな生い立ちだったとは思えない普通の犬になりました。これが絆って奴でしょうか(笑)。ちなみに僕らには犬を手懐ける心得などは一切なく、何か教える事などは全く出来ませんのでお間違えなく。普通に生活していただけなので(笑)。

話が変わって、ここのところバイクはご無沙汰しております。雨天が続いたからというのもありますが、左手の痛みと前傾ポジションが辛いってのもあります。

GWのロングツーリングから左腕に痛みが酷く整形外科で診察してもらったら、どうやら僕は首に問題があるようで、前傾で顔をあげると腕に痛みが出るそうです。以来枕の使用を止めたり、シートのアンコ抜くなどの対策をしましたが、多少軽減はされたもののツーリングで前傾を続けるとやはり痛い。身長が低いのでハンドルが遠いのもあるかと思います。それから、左手の親指と中指と薬指が、痛みに耐えながらのクラッチワークでとうとう痛みが取れなくなってしまいました。握力の平均値が45-49歳で47kgらしいのですが、僕は整形外科で計ったところ、右37kg左38kgです。一般男性からは大幅に下回っております。たぶん、これが要因なんでしょうね。

バイクに乗るとは辛い事なんだ!というのもわからないわけでもありません。クルマの運転のが全然楽ですから。しかし…なぁ(笑)。ST4Sがステキなバイクなのは間違えありません。気に入っているのも事実。ですが、一定の体力が必要なのが現実かなと最近は思います。

前傾姿勢を保つには背筋と腹筋とニーグリップだと思いますが、僕は若い時から体力派なタイプではない上に、47歳のいう年齢ですので、全行程3時間ぐらいなら問題ありませんがそれ以上は辛いだけになっちゃうんですよね。ディアルパーパスに人気があるのはここじゃないでしょうか。以前試乗したKTM990SMTは、足は全く届かなかった(笑)ものの、ライディングポジションは自然な感じでしたから。バイクのフィーリングといいますか乗り味は、僕はST4Sのがタイプなんですが。

「バイクは趣味のものだから」で実用的なドゥービルから乗り換えましたが、市街地を避け、暑い日を避け、整形外科に行くくらい身体を酷使し…っていうのは、ちょっと違うかなぁーと思い自問自答している今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »