« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

クルマの買い替え 1

いまさらなんですが「あけましておめでとうございます」。時間が経過すれば必ず来るので、たいしておめでたいとは個人的には感じませんが(笑)。

不景気と言われ始めて約20年が経過し、昨年に至っては大手家電メーカーのP社を筆頭に日本の製造業にとっては瀕死の重体となりました。僕の現在の勤め先も御多分に漏れることなく瀕死の重体で生産量はすでにリーマンショックを軽々超えています(笑)。昨年、自民党が選挙で圧勝し安倍総理のマイルドなインフレで大幅な景気回復となれば良いのですが…。

それにしても民主党政権は酷い内容でしたので、再度「ものづくりの日本」に戻りましょう。マイルドなインフレと共に(笑)。

暮れのボーナスも散々な内容にもかかわらず、いまだサンダル(現在使用中の軽のキャロルです)からの脱出を計画中です。購入の時は、大半が通勤だから移動できればなんでもいいし、遠くに出かけても実家だし、なおかつ燃費が良いのが…で今回のキャロルを購入いたしましたが、一年半で現在23000km走った感想は、例えて言うならワンルームの賃貸アパートと同じで始めはなんともないですが時間が経つと共に効いてきます(笑)。狭い空間と安っぽいインテリア、非力なエンジンと安っぽいうるさいエンジン音(日本での走行には何も問題ありません)、素晴らしいロードノイズとぴょこぴょこした足回り、ダントツ最低なのは自動車用とは思えないシートです。ワンルームの賃貸も同じで「寝に帰るだけだから」で借りるわけですが、僕は半年しかもたなかった記録を持っております。まぁーこれは僕個人的な問題ですよね(笑)。世の中にはワンルームも軽もなんともない人はワンサカおりますから。

そんな訳で検討の車種の第一候補は、アルファロメオ156 V6 2.5 2003年式 6MT ODO3万Km ワンオーナー 禁煙車を問い合わせしたのですが…僕には残念ながら無理でした(笑)。僕の中古車の見立ては前オーナーの取り扱い方がすべてなんです。走行距離とか修復歴じゃなく「どういう人がどのようなシュチエーションで乗っていたか」なんです。これをキズや汚れでプロファイリングしながら僕は検討するんです(笑)。

今回のは、アルファなのに赤ではなくシルバーを選び、名機のショートストローク&ビックボアのV6の2.5を選び、さらに6MT。しかも約10年も持っている…マニアが保有していた一台と思った訳です。ところが、販売店にしつこく質問し(遠方なので)気になる傷等があれば写真を添付してメールするように要請し拝見したところ…まぁなんと言いますか…少なくても僕レベルのマニアが保有していた状態ではありませんでした。そういう人が長年乗ってきたクルマが良い状態な訳ありません。そもそも変態はクルマにキズなんかつけませんから(笑)。つけてもすぐ直します。だってクルマが何より大事ですから。

デルタは妻に却下されたし、156も他はいい条件ではないなぁー…じゃー何にしようかな?…と考えていて気がつきました。買える範囲ではあまり欲しいクルマがない(笑)。要するに妥協して選んでる訳ですね。ベンツのW202を乗ったところで、とりあえずは乗りたかったメーカーはフェラーリとランチアを除いて達成しております。検討したアルファのV6だって、どうせならフェラーリの方が良いに決まっています(笑)。それから、外車は誰が何と言おうが「身体の弱い子」なんです。常に体調管理に気をつけていなければなりません。ちょっと気が緩めば即入院です。日本のメーカーなら真冬にTシャツに短パンでも風邪さえひきません。この差は大きい。

僕は、「クルマはデザイン、雰囲気、走りの順で乗るもの」という信条を持っておりますが、確かにデザインならアルファやシトロエンが(僕の主観で)、走りならベンツやBMWが…となるのでしょうが、信頼性は真逆で、日本車メーカー、ドイツ車、イタリア・フランス車じゃないでしょうか。

Dsc02588

我が家の冬はトップシーズンでこの保管状況です。見ての通り身体の弱い子では乗り切れないのです。金銭的に余裕があり数台保有出来てガレージがあれば別ですが、デルタ以外どうしても欲しい訳でもないのと、清貧な生活ですので、信条を崩し国産車の検討に入ります。そうです。実用性&耐久性重視で行きます。ガツガツ一生懸命働く気もないので(笑)。

国産車となると一段とどうでも良くなりますが(笑)それでもワンルームよりは全然マシ。僕なりの検討に入ります。今回は条件がいくつかあります。
まず駆動方式はFFですね。ベンツの時に根性でFRに乗りましたが、スタッドレスタイヤでは走る路面を選びます…いや走れない路面があります。4WDは、そりゃあー一番良いに決まっていますが、年に何回しかないのに通年50kg以上のウエイトつけての走行ってどうなの?と思う訳です。また、ドライブフィールを損なうクルマが多いです。
肝心なボディサイズはDセグメント以上です。えっ 流行りのミニバン? SUV?完全に選択肢にありません(笑)。僕にとってクルマは走っての評価が大事で、荷物が積めるとか、7人乗れるとか、アウトドアの雰囲気とかは要りません。
そして、僕はスポーツモデルの次に好きなのが高級車です。理由は、高いだけあってお上品な乗り心地だから(笑)。まぁーそれもありますが、生産する工程はコンパクトと高級車でも工数に大きな差がないのです。じゃー値段差はなんだ?メーカーの取分か?それもあると思いますが、大きくは材質の差やロットの差だと思っております。なので、新車で国産の高級車を買えませんが、中古車の、さらに人気のないモデルは、かなりのお買い得ではないでしょうか(笑)。今回はデザインは無視(笑)です。実用性&耐久性及びボディサイズ重視ですから。

車種はだいたい絞っておりますがまだ内緒です(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »