« クルマへのこだわり…再び | トップページ | 長野市 アルデンテ »

福井県 佐野温泉

例年、夏の長期休暇は2泊以上の長旅に出るのですが、昨年、義母が他界して今年は初盆ですので、今年は休暇の前半は妻の実家で過ごし、天候によっては後半にブラっとバイクで出かけようと…まぁー例年と違い計画を立てないようにしておりました。

クルマの購入で妻と冷戦(笑)状態(はっきり言って無意味だと思いますが機嫌が悪くなります)だった事もあり、後半は天気が良ければ1人で出かけよう…と思っていたら、後半は天気予報が晴れじゃないですか。じゃー折角だからと妻に打診をすると「行きたい」との返事なので、僕も今後の事(クルマの購入ですね)もあるので、ゴマすって良い温泉を…(笑)。

今年は1泊でバイクだから、日中は標高が高い(涼しい)コースで考え、高山経由で奇跡の温泉にも掲載されている福井の佐野温泉なんかがベストだなぁ。でも3日前だから予約が…「一階の一部屋が空いてます」なんか引っかかる言い方だなぁ。「一階だと何かあるんですか?」と僕。「いや別に…特には」…なんかちょっと怪しい…でも良いか。泉質は良いだろうから(笑)。

ところが、当初、「お盆休みの前半は天気が前線の影響で不安定で雨、後半は晴れて暑い日となる」と天気予報であれほど断言したくせに、事実は前半が晴れ、旅行の14日は雨、15日も雨…あ然です(笑)。さすがにこれはないんじゃないの?しかも、予報が変わったのは前日。これなら誰でも出来るよ(笑)。税金使った最新鋭の設備はなんなんでしょうか。本当に無駄遣いを止めてから消費税を検討して欲しいよ。

14日の朝…くやしい事に見事に最新鋭の機械のおかげで予報があたりザンザン降り。予報では、午後は曇りとなっているがかなり怪しい…やっぱりキャロルで(笑)。いくらなんでも家を出るときから雨具はないでしょ(笑)。

ルートは、高速使って伊那I.Cまで、そこからR361の権兵衛トンネルを使って木曽へ、同じくR361の木曽街道で高山でランチです。

最新鋭の予報通り大雨です(笑)キャロルで良かった。僕は、何故か安房トンネルを抜ける上高地回りが苦手で、今回はこちらから入ります。このキャロル、「軽じゃ登りがたいへんじゃない?」なんてよく言われますが、僕のは5速MTなのであまり苦になりません。一般の人が、一般的なクルマで、常識的なスピードで走る限り、遅れてしまう事は一度もありません。むしろ追いついてしまう場合がほとんどです。しかも、特別に高回転域も多用しませんし、半クラも全く使いません。Egが3500rpmで最大トルクを発生させるので、それにギアを上手く合わせるだけです。とは言ってもタコメーターはありませんが(笑)。しかも出だしはノロいですが(笑)。おまけに、かなりシートを前に出さないと身体が安定しませんが。ですが、さらに素晴らしいのが茨城の取手でガソリン入れて、僕の家&伊那&高山&福井&加賀まで無給油で走ります。

高山で目的のお店はこちら。しかも予報通り雨が上がってます。

1129

甚五郎ラーメンさんです。基本…と言いますか、本当に貧乏生活なので飛騨牛はありません(笑)。昔、ラリーをやっていた頃、ドライブインで高山ラーメンをいただきましたが、これが昔の海の家を彷彿させる味でした。その印象を拭うためにも人気のお店でいただきたい訳です。ちなみに食ログで検索するとトップではございません。ですが、トップクラスはほとんどが駅周辺でクルマを停めるのが難しそうなので、駐車場を設けてあるこちらを選択です…が、僕らは11時40分着でしたが、すでに満車&お店の前にも列が…(笑)。どうしたか…は書けないので上手く駐車場を確保して並んでください(笑)。

オーダーはこちら

1131

僕がチャーシュー麺で850円。妻はこちら

1132

甚五郎らーめん 650円。チャーシューが多いか少ないかの差です。お味はと言いますと、流行のラーメンの刺激的な味ではありませんが美味しいです。僕は、最近この手のラーメンをよく食べるようになりましたが、その中でも美味しいと思います。専門家ではないので、何が入っているとかはさっぱりわかりませんが(笑)、若干甘めなスープに細い麺が合っていて素晴らしいです。この手のラーメンの場合は、チャーシューが固めなのが多いですが、ここのは流行ラーメンのように柔らかくて激ウマです。ただし、飯田のラーメンと違って量は少ないです。☆5つの満点です。本当の高山ラーメンは美味しいです。

ここからは、R156で荘川、ひるがの高原を抜け(またもや大雨)、R158九頭竜湖をかすめて福井で出ます。

1136

結果としてバイクは僕ら2人にとって無理だったと思います(いや確実に)。上がる時もありましたが、山の中は路面も濡れていますから、どちらにしても気持ちよい走りは期待出来ませんでした。でもルートは夏のバイクにはなかなかだと思いますよ。気温も雨だから参考にはなりませんが標高が高い所で20℃ちょっと、低めでも25℃でしたから。晴れていればなぁ~。残念です…やっぱり。

1139

到着した旅館はこちら

1141

佐野温泉です。見た感じから…ちょっとヤバい(人によります)雰囲気をかもし出しております。案内された部屋は1階の…カラオケ全開のラウンジに近い衝撃の素晴らしいお部屋でございました(嫌な予感はこれだったのか…)。僕は、奇跡の温泉のイメージで、湯治客が賑わう温泉重視の細々と運営している施設と勝手に想像していました。ちょっとガッカリ。

しかし、奇跡の温泉で取り上げられているだけあって泉質はとても良いですよ。僕は、単純だから、湯の華が舞っていたり硫黄臭があると温泉だなぁと…効能は全く関係なくそれだけで満足ですが、こちらはパッと見は普通のお湯で、しかも源泉熱いと、わりと僕が苦手な分野なんですが、お湯にサッパリ感があり、後になるとお肌スベスベです。飲泉も可能で胃腸にたいへん効果的だそうです。僕らの宿泊したのは旅館で、向かいには湯治館もあったりします。

1148

温泉は良いですよ。ただ、日帰り入浴の方と同じお風呂です。これが、地元の年寄りと一緒なら理解出来ますが、普段から見受けられるのですが、若い今どきの青年が入ってくるんですよ…しかも4~5人で。しかも得意の連帯行動で(笑)。洗う時も一緒なのが更に笑いをそそります。時代が僕らと違うのかも知れませんが、若者よ、それ楽しいですか?(笑)。まぁー少なくても僕は単独行動派で個人主義者ですから、全く理解不能です。温泉を堪能するのは(それでもかなりジジイ的な趣味だと思いますが)OKですが、それなら1人で行けよ。でもって、温泉旅館の日帰りなんかじゃなく、仲間と行きたいならスーパー銭湯とか行けよ…と個人的には思いますけどね。

楽しみな夕飯はこちら

1143

こちらも若干衝撃な感じ(笑)。まぁー安いですから。温泉も良いですから。朝食はこちら

1154_2

皆さんがご想像する通りです(笑)。でも、見た目よりは…美味しいですよ。特に魚が(それしかありませんが)。僕は魚全般が好きではありませんが、苦手なブリ照りも美味しいと思います。

1144

この旅館のすぐ近くにある蔵の地酒も飲めます。日本酒独特の臭みは全くなく飲み易いと思います。個人的には、もう少しコクがあって酸味が少ない方がタイプです。

夜は、もう一度湯船に浸かり、素晴らしい歌声と共に就寝です。でも、さすが元都会人です。何も気にならなく意識を失っておりました(笑)。

料金は冷酒2本飲んで2人で17000円。お盆でですよ。かなりロープライスです…ですが…ですが…僕もお上品ではありませんし下町の出身ですが…これ以上は書けませんが、リピートは完全にありません(もうしわけない)。

15日の朝は、これも何故か予報通り晴れ。あたる時はあたるのか…これがあるから当てずっぽうとまでいかないんでしょう(でも当てずっぽうでも50%はあたります)。本日は、加賀温泉の山代温泉を回って、高速を使って砺波I.Cまで行き、R471&R472を走り高山に出て、安房トンネル&上高地経由、さらにグリーン街道で塩尻I.Cで乗って帰宅です。

加賀温泉…しかも開湯1300年の歴史を持つ山代温泉。住んでいるところから行ってもナイスな位置にありますがなにせ高い。宿泊で最低でも御一人様15000円は覚悟しなければなりません。なので、僕らの足が遠のいておりました。ですので、将来的にも見込み薄ですから、ついでにと言う訳で古総湯(共同湯)に立ち寄りです。

1160

1162

料金は500円。石鹸・シャンプーは使用禁止です。使いたい方は向かいにも施設があります。ただ浸かるだけです。本日の僕らにはピッタリな訳です。こちらは、施設は新しいですが、明治時代の共同湯をモチーフとして再現してます。タイルは九谷焼きです(って書いてあったと思います)。泉質は無色透明で佐野温泉と同じくパッと見は普通のお湯です。しかも同じく熱いです。泉質は違うと思いますが、同じくお肌スベスベです。

1164

2階では、冷たいお水をいただきながら休憩できます。道後温泉に似ています。昔はどちらでもあったんでしょう。それにしても汗がなかなか引きません。なので

1167

1169 

近くの平松牧場へ行き、更なる涼を求め、小さな趣味の一つのソフトクリームをいただきます。

1168

これは美味ですよ。歴代の探訪の中でもトップクラスです(何処で食べたかすぐ忘れますが)。牛乳主体の味で、しかもあっさりの中にもコクがあります。でも、本当はジェラートが有名なお店です。

ここからは、高速で移動して砺波I.Cから R471&R472を走り高山を目指します。初めて通る道です。途中まで「景色が良いなぁ」とか「人が生活してんだ」とか言いながら走りましたが、途中からは半端ではない林道です(特に岐阜側)。舗装は…なんとか舗装に見える程度、カーブミラーなし、すれ違いは完全無理…バイクで来ていたら、ツーリングマップルの昭文社にクレームの電話を入れるところでした(笑)。これも2回目は絶対ありません。

そして、高山~上高地はまたもや大雨。しかも、この道はいつもオンタイム40kmのノロノロな流れで睡魔との闘いです。ラリーの帰りはいつもナビが運転してました(笑)。さらに衝撃だったのは、塩尻~諏訪湖S.Aまで花火のおかげで大渋滞…。これ…おかしいでしょネクスコ中日本。隅田川花火の時は首都高6号は通行止めなんですよ。変に諏訪湖S.Aが受け入れするから入口で渋滞して、その波及効果が塩尻まであるんじゃないの?…入場禁止を徹底すれば並ばないんじゃないの?…それより増していただけないのが、他人の迷惑を考えずS.Aで花火を見学しようとする輩。社会のマナーより自分事が中心なんでしょうね。

日本って国はどこへ向っているんでしょう(笑)。これは長生きするのは止そう…っと。

1155

僕のスーパーキャロルで、このお盆休み1200km走りました。長距離は、比較するとジムニーより楽なんですよね。ジムニーは重くて、更にあの頃のEgが高回転タイプで下がスカスカで出だしが悪くのでクラッチ操作に神経を使い、足回りが硬いから軽自動車特有のピッチングがモロに出て、シフトがグニャグニャでタッチが悪く気を使い…一日でヘロヘロになります。それから見れば全然楽なんです。ただし、シートの出来が悪く(たぶん僕のような使用用途が前提ではないからです)普通車のようなポジションでは乗れません。今回の腰当てパットが意外にも効果ありで1200kmを走る事が出来ました。

一応、乗り換えを考えていますが…1200km走れちゃうんですよ。ガソリン代も本当にかかりません。高速も100km/hなら普通に走ります(しかも料金がバイクと一緒)。お土産も積んで帰れます。林道も走れます。FFだから雪も行けます。上り坂も普通車並みに走ります(MT限定)。日本の交通状況下では不自由しない…んですよ。腰パットのおかげで正しい姿勢なら腰も痛くならないし…ルノーが少し遠のいた旅でした(笑)。

 

|

« クルマへのこだわり…再び | トップページ | 長野市 アルデンテ »

コメント

先日はどうも・・・3分/24時間 位の偶然といったところで。

今回の盆休みは天気に悩まされましたネ。当方 土日に15日までの5連休でしたが 毎日「空とにらめっこ」していました。14日は東名御殿場付近で30m先が霞む様な雨で渋滞が。ドゥービルの隙間まで綺麗に水洗い出来ました。

代替えの悩み、良いですね。自分は転職の時にVivioを購入した時位かな~。過給機付で ワークス ? ダンガン ?
寂しいばかりの選択肢でしたが。

スパイスも有り 味も有り。「辛味スルメ、タコわさび」でいて お茶づけが同居しているのが ベストでしょうか。
以前 FIAT PUNT HGT ABARTH が出た時 1.8L、1100Kg、タイヤ外径が無駄に大きく無く えらく魅力を感じ マジに購入を考えた事がありましたが。(今でもカタログは持ってます)

SSTで腰痛回避が出来た事で 少し下火になって行くのかな?

投稿: MAC | 2012年8月18日 (土) 01時27分

僕も家の近くのコンビニで会うとは思わなかったので、かなり驚きました(笑)。

雨にやられましたか(笑)。今年はついてなかったですね。僕もクルマで走っていて「ライダー少ないなぁ」と感じました。なので、明日は天気が良いみたいなので出動します。本当は今日出ようと思いましたが、予報では午後ゲリラ雷雨が待っていそうでしたので(笑)。

MACさんは刺激的な車種を選択しますね。シェビーバンは除いて。僕は意外にも普遍的で味のあるタイプを選ぶんですよ。そのあたりは弁天小僧さんとタイプが似ています。今も検討しているのはルノーメガーヌ2007年モデルの1.6のMTですから。

ただ、あのサポートのおかげでなんとかキャロルが継続出来そうなので欲が出てきて、クリーンディーゼルを待とうか・・・と悩んでいます。BMWも新しい3シリーズで日本に導入しますので、もう・・・すぐそこまできているような気がします。マツダ様のおかげです。

トルクフルで低燃費で燃料が安い・・・田舎暮らしにはピッタリです。

投稿: 友蔵 | 2012年8月18日 (土) 12時02分

当方18日は 麦草峠 八ヶ岳一周 行きます。

先日 「M」な連中はチャリで行ってタイムアウトで全員回収したしだいで 当方は流石にチャリでとはいかないのでドゥービルで。

投稿: MAC | 2012年8月19日 (日) 00時04分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福井県 佐野温泉:

« クルマへのこだわり…再び | トップページ | 長野市 アルデンテ »