« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

みなかみ町 川古温泉

ここのところ梅雨ですから当たり前ですが雨の日が多いです。7月14、15、16日の三連休も15日以降は雨が上がる予報でしたので、せっかくの三連休ですから、こんな僕でも「ちょっと遠くへ...」なんて考えておりました。14日はやっぱり雨。期待の15日...東京はわかりませんが八ヶ岳周辺は明方までザンザン降り...晴れるのをひたすら待ちましたが...やはり中止(笑)。僕は雨の日は走りませんから(実際はかなり走っていますが)。結局、最終日になってしまったので、根性なしの僕としては「やっぱり遠くはやめようかな...」と思いましたが、妻が「連休の最終日だからきっと道が空いているよ」...そうでした、人一倍混雑が苦手なワタシとしてはかえって最終日が一番じゃないですか。行くぜ!ドゥービル出発です。

本日は、水上の温泉を目指して走ります。ルートは野辺山高速(R141)~県道2号、裏技使って軽井沢、そこからR146、145で北軽井沢を抜け、中之条を抜けて、県道53号で水上に出ます。

僕は、飯田まで2時間ちょいの男ですから、予定ではランチは水上で焼きカレー..を予定していました。が...しかし、さすが三連休です。野辺山高速が、いつも中央道なみの速度レンジがなんと首都高並みに(笑)。R141も車、車、車。最近、我が家の周辺も田舎とは思えない交通状況でイラッときていましたが、軽井沢周辺に比べたらなんでもありませんでした(笑)。渋滞です。

どうしたんですかね?最近のこの混雑ぶりは。移住した頃はこんなんじゃなかったんですが...最近は山ガールとかが流行っているから第二次アウトドアブームなんでしょうか?または収入が下がってきてるから国内旅行ブームなんでしょうか?老若男女一斉に出かけています(笑)。しかも、運転がかなり危険。よくあれで高速乗ってドライブに行きますよね。半分犯罪です(笑)。僕の若かりし頃は、ナビもありませんでしたから、地図が読めないとドライブも出来なく、女の子にダメ出しされて無意味な出費?になってしまいますが、最近はナビはあるし、ATだし、部屋が移動しているような車ですから、運転の技量も評価されないので気軽にドライブに出るのでしょう。

僕が白バイのお世話になった時、その警官が「○○さんは見ていて運転が上手だから、その速度だしても問題がないでしょう。でもね、この周辺では事故が多発しています。しかも、重大事故が。私も見ていて危ない車が多いです。何故、免許があるのか不思議です。その速度域で走行中、相手がいきなり飛び出してくれば避けれません」...まぁー避けますけどね(笑)。サイドブレーキ引いてでも。

本当に気をつけてくださいね。事故が起きれば一大事ですよ。また、自分だけが路上にいる訳ではありませんから譲り合いの精神も忘れずに。

そんな訳で、8時30分に出て12時に着いたのは、中之条から県道53号に入った道の駅の霊山たけやまでした。ずぅーっとチンタラ走ってきたので、もう焼カレーはどうでもよくなりました(笑)。今回は道の駅レストランでこちら

1222

そば処けやきです。僕としてかなり不本意です。自称グルメ(笑)の僕としたことが道の駅なんて。でも、気温もかなり上昇していますし、水上まで我慢して走る根性もあるはずがありません。でも、意外な事に本格手打ちで地元産のそば粉を使っている、かなりの本格派です。オーダーメニューはこちら

1217

僕が、もりそば大で800円。妻はこちら

1216

天もりそば850円。さてさて...お味はと言いますと 、妻は美味しいとの意見ですが、僕は、やっぱり信州そばのが美味いなぁ(笑)。群馬の蕎麦は、個人的な見解ですが、なんとなく東北の流れがあるような気がします。プラスチックっぽいと言いますか...そして、かなり藪系です。これは好みの問題ですね。妻は山菜も含めてエグイのも全然平気ですが、僕は繊細で好き嫌い大王ですから(笑)。☆3つです。あくまで僕の個人的な意見ですので(笑)。

ここから、本日の温泉の川古温泉に向かいます。県道53号、R17、県道270号です。水上の駅の方にも立ち寄ってお土産も購入します。

1239

着いた温泉はこちら

1230

1231

1232 

1233 

川古温泉 濱屋旅館さんです。この日も気温が30℃を楽々超えており、やっぱり夏はぬる湯でさっぱりが一番です。ですが、このぬる湯探索が案外難しいんですよ。ネットでもなかなか見つけられないんです。温泉も人生もぬるいのが好みなんですが、そうたくさんないところが良いのかも知れませんね(笑)。

こちらの泉質は、無色透明でほんのり硫黄臭が香る、とても素敵な温泉です。温度も体感40℃くらいでしょうか。夏ですから内湯にずぅーっと浸かっているのは辛いですが、混浴の大きな露天の方は長い時間いけるのではないでしょうか。僕は、露天はなんとなく汚いのであまり入りませんが。旅館の立ち寄りですから、当然シャンプー・ボディソープ完備で、施設はキレイです。ですが、料金は1000円。いつもの倍です。素敵なお湯ですがお値段も素敵です。妻の方には湯治の方がいらっしゃって「昨日まではお風呂がたいへん混雑していて...」との事でした。やっぱり、最終日で良かった(笑)。大きい旅館ではないし(すいません)、ぬる湯にじっくりですので土曜日は避けた方が無難です。

帰りは、関越の月夜野I.Cから乗り上信越道の下仁田まで高速を使い、R256内山峠から裏技使ってR141に出て、野辺山高速で帰宅です。

関越は赤城辺りから渋滞、内山峠は西濃運輸が道をふさぎノロノロ、野辺山はもう18時回ってるっつーのに首都高状態...凄すぎるぜ三連休(笑)。今回はトータル400km弱で自宅には19時30分。前回は350kmで18時には楽々到着。この差は...しかもかなりイライラしましたよ。もう都会には戻れませんね(笑)。おまけに群馬は暑い!(笑)。

夏はやっぱり信州です。ついでに蕎麦も(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

飯田市 上海楼

今週末の6月30日、今週も土曜日は天気がもちそうです。ちょっと暑そうですが(笑)。高原暮らしですから、バイクの乗れる季節は限られておりますので、こんな日に走らないのはもったいない。同じドゥービルオーナーの方の一日の走行距離にビックリする時がありますが、今週は僕も行きますよ。なにせトップシーズンですから。

今回は、ブログの中では飯田のラーメンを何度が取り上げていまして、その引き合いに上海楼も取り上げてきましたが、いまだブログ開始後一度もアップさせておりませんので、満を期して(誰も期待しておりませんが)アップしたいと思います。

ルートは、エコーラインで原村を抜けて、杖突峠で高遠に出て、県道18号で飯島、そこからR153を渡って南信州フラワーラインで飯田に出ます。絶好調だと2時間ちょい、普通に走って2時間30分です。ただし、接続がわかりにくいので僕じゃないと無理なんですが(笑)。

ドゥービルの残留が決定してからの初の杖突ですからバーンと行くぜ!と思いましたが、この日は何故かパレード状態で、遅い4輪の後ろを眺めるだけでした(笑)。僕は、移住してからこの杖突峠を何回も(仕事も含めて)走りましたが、僕の中ではモンテカルロラリーがかぶるんですよね。ちなみに諏訪市周辺の走り屋は杖突が舞台ならしいです・・・頭大丈夫でしょうか(笑)。一歩間違えば確実に死にます。しかも舗装もよくありませんし・・・これ長野県全体に言えます。なので、ライダーの皆さんフルバンクは命がけですよ。気分はモンテでフルバンクですから(笑)。これに引き換え、伊那側は道がキレイな上に中高速コーナーが続き盛り上がりますが、民家が出現するあたりからは注意が必要です。ネズミはありませんが、白いバイクに注意してください。いない事を前提に走っていると、僕のようにお世話になってしまいます(涙)。

県道18号はマイナーな道路ですので思いっきり行けます。何が思いっきりなのかは想像にお任せですが、この楽しみも田舎暮らしして良かったなぁーと思う時の一つです。都会からのドライブではメジャーな道がメインなので、ポルシェでもGTRでもパッソの後ろを50km/h以下の走りとなりますが、田舎道に精通しますとドゥービルのフルバンクも危険度小で可能です。なので、この県道18号は地元ライダーがけっこう走ってます(笑)。

飯島の道の駅で休憩しても2時間30分で到着した飯田市民のソウルフードの上海楼はこちら

1144

オーダーメニューはこちら

1148

僕が中華そば並で600円。妻はこちら

1150   

チャーシューメンで750円。ちなみに並で、一般人には充分のボリュームです。お店では「大盛りで」なんて注文している方がいますが、正直無理だと思います(笑)。さて、お味の方はと言いますと、例えて言うなら何度もご紹介している通り東京下町の駅前そば屋のラーメンの味に似ています。が・・・しかし、最近、この手のラーメンに慣れて(笑)きましたら・・・意外に美味しいなぁー・・・と。初回は麺がのびてるよ・・・と思いましたが、そうではなく、あえてソフトな設定にしているんですね。この違いがわかるようになるには最低2回は行った方が良いです(笑)。まぁー・・・こういうのって美味い不味いって問題ではないんですよね。ソウルフードですから。僕のもんじゃ焼に通じるものがあります。もんじゃも人によっては「どこら辺が美味しいの?」って思われますから。ましてや、ベビースターが入っているのは「馬鹿にしてんのか」ですからね(笑)。

ここから、今日は走りますよ(笑)R256で昼神温泉を抜けて、R19に出て、県道20号で開田高原の御岳明神温泉のやまゆり荘を目指します。今回も意識的に3000rpm以上使いましたが、良いなぁードゥービル(笑)。これまたR256はいい道です。この日は30度近くまでいきましたが、新調したゴールドウィンの夏場専用薄手のメッシュが快適です。一気にゴールドウィンのファンになりました(単純)。ですが、朝晩は下にトレーナーを着ないと乗ってられませんが(笑)。県道20号は開田高原に向うローカルな道です。今回のツーリングは山道をたくさん走りましたが、ドゥービルはコーナーが安定してますね。車体が大きいからでしょうか。最近出たNCシリーズはドゥービルの後継車種なんて言われていますが、たぶん違いますよ(NCは乗っていませんけど)。ベンツで言ったらドゥービルはE240でNCはC240ぐらいの差があると思いますよ。下手すりゃBクラスじゃないですか。値段が安くなりました・・・なんて言っていますが、そりゃーEとBなんだから安くて当然なんじゃないの。大きさから考えても違いますから。走りも意外に知られておりませんが、Eクラスでも通は240が好みなんですよ。パワー不足じゃないか?・・・ちなみにEU諸国ではこれを5速マニュアルでギンギンに回すんですよ(笑)。ベンツの考え方は日本と逆で、車体に合わせてEgを決めているんです。だから必要にして充分と言いますかバランスが良いんです。2輪の世界は、何故か車体ではなく排気量でクラス分けされてしまいますから、NCが後継車種なんて言われるんでしょうね。ドゥービルは完全な終売で、NCはどちらかと言うと、プアマンズ、マーナレプリカじゃないですか(笑)。

よけいな話になりましたが、着いた温泉はこちら

1155

1159

開田高原スキー場の近くにありますやまゆり荘です。ご利用料金は600円。日帰り専用の施設です。こちらの温泉も強烈です。硫黄系ではなく鉄です。飲泉もできます。シュワとした炭酸に濃厚なポカリっぽい味でかなり不味いです。以前、アトピーの患者が通う大喜泉を紹介しましたが似ています・・・まぁわりと近いので泉質がにているかもしれませんね。ヌルヌル感とかはありませんが肌がしっとりします 。シャンプー、ボディーソープ、ドライヤーの完全装備でわりと清潔ですのでビギナーも全然平気です(笑)。お薦めです。でも、東京付近からは日帰りは無理・・・なはずだと思います(笑)。ナンバーも名古屋系が多いですから。

帰りは、R361、権兵衛トンネルで伊那ICで中央道で帰還です。走りましたよ。なんと!350km・・・僕にしてはスゴイ!・・・あれ?わりと普通ですね(笑)。

1165 

先週、残留を決意し、今回350km走り、ドゥービルがE240に気づきました(笑)。通好みかもしれません。やっぱり良いですよ。同じドゥービル乗りで運転の上手なMACさんの「速くもないけど遅くもない」まさにその通りだと感じます。是非、気になる方はお近くの販売店にお急ぎください。NCはドゥービルではありませんから。まぁー気になる方は少ないと思いますが・・・(笑)。

1162

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »