« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

沼津 弥次喜多

今年も残すところ僅かとなりました。会社も業績はともかく(笑)無事28日に終業式を迎えました。今年も出掛けましょう・・・かね、毎年の恒例行事ですから(笑)。

山に住んでいるとあまり海を見る機会が少ないので、ロングドライブ(旅行も含めて)は、不思議なもので海方面になるんですよね。昨年は新潟にブリを食しに走りました。今年も日本海方面でも良かったのですが、たまには伊豆のドライブも良いかと・・・僕は以前から伊豆に行く時は、トップシーズンはどうしちゃったのかってくらい混みあいますからこの閑散と時期しか行きたくないんですよね(笑)。

29日の本日はロングですから出発は8:30です。ルートは地元民専用の田舎道を走りR358に出て、精進湖をすぎたら右折しR139に出て、朝霧高原を抜けて西富士道路に入り、そのまま東名高速の富士ICからゲートインで1区間だけ乗って沼津ICで降り、R414で海を目指します。

時期が時期ですから、R358からR139の朝霧高原のゴールデンルートもガラガラで、結構なハイペースで今なら走れます。朝霧ではパラグライダーを楽しんでいる人たちが・・・いやぁー感心しますよ・・・だって気温0℃ですよ(笑)。ライダーでさえいないってのに・・・。
沼津の市内は相変わらず混みあいますね。これは一年中なんですね(笑)。それでもトップシーズンから見ればなんでもありませんが。トップシーズンはほとんど駐車場状態ですからね。若い頃、強化クラッチの車両でひどい渋滞が本当に辛かった事を思い出しながら、着いたお店はこちら

463

和風食堂の弥次喜多さんです。12:00ちょうどの到着です。すでにメインの駐車場は満車・・・もちろん店内満席・・・いやぁーすごい人気ですね。期待できますよ・・・これは。
オーダーメニューはこちら

461

僕が駿河丼で1050円。妻はこちら

462

おこのみ定食で1000円。さてお味のほうはと言うと・・・真面目に美味い。店構え及び店内の雰囲気からは想像できないです(申し訳ありません)。まず僕の駿河丼からいきますと、あつあつご飯(酢飯ではありません)の上にづけ鮪&シラスでわさび醤油をかけていただきましたが、づけ鮪&シラスの組み合わせが絶妙で、更にこのシラスが美味いです。味噌汁もシジミなので海沿いの店の雰囲気もかもし出します。妻のおこのみ定食は、定番メニューではなく店内の張り紙メニューです。シラス、焼き魚がタチ魚の塩焼、メギスのフライの組み合わせです。妻は焼き魚も絶賛でしたが、僕がビックリしたのはメギスのフライです。これ、めちゃくちゃ美味いです。僕は、はっきり言って揚げ物は好みではありません。ましてや魚(魚もあまり好きではないです)のフライなんてもっての外です。が・・・美味いです。口惜しいかな美味いです。フライの油も技術も天下一品だと思います。個人的には、海岸の近くの観光地化されているレストランは、比較的刺身主体で新鮮さを売り物にしていて、しかもお値段割高で・・・それはそれで美味しいとは思いますが「それ、魚切っただけじゃん」といった要素がぬぐえない感があります。そこはやはり、お金もらって料理しているわけですから素材の良さだけでなく、プロの技がはっきり出てこそプロってものだと思います。割高な伊豆で良いお店発見しました。☆5つ満点です(1000円くらいなら)。伊豆まで走る価値ありです。

せっかくの伊豆ですからR414から県道17号で海岸線を走ります。ここも若い頃よくドライブに来ました懐かしいです。冬でもこちら方面はライダーが走ってますね。この日は8~9℃ぐらいはありましたから冬のツーリングには確かにベストコースですね。ワインディングもありますし。

466

467

戸田で県道18号を左折し、ツーリングマップル推奨の林道でR136に出て湯ヶ島温泉を目指します。この林道・・・はっきり言って、ガードレールもないですし、カーブミラーも充実しておりませんし、道路に苔がありますし・・・ちょっと危険です。西伊豆スカのが全然良いと思います。
当初計画していた湯ヶ島温泉の湯元館は、外来入浴は14:30までで間に合わずダメでした。仕方ないからそのまま帰ろうとも思いましたが、前から気になっていた温泉を思い出し、立ち寄ったのはこちら

470

修善寺の筥湯です。源 頼朝も入った温泉です(本当か)。料金は350円ですが、横に駐車施設があり、そこで400円の支払いが発生しますので実質は550円ですか(笑)。泉質は無味無臭で伊豆らしい温泉だと思います。温度も40℃前後でゆっくり入れます。浴槽は総桧造りで清潔感もありいい感じではないでしょうか。シャンプー、石鹸はございません。無味無臭ですが、湯上りもしっとりしてポカポカします。長野のような強烈な温泉ではありませんがなかなか良いのでは・・・しかーし、今回は源泉掛け流しではなく循環なので仕方ありませんが塩素臭がかなり気になります。伊豆で、修善寺のメジャーな温泉の、しかも日帰り入浴施設ですから、施設運営側も衛生面に気を使うのは当然で気持ちもわかりますが、そこはもう一歩努力が欲しいところです。長野方面とは温泉の湯量も違うのでしょうが・・・。

ここからは修善寺道路&伊豆中央道の有料道路をつかい沼津IC出て帰宅です。

本日のお供は

465

ジムニーです。平成17年モデルの5速マニュアルです。ODOはすでに62000kmですが機関良好です。主な用途は妻の通勤です(笑)。大きなトラブルはナックルのOHぐらいですね。ジムニーは独特な乗り味で、パジェロミニと外観は似ていますが、その動きと乗りごごちは全然違うので購入の際には使用用途をよく考えたほうがいいですよ。僕も初めはビックリしましたから(笑)。足回りは硬く、長時間はきついものがあります。が・・・登りはパワーがないので面白くありませんが、下りはバランスがいいのでわりとハイペースで走れたり、スノーは4WDで豪快なドリフトを楽しめます。個人的にはもう少しロールしたほうが走りやすいと思いますが、軽自動車の規格内では横転の危険があるのかも知れませんね。なので、足回りが硬い、アンダーステアが強い、電子制御なし・・・古典的な仕上がりですね(笑)。

今年は気温は厳しいですが、まだ本格的に雪が降らないので走っていませんが、バイクのシーズンオフはスキーの代わりにジムニーで滑りますよ(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

御殿場 中村ラーメン

今年もクリスマスの時期となりました。そろそろ1年間を振り返る時期となりましたね。まぁー今年は震災から始まり金正日の死去まで事件の多い年でしたたね。

個人的にも、バイクの乗り換え、クルマの乗り換え、そしてとても残念でしたが妻の母の他界と、毎年、単調な隠居生活を送っている僕としては僕なりに事件の多い年ではなかったかと思う次第です。
ついでに仕事も・・・変わる予定(笑)でしたが、何故か相も変わらず昨年と同じ会社に勤めており、しかも、今年は事件の多い年でしたので経済にも少なからず影響があり、皆さんもそうだと思いますが、苦労したわりには成果が少ない疲れた年でした。

また、長野県では信州といえばりんご・・・ですが、今年は昨年度の6割しか採れなかったらしいです。なんでも、信州も夏が暑すぎるのが要因の一つだとか。ちなみに原村でも野菜の生産が難しくなってきているらしいです。やはり要因は夏の温度と長雨らしいです。一部では、長野でりんごの栽培は難しく、今後はみかんでもどうか?という話も出ているみたいです。都会では他人事に感じますが地方では温暖化の影響を肌で感じます。

会社で取り組んでいるエコアクションはアホか・・・と思いますが(笑)、やはり個々人で考えねばならない時期かもしれませんね。明らかに変わりましたから。地球の温暖化の原因は別だ・・・なんて言っている国もありますが、科学的に考えてどう考えても無理でしょう。肺がんの原因にタバコは関係ないって言っているようなものです。
僕も、W202からキャロルに替えましたから多少頑張っています・・・ね(笑)。

こんな僕でも、こどものお年玉のようなボーナスが出ましたので、お買い物・・・行きますか(笑)妻にも貧乏をさせておりますからたまにはドーンと・・・。向かった先はイブの24日の御殿場アウトレットです。僕の家からは、前にも紹介しました若彦トンネルを抜けて河口湖に出て、河口湖から山中湖、山中湖から御殿場というゴールデンルートが最短なので、人の数倍混雑を嫌う僕としては、7:30スタートで10:00着のプランで行動しましたが、なんと・・・すでにアウトレットから歩ける駐車場はすでに満車、シャトルバスの駐車場も大混雑・・・あ然・・・です。朝の10時、開店のお時間ですよ。東京からですよ(横浜ナンバーも多いですが)。すばらしいバイタリティです。さすがリゲイン飲んでいるだけはあります(笑)。

びっくりしながらシャトルバスに揺られ、アウトレットの中は人人人・・・すでに苦手な状態で、しかも、家の近所のアウトレットと客層が違うのか全体的に高い・・・(汗)。一般的な都会の方々の約1/3のボーナスの身としては完全に場違いです(笑)。でも・・・負け惜しみに書く訳ではありませんが(いや完全に負け惜しみ)、来場しているカップル、家族の皆さんは普通じゃないでしょう。気合入れて来ているのかもしれませんが、お金・・・かけていますよね。まぁー僕も都会に住んでいた時は収入がありましたから、傍から見ればあんな感じだったかも知れませんが。しかし今となれば、そりゃーお金必要ですよね・・・って感じですか(笑)。あぁー・・・でも都会の中でも特別な人たちかも知れませんね。なんてったって御殿場まで来てレジャーや観光もせず朝10時からお買い物ですから(笑)。

場違いなので結局何も買わず(笑)さっさと退散して、お昼を大幅にまわってしまいましたが向かったのは地元で人気と言うマニアックなお店のこちら

456

いい感じでしょう(笑)。よく見つけるでしょう?我ながら少し才能があるみたいです。しかし、皆さん13:00をまわって、この店構えで(ごめんなさい)満席でした・・・本当ですよ。これは期待しちゃいます。オーダーはこちら

454 

僕が煮玉子ラーメン580円で、妻がこちら

455

焼肉丼650円です。見た目から味が想像できてしまうような感じですが、お味の方は・・・といいますと、そのまんまです(笑)。ラーメンの方は全体的に薄味で、たまごやチャーシューが味が濃くしてある古典的な味付けですね。味はチェーン店の「ちりめん亭」に近いのではないでしょうか。焼肉丼の方は逆に味付けを濃くしてありご飯がすすむ設定ですね。お肉は牛ではなく豚です。両方とも特別にうまい!って感じではありませんが、ホッとする味で、おそらく地元で培った味なんだと思います。この味でこの集客力はすんごいですよ。もちろん値段もあると思いますが。僕の家の近くにも、なんで人気があるのか理解しかねる食堂がありますが、地方の人は昔からの味を大切にするのではないでしょうか。都会みたいに常に新しい味、新しいコンセプトが認められる訳ではないんですね。ホッコリした気持ちになりますが・・・採点は☆3つ。つめたいようですが味は本当に普通です・・・から。

せっかくなので温泉も・・・という事になり、R469一本で以前にも行った佐野川温泉に向かいます。以前は、ドゥービルでソロで走りましたので妻はこの温泉が初めてです。R469は気温は厳しいですが、雪もなくてコーナーもほどほどにあり、少し標高が高いのか途中に海が見え、道幅も広く走りやすいですね。R139を横断すると、ラリーコースを彷彿させる舗装林道の桜峠となり、県境を超えてやって来たのはこちら

457

僕は2度目ですが、ここの温泉は山梨県内では本当にお薦めですよ。650円なので少々高めですが(笑)。ライト系の硫黄で、施設はキレイですし、シャンプー、石鹸、ドライヤーも完備、源泉加温と源泉(32℃)に浴槽がわかれ、交互に入っていると1時間はあっという間です。初めての温泉大好きの妻も絶賛です。バイク乗りの皆さんには冬のツーリングにどうですか?こちらの方は、雪もあまり降らないのでいいんじゃないですかね・・・でも・・・残念ながら気温は17:00で3℃ですが(笑)。ちなみに、この日は気温が低いせいなのかライダーはポツポツと見かけるだけでした。

458

本日のお供はこちらのキャロル。我が家に来てから約2ヶ月で4500km走りました。誰も興味ないと思いますが2度目のインプレを(笑)。

使用用途は通勤(約20km強)が主体で、お買い物や三郷の実家にも帰ります。ジムニーは山用の登山靴でキャロルは街用のスニーカーって感じで使い分けております。
使い勝手は、大人2名&犬1匹なら問題なしですね。ただ、ポジションがステアリングにチルト機能がなく、僕はアクセル操作重視なので、それにあわせると微妙にハンドルが遠いです。個人差はありますが妻も同意見。内装はプラスチック部分が大半を占めて、かなり安っぽいですが、約100万円ですからね・・・雨、風しのげてエアコン、パワーウインドまでついていますから充分だと思います。
走行性能は、やはりパワーが・・・感はあります。しかし、中央道を100km以内の走行であればあまり気になりません。確かに談合坂の登りや笹子トンネル手前の登りは4速に落ちますが登坂車線にいくレベルではありません。峠道のつづら折れの登りは2速、3速で高回転まで引っ張りますが、それは1.0~1.3クラスの普通車も同じだと思います。コーナーリング性能は、雑誌ではスタビライザーがないのでロールが大きく不安定・・・なんて書かれておりますが、一般道で常識的な速度で走る限りそんな事は一切ありません。ハンドリングは僕は好きな感じです。ちなみに僕の好きな国産メーカーはマツダです。わかる人はわかりますよね(笑)。あれが好きなんです。一般の方がなかなか持ち込めない域の挙動も安定しているほうだと・・・僕は思いますが。
これで、リッターあたり20km以上は楽に走ります。僕は、特別にエコな運転をしている訳ではないですよ。凄くないですか・・・これ。プリウスもビックリだと思いますよ。僕のような山道の多い環境でですから・・・。ちなみにAT(CVT)だと15~7kmぐらいだそうです。ここが一番のポイントですかね。
そして、やっぱり5速マニュアルは操作次第で速く走れて面白いですよ・・・。コーナーの進入でヒール&トウでブリッピングしながら入れば、そこは気分はWRCですよ(笑)。たとえキャロルであっても。毎日の生活に気分だけでもWRCなれますから・・・僕はお薦めですが・・・(笑)。

5速マニュアル万歳です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

宇都宮 餃子宇都宮みんみん

お久しぶりでございます。約1ヵ月間空いてしまいました。いろいろありまして、先週、かなり身近な身内が闘病の結果他界してしまい、時間的にはバタバタで、気分的には沈んでおりましたので、ブログは一旦お休みしておりました。゙

なので、今回はネタが若干古くなりますが11月26日の今季最終のツーリングネタで行こうと思います。ツーリング好きの皆さんから見ると「えっーまだ走れるよ」とお思いでしょうが、僕の生活圏では2日前の12月9日には雪が降っておりますのでこの辺が限界です。通年、僕はきちんとしたガレージを持っていないので実家にバイクを預けます。実家は、自営の工場を営んでおりますので(高齢なので半分休業してますが)、バイク2台ぐらいなら倉庫の片隅に置けるわけです。

そうなると必然的に毎年恒例で親父とツーリングに出掛ける次第です(笑)。今年は連休になりませんでしたから、前日の25日に会社を午後休し(笑)、15:00出発で勝沼から高速に乗り17:00すぎに八王子を通過し(通勤割引を適応させるため)・・・いやぁビックリです。首都高、僕が行く方面事故だらけで、日野バス停から渋滞しっぱなしです。家には18:30の到着です。いやはや都会暮らしはたいへんです(元々住んでいましたが)。

次の日、いつもは8:00出発なのですが寒いので9:00出発で宇都宮を目指します。宇都宮まではR4一本です。三郷からだと行き易いですね。しかも、この道途中で片側2車線、3車線になり、わりとハイペースで行けちゃいます・・・が、この寒いのに白いバイクを乗った方々がけっこうな確率で出回っておりますので、ミラーをよく見ていないと停められてしまいますのでご用心を(笑)。そもそも、この道であの制限速度が問題だと思いますが。ちなみにフランスでは、市街地50km、バイパス90km、高速130kmです。これなら違反者もグーンと減ると思いますがどうでしょう。そうなると警察官の天下り先がなくなって困るのでしょうが(笑)。

白いバイクに停められる事もなく着いたお店はこちら

419

413

駅東口店です。宇都宮餃子では有名なお店で、駅の向こう側にはたくさん連なっているいますが、おそらくバイクを停めるのもたいへんだと思いますし、食べるのに行列になってしまうと嫌なので、こちらを選びました・・・が、駐車場は4輪専用ですので、結局は歩道に停めました(笑)。しかも、着いたのが12時ちょっと前で少し並び、僕らの後はかなりの行列をつくっておりました。さすが宇都宮餃子ですね。行くなら12時前が宜しいかと思いますよ。そして、頼んだメニューはこちら

416

417

焼餃子6ヶ240円 と揚餃子6ヶ240円とライス100円で、餃子は2人でシェアです。お味の方はと言いますと、僕は実は初めてではないんですよ。もう何年前だったか忘れてしまいましたが、仕事の関係で宇都宮に来て、当時の上司と一緒に食べた事があり、その時はメチャメチャ美味しい思い出がありましたが、今回はお店もがキレイだったのもあるのかわかりませんが、確かに美味しいですが以前の様な感動はありませんでした。たぶん、雰囲気ってのもあるんだと思います。以前は、今ほど食べ歩きなんてしていませんでしたし、お店の名前も覚えていませんが宇都宮餃子=美味しいといった方程式も出来上がっておりましたし、歴史を感じる小汚いお店の方が美味しく感じるのだと思います。だいたいもんじゃ焼きも月島や浅草の小汚い店で食べるからいいんであって、キレイな店だと感じ方も違いますからね(笑)。でも、バイクやクルマも停め易いし、味はおそらく変わらないと思うので☆4つといったところでしょうか。

季節は11月後半ですから、ここから標高の高い山に行く元気は僕も親父もない(笑)ので、ここからは茂木経由で水戸ICに向かいます。R4を更に北上しR293を右折して、向かったのは本日の温泉の喜連川温泉のこちら

420

早乙女温泉です。nifty温泉でも評価の高い温泉です。日帰り施設で、なんと1000円もします。ちょっと先に道の駅に併設された温泉施設もありますが、僕的にはかなり遠征ですし、やはり源泉掛け流しはこだわっていますので思い切って入ります。お湯は、思いっきり硫黄です。色はエメラルドグリーンで白濁です。少々油臭がある、かなり雰囲気のある泉質です。ただ、かなりの人気施設で14:00だってのにけっこう人がいます。聞こえた話では、夕方はかなり混雑する模様です。更に、シャワーは温泉を使用しており、かなりつまっていて使い物になりません。その上、半露天ですから11月後半で、すでに寒くて身体を洗ってられません(笑)。わりとワイルドな施設です。これは僕だけだと思いますが、ブーツで締め付けていた部分が沁みます(笑)。この施設で・・・1000円はちょっと高い・・・気が・・・しますね。やっぱり。

ここからは、県道25号を右折して、R294に出て道の駅茂木を目指します。この時期走っているライダーの方はきちんとした方が多いような気がしますね。爆音ハーレー軍団とか爆音ツーリングクラブとかは皆無でした。また、茨城は関東らしい雰囲気がありますね。

421

道の駅では、地元の日本酒や地元の野菜を購入し水戸ICを目指します。国道からツインリンク茂木が見えるのかと思いきや、まったく見えないのですね・・・残念。ここからは、R123を使って水戸ICに出て常磐道で三郷の実家へ帰ります。日が落ちてからの高速は、さすがにドゥービルといえど寒さが堪えます。しかも、柏あたりからまたもや渋滞が始まりまりました。なんでもない週末でも混雑しちゃうんですね。

今年はこれがドゥービルのラストランです。次の日は、パッセージさんに点検に出します。普段から僕は洗車はかかさないですし、走りに行く前には必ず空気圧もチェックするくらいなので、あまり不具合はないのですが、気になるところも若干あるので預けました。

僕は、2輪、4輪を問わずエアチェックはかかしません。何故なら、クルマやバイクはタイヤの摩擦係数内でしか走れないからです。シューマッハもセナも、WRCのカンクネンもセバスチャン・ローブもそれを超えて走る事は物理の法則を無視する事になり現代科学を根底から覆す事になります。誤解を恐れず言うなら、タイヤありきと言っても過言ではありません。エンジンやサスペンションに異様にこだわる方がいらっしゃいますが、僕はその倍くらいタイヤにこだわるべきではないかと個人的には思います。オーリンズ、クァンタムに取り替えれば速く走れるはまずないと思います。気持ちは理解できますが。何故なら、そのサスに替えたところで摩擦係数がバーンと増加するとは考えにくいからです。サーキットは一定の路面状況が確約されておりますから、ベストなタイヤを選択した上で、サスペンションについてあーだのこーだのといった論議は成り立ちますが、一般道で一般的な走行ではどうでしょうか。路面状況が確約されませんから(要するに摩擦係数が未知数)、微妙なところをこだわったところで、その差を活かせるとは到底考えられません。それよりも適正な空気圧の調整や適正な整備をした方がよっぽど論理的だと思いますが・・・(笑)。雑誌やその手のショップは、営利目的であるというのを忘れてはいけません。サスペンションにこだわるとさー・・・泥沼化しちゃうんだよね・・・うんたらかんたら・・・実にもったいない(笑)。オウム真理教の信者を笑う事はできないと思いますよ。バイク・クルマの漫画は、ディズニーなみのファンタジーな世界だという事を改めて認識しましょう(笑)。

エンジンも同じではないでしょうか。バイク好きの方はエンジンありき・・・の傾向が強いですよね。僕はこれも正直薄いです。クルマやバイクはバランスであると考えております。タイヤやボディ・・・そしてコンセプトを考慮しエンジンがあるべきと僕は考えます。全体を構成する一つのパーツでいいんじゃないかと思うわけです。以前、乗っていた883がエンジン至上主義ではないかと思います。バイクに限らずMADE IN USAはこの傾向が強いと思います。エンジンの躍動感が主体であとはテキトーっぽいのが肌に合いませんでした。

今年、ドゥービルに乗り換えてバランスの良さに感心しました。確かに200cc足りないなぁとか、6速あってもいいんじゃないかとか、そりなりに、う~ん・・・と感じる部分はありましたが、適正なタイヤサイズとラジアルタイヤや、それなりのウインドプロテクション、それなりのエンジンの躍動感と高回転域のパンチ、それを受け止めるちょっと大袈裟で過剰なボディ、やや重いがメンテフリーのシャフト・・・乗るとバランスがいいんですよ。僕はバイクは上手くないと思いますが、コーナーでかなり倒しこんでも安定感ありますよ。ここまで、バイクがよく出来ているにもかかわらず、しかも気軽さがあるですよ。フラッと行くか・・・感があるんですよ。

僕のツーリングスタイルや僕のバイク、クルマの感性にはピッタリです。今年は5500kmで終わりましたが、来年はもうちょっと走りますか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »