« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

松本市 シアトル

先週は東京に行っていまして、その前に行った松本市の「はなぐるま」でした。今週もまたもや松本市です(笑)。GWに向けて2泊3日の旅に出るので、ツーリングマップルを新調しようと思い(使っていたのは10年以上前のもの)、大きな本屋さんに行きたかったのと、長野県内にしかないスーパーの「TURUYA」にも行きたかったので、今回も松本方面となりました。この「TURUYA」さん、僕たちはっきり言ってかなりのファンです(笑)。できれば諏訪にも進出して欲しいくらいです。食品の品揃えが県内産のものが多く、長野県が前面に出ていて素晴らしいです。東京のマルエツとかサミットとかライフとかは値段の競争をしているだけで個性がありませんが、TURUYAはこれらのスーパーとは違いますからね。他県の方、こちらに来た際には是非覗いて見てくださいね。

そんな訳で、また松本市なので、またもや美味しいイタリアンを・・・と考えてピックアップしたお店に行ったところ・・・えっ!何故か休みでした・・・がっかり。じゃあ、リピートになるけどお気に入りのお店に・・・あらら・・・45分以上待つそうです。なんだか今日はついてないから、どっかのチェーン店でお昼をとって済ましちゃおうと思っていたら、妻から「松本城の近くのシアトルは?」と言われ、じゃあそこにと言う感じで、事前調査なしで入店しました。

138

以前、松本の蕎麦祭りに来た際に、丁度、シアトルの目の前のコインパーキングに停めた事がありそれで印象に残っていたんです。店内はオールドアメリカンな感じで建物自体は古いですが清潔感はあります。外観からは想像できません(またまたごめんなさい)。お店の雰囲気から行ったらハンバーガーが良く似合う感じですが、メインはパスタとピザで、僕が頼んだのはこちら

131

134

PIZZAランチでサラダとコーヒー付きで1029円。ピザはビスマルクを選択です。妻はこちら

136

パスタランチでサラダとガーリックトーストとコーヒー付きで同じく1029円。ハーブチキンと長ねぎのバジルソースを選択です。お味の方は、まず、ピザから行きますとイタリアンで押して来るお店のピザとは違いますね。生地もパリッ!としていませんし、オリーブオイルだらけという感じではありません。いわゆるあっさりしています。僕はピザのビスマルクってのが初めてですから比較できませんが、こういうものかもしれませんね。ここは妻の言葉を借ります「朝食に出てきそうな感じ」だそうです。実に的を得ています。一方パスタの方はオイルベースで、ガーリックと塩とバジルのバランスが良く美味しいと思います。ぺペロンチーノの風なところはありますが、ガーリックで押すって感じではないですし、辛さはないし、バジルに使い方が良い感じです。ありそうでないのではないでしょうか。今回はお互いシェアしながらいただいたので、あっさりピザとこってりパスタが丁度良かったですね。それほど期待して(度々すいません)行った訳ではなかったにもかかわらず、かなりの好印象で☆4つです。しかも、食後のコーヒーがこれまた好みでございました(笑)。

本日の温泉は、少し足を伸ばして行った事のない温泉も良いのですが、僕のブログで一度は紹介したい上諏訪温泉の片倉館です。

140

僕も妻ももう何回も入っていて、僕は仕事柄、平日は諏訪近辺を徘徊していますから、僕としてかなり身近な温泉です。僕の家から一番近い、歴史のある本物温泉です。諏訪には共同湯もたくさんありますが、地元色が色濃いので、日帰り入浴で上諏訪温泉を堪能したい人にはこちらの片倉館はおすすめです。料金は600円です。源泉掛け流しで、シャンプー・石鹸にシャワーがちゃんと出ますから一般の方々も安心して入れます。しかし、観光ガイドにも堂々と載っておりますからトップシーズンは混み合うのは必須となります。僕らは時期と天候を考慮して「今日は空いているだろう」ときに行きます・・・これは特権ですね(笑)。上諏訪温泉は硫黄系なんですが特に臭いはしませんが、湯上りは肌がスベスベになりますよ。また、片倉館はそんなに熱くありませんが、諏訪の温泉は熱いですからね。寒い時期がおすすめです。

来週はGWで今回は長い連休ですので旅に出ます。妻とタンデムで(晴れ限定ですが)。バイクは、すでにドゥービルを契約しましたので納車待ちです。間に合うかなぁ~(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松本市 はなぐるま

今週はバイクの買い替えを予定している為、明日の日曜日に資金調達しに都内に行く事になったので、先週行きました松本市のはなぐるまさんを紹介したいと思います。

僕の住んでいるあたりでは街に買い物となると、甲府か松本になります。僕の主観ですが、甲府よりは松本の方が選択肢が増えると感じます。で、松本より東京周辺って感じですかね(笑)。まぁーこちらに来てから「お洒落」という言葉からはかなり遠ざかったので、高価なものは必要としておりませんが、なんせ基本は貧乏な田舎暮らしを実施しておりますから、「限りある資金でベストなものを」を実践していくには、時に街に繰り出す事も必要です。

せっかく街に繰り出す訳ですから、久々にイタリアンが良いではないか!となり、目に着きましたのがこちら

128 129

松本市の「はなぐるま」です。生パスタってのに興味を引かれました。松本までは仕事でも良く行きますので、道を選んで走れば僕の家からでも2時間弱で到着です。頼んだのはこちら

126

僕がミートソースで890円。特性ミートソースを使用とメニューに書いてありました。妻はこちら

127

平パスタで、きのことベーコン(トマトソース)930円。ローマの下町風パスタだそうです。お味の方は、まず、ミートソースからいきますと、一口目は美味い!と感じました。ソースが単純なミートソースではなく特性と言うだけあって一ひねりあります。慣れてくると・・・あれ?・・・写真でも少しニュアンスが伝わると思いますが・・・ちょっと言いにくいがズバリ言わせていただくと、ちょっとやきそばっぽいです(笑)。すいません。でも、そう感じた後はやきそばにミートソースがかかっているとか思えなくなりました(笑)。素材は似てますからね。生なら似て当たり前かも知れません。ちなみに妻のきのことベーコンは・・・だいたい想像できますね(笑)。きしめんです。ほうとうでも良いです。しかし、店舗やメニューの種類からは想像できないくらいの集客力です。かなりの人気のお店ではないでしょうか。パスタのわりには、けっこうなボリュームと手ごろなお値段ですかね。間違いのないように改めて言いますが美味しいお店です。☆3つです。

本日はお買い物がメインなので松本市内でブラブラしていたら意外にも遅くなってしまい、予定ではいままで行っていない温泉にしようと考えていましたが、松本からさほど遠くない扉温泉にしました。ここはリピートで、僕のかなりのお気に入りです。

130

きれいな施設ですが基本は共同湯です。シャンプー、石鹸はありません。料金は・・・たぶん360円です。施設はキレイで露天風呂もありますが、共同湯ですからシャワーは温泉が出てきます(笑)。泉質は硫黄系で、源泉掛け流し、そして源泉が熱くないのでゆっくり入れます。この条件が揃っていれば僕はたいていお気に入りです(笑)。しかし、けっこう人気があって、観光シーズンはイモ洗い状態になる時もあるので注意が必要で、しかも、ここまでの山道は林道ですから大きいクルマはたいへんです。

この林道を登っていくと、ビーナスラインに出ます(けっこう長いですが)。ビーナスラインを通って帰るのが早いのですが、この時期はまだ冬季閉鎖です。なので、来た道を戻って帰りました。ビーナスラインはまだ閉鎖なのに、国道ではライダーが結構多いのが驚きです。今年は寒さが長引いて本来なら桜が咲く時期ですが、この辺りはやっと芽吹いてきた程度です。でもやっと春になりました。僕も早く走りたいなぁー。

ドゥービル、GWに間に合うのかなぁ(笑)。しかも資金の捻出が・・・たいへんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイクの買い替えの検討

4月2~3日はバイクを実家から引き取る為に帰省しておりました。僕のハーレー883も今年の5月で3年経ち車検の時期が近づいてきました。この車検、けっこう分かれ目だと思うんですよ。新車から3年乗ると、そのバイクが自分のスタイル合っているか?とか、買ってみて走りはどうだった?とか、バイクの特性や利便性が3年でだいたい分かると思うんですよ。そこで、次の車検で5年経ち、走行距離も20000km越えて、恐らく下取りもなくなって、とことん付き合うか?もしくは、下取りがあるうちに他のバイクに乗り換えるか?

僕なりに現883を考えると、ハーレーって当たり前ですがアメリカ製なんですよ(笑)。クルマでいったら、キャデラックとかマスタングとかカマロなんですよ。僕は基本的にポジションの調整で改造しますが、それ以外はノーマルで乗る事にしています。そうするとハーレーは、止まる、曲がるが高次元でうんたらかんたら・・・というバイクではないですね。これは、クルマで言うとベンツ、BMW、アウディ、及び欧州向け日本車とアメ車の差です。僕はダメな素材を自分風に改造して、高次元な車両に近づけるといった趣味はありません。だったら乗り換えます。

何故か?それは幾ら改造してもノーマルの素材を打ち消す事は難しいからです。僕は4輪のモータースポーツでいい勉強を大金払ってしてきましたから(笑)。分かりやすく言えば、ルーフの高い車はどんなに改造しても、ポルシェと同じコーナーリングはしません。重い屋根が高い位置にあれば当然大きく傾くでしょう。お分かりになりますね。大事なのは素材です。

こう考えて行くと「乗り換えたいなー」となっていき、候補のバイクの検討に入りました。当初は「デュアルパーパスにトップケース付けて」と思い、色々物色(サイトで)しましたが、僕・・・身長が168cmしかないんですよ・・・体重も56kgぐらい。やっぱり、足届かんよなー(笑)。おまけにお金ないし。というわけで、デュアルパーパスは外れ(そもそもダートに行く可能性も低い)、続いてツアラー系の検討に入りましたが、やはり・・・デカイ(笑)。1400GTRなんかは猪に乗っている小猿みたいで、しかも足が届かん。FJR、BMWも良いかなーと考えましたが・・・予算が・・・で外れ、結局、ホンダのドゥービルの検討に入りました。

Photo

ハーレーから見ると180度趣きが違います。排気量は680ccでイタリアでデザインされ、日本で設計され、スペインで生産しているバイクです。ホンダとは言っても日本製ではありません。輸入車です。実家に帰省した際、ホンダの輸入代理店 パッセージさんがわりと近いので、覗くだけ・・・と思い行ったら、運の悪い事に山本社長がいらっしゃいまして、長々バイク談義をし、説明を受け、修理で入っていたドゥービルに跨ぐ事も出来、完全に心が傾きました(笑)。

そして、僕の家までハーレーを山本社長自ら、引き取りに来てくれました(恐縮です)。しかも、正直BMWのF800STとは(BMWは中古ですが)、同じくらいの乗り出し価格の為、けっこう悩んでおりましたが、それも打ち消してくれました(笑)。

僕は、バイクはリターンしてから3台でそうでもありませんが、クルマはかなり乗り換えました。国産はほとんどのメーカーを乗りましたし、ルノー、シトロエン、アルファ、VW、今のベンツと乗って、自分の好みがようやく分かるようになりました。

バイクも、今までほぼ見た目で選んでいました。今回の選択は、色々と自分なりの使い方を考え、ユーロ圏で人気の車両なので楽しみにしております。日本ではほとんど走っていません。僕は見た目で入っていって、結局は質を求めていくらしい(笑)です。

背中を押してくれた山本社長、文句は言っても応援してくれる妻には感謝、感謝です。

ゴールデンウィークには間に合いそう(微妙ですが)なので、初ツーリングが旅行になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »