« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

小諸市 山番

本来なら、今週こそ実家にバイクを取りに帰省しようと考えていたのですが、週末にかけて風邪をひいてしまい、そして寒波がやってきて金曜日の夜から雪が降りました(笑)。こちらに来てかれこれ4年経ちますが、3月の終わりにこの寒波&雪はいままで無かったです。この間の地震といい、この寒波といい大丈夫か日本列島?と感じます。

そんな訳で今週もバイクを取りに帰れない為、いつも通りジムニーでお出かけしました。今週は何となくラーメンかイタリアンが良いなぁーと目論んでいたら、おぉ!というラーメン屋さんが目に留まりました。場所は小諸の外れの方で浅間サンライン沿いですので、家からは国道141号線で2時間弱のこちら

120

地元ではたいへん人気店の山番です。口コミでは並ぶのが当たり前とまで書いてありました。僕らは到着が11:45ぐらいでしたから並ぶまでにはいたりませんでしたが、店内はすでに空いている席は少ない状態でした。これは期待できそうです。口コミでは、チャーシューメンと鳥のから揚げが取り上げてあったので、僕はチャーシューメンのこちら

117

840円です。妻は鳥唐揚げとライスでこちら

118

唐揚げ740円、ライス200円です。ボリューム満点です。お味の方は・・・チャーシューメンの方は、僕より若い世代にはどうか分かりませんが、はっきり言って普通のラーメンです。具体的に言うと、小学生の頃、母親の実家の群馬に帰省した帰りに夕飯で立ち寄っていた、埼玉の国道122号線沿いにあった昔の中華屋さん(何故かカツ丼もあったりする)の味です(笑)。僕と同じ世代なら「そー言えばそんなのあったな」と共感するんじゃないでしょうか。しかも、この表現で味もだいたい想像できると思います。不味くはないですよ。レストランがチェーン店化する前は、結構この手の味は存在していたんではないですかね。鳥唐揚げの方も同じく特別な味ではありません。よくありがちな味です。凄いのはこのボリュームだけです。この唐揚げ6つあるんですよ。僕らは食が太い(笑)方ですが、これ、3つ食べれば限界を感じます。でも安心です。食べきれない場合はラップでお持ち帰り可能です。ここまで読むと、な~んだ普通の中華屋さんか・・・と思うでしょう?しかし、この店、集客力は尋常ではありません。12時回ればあっという間に満席となり待ちも出ます。特別美味いって訳ではありませんが地元人気店なのは間違えありません。僕は☆3つですかね。んー飯田のラーメンほど個性もないですし・・・いや、かえって今はこれが個性的になるんですかね。

本日の温泉は信州の鎌倉と言われております別所温泉に決めています。別所温泉は、以前バイクで来た事があるのですが、その日は真夏日で暑すぎて気分が悪くなり、温泉は諦めた経緯があるので、本日はリベンジ(なんの?)に来ました。とは言っても、山番でお腹いっぱいですから、道の駅に寄ったり、上田の大きなジャスコで買い物をして、3時半頃に到着したのはこちら

122

共同湯の大師湯で150円です。が、駐車場がありません。ですので、近くの有料駐車場の利用となります。500円。まぁーそれでも安いです。口コミでも評判は良かったので期待しての入浴です。Good!ここの温泉はかなり僕好みです。硫黄系で、源泉掛け流しで、出た後は肌がスベスベになります。しかし、共同湯なので当然シャワーさえありません。シャンプーも石鹸もありませんので、ちょっと気軽に・・・という感じではありません。かなりのマニア向きです(笑)。共同湯は、基本的に地元の人が優先っぽい感が伝わってきますから、慣れないと緊張してしまいますが、マナーさえ出来ていれば後は慣れの問題だけです。古来からある温泉場の共同湯は、無理矢理ほじくって出した温泉の、塩素がガッチリ効いた、シャワー、シャンプー、ボディソープがある、清潔感バッチリの施設より、泉質は抜群に良いです。料金の問題だけではなく、確かに入るときに勇気が要りますが、温泉に興味を持った方は一度はチャレンジしてみてください。

来週は、この寒波もおさまりそうなので、来週こそバイクを取りに帰ろうと思います。この寒波の中、我慢出来ない根性のあるライダーを見かけました。来週は僕もライダー復活です(寒波がすぎれば)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸子町 マルコポーロ

地震発生から一週間経ち震災の被害が明確に報じられる様になりました。改めて大きな災害だと痛感します。災害に遭われた皆様は力強く生きていって欲しいと思います。歴史的にみても、人は幾多の災害も乗り切ってきてますから。

今週は、この辺りの地域でも震災の影響が出ておりまして、ガソリンスタンドでは満タンの給油は行わず、20ℓのみの販売となっておりました。こちらは東京のように、スーパーやホームセンターでティシュやトイレットペーパーがなくなるとか食料品が不足するなどの事態にはなりませんでした。まぁ人口も違いますが(笑)。山梨側は計画停電の対象で一方の長野県は中部電力ですから停電の対象にはならず、県境に暮らす僕らは随分な違いを感じました。

そんな訳で、ガソリンの支給も今後の見通しがわかならい為、遠くへのドライブは控える事にし、以前から気になっていた焼肉屋のこちら

113

マルコポーロさんに行きました。口コミの評判は大した事を書かれていなかったのですが、カネボウの工場跡地のショッピングセンター内にある為、お買い物も一緒に出来る事もあり行こうという事になりました。家からは白樺湖経由でざっくり2時間弱。今日は観光客は少ないから空いているだろうと思いましたが、少ないとは思いますが、意外にそうでもない印象を受けました。僕は別荘地に暮らしています。3連休だからだと思いますが、結構遊びに来てらっしゃいます。

僕が頼んだのはこちら

111

蓼科牛のカルビ・ロースのランチセットで1000円弱。妻はこちら

112

忘れてしまいましたが、やはり地元の豚を使った豚丼で850円です。あまり期待はしていなかったのですが、焼肉は1000円ランチなら美味しい方だと思います。確かに感動的ではないかも知れません。また量も少ないかも知れません。しかし、1000円で食べられる焼肉のランチなら自分の中ではかなり上位にランクインです。豚丼の方も味付け、肉質から考えても吉野屋とは大違いです(当たり前です)。ただ、やはり上質の肉を使用しているのか量は少なめです。この量の少なさを、焼肉の方はご飯のお替り自由がカバーしてくれます(笑)。僕らは、ご飯をお替りし2人でシェアして満腹でした。外観はチェーン店に見えるかも知れませんが、上田市内と丸子町の2店舗だけなので、蓼科牛を格安で食べたいという甘い考えを持っている方々、是非、行ってみてください。損はしないと思います。したがって☆4つです。なぜなら僕は肉が大好きだから(笑)。

そして本日の温泉は、丸子町から小諸に移動し今回もリピートですが、こちら

114

布引観音温泉です。旅館ですが日帰り入浴も受付しており、360円と格安です。しかし、シャンプー、石鹸はありません。また、シャワーはあることはありますが、例によって温泉が出てきます(笑)。ということは、そうです、源泉掛け流しです。泉質は鉄系と硫黄系が混ざり合った感じで、黒い湯の華が舞い、汚い浴槽とマッチ(すいません)して良い雰囲気をかもし出します。僕個人的にはかなりタイプです。先週の八峰の湯を5倍くらい濃くした感じです。近くには、道の駅の施設でみまきの湯などもありますが、泉質は違うらしい(行った事はありません)ですし、循環ですから塩素臭もあるらしいです。設備は立派だとおもいますが。ですので、温泉ファンの方々は、暖簾をくぐるとき多少勇気が入りますが、また地元の方々で賑わっていて肩身が狭い思いもしますが、是非、焼肉食べた後に行ってみてくさい(笑)。

帰りは、国道141号経由で帰りました。途中、佐久市で給油したら20ℓ規制が解除になっていて満タンに出来ました。連日のTVも通常の番組に戻りました。僕個人は震災に遭った事はありませんが、前職は建設関連でしたので、復興には時間が何年もかかり、被災者は経済的にもかなりの負担を強いれられます。一人ひとりの募金活動は、時間の経過がたてばたつほど少なくなります。国は、つまらない道路や選挙の票集めが目的なばら撒きを止めて、支援活動を末永く、計画を持って行ってくれるようにしていただきたいと願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小海町 BigBen

金曜日に大きな地震が八ヶ岳近辺も襲いました。僕は会社に居たのですが、結構揺れました。諏訪で震度4とアナウンスしていましたね。僕の通っている会社は地元の方々しかおりませんで、人生初の大きな揺れだったらしいです。

山々に囲まれている土地柄なのか地震は少ないようですね。確かに揺れましたが、東京で震度4ならそうそう珍しくありませんよね。少なくとも僕は人生初ではなかったです。地震だけでなく、台風の時もTVで東京の映像が流れますが、この4年間で台風でビビった事もありません。移住する前は災害も都市整備が行き届いている東京より、自然の脅威を感じる事が多いと覚悟していましたが、意外や意外でかなり平和です。

金曜日は長時間停電があって、かなり寒い中風呂も入れず寝るしかない状況でしたので、さすがに出掛けるのは・・・と思いましたが、天気も良いし、何かあればすぐ戻れるくらいのところで・・・という事で、家から1時間弱の国道141号線沿いで小海町のこちら

107

BigBenです。今回は事前情報全くなし。141号はよく通るので前から気になってはいましたが、写真でも分かると思いますが入るのに少し勇気がいります(すいません)。その風貌からいって「懐かしい系の洋食屋」とは思っていましたが、口コミのサイトにも全然出てこないので、味に関しては期待をせず入店です。入ってビックリしたのは、なんと!お客さんが居ました(本当にすみません)。ちょっと期待出来そうです。ただ、お店の中が、色んな私用なものが置いてあり、個人宅みたいです。

そして、僕が頼んだのはこちら

104

ポパイセット850円。妻が頼んだのはレディースセットでこちら

105_2

同じく850円です。お味の方は、僕のポパイセットは、ナポリタンに関してはお弁当の付け合せです(笑)。ケチャップの味付けにソフト麺で特別凝った味付けとは思えません。しかし、ハンバーグは美味しいです。ナポリタンとはギャップがあります。さらに、コロッケがこれまた美味い。じゃがいもの美味さが上手く出ていると思います。下町の商店街でも人気が出そうです(笑)。

妻が頼んだレディースセット、ハンバーグとコロッケは僕のと全く同じで、ナポリタンの代わりにピラフとなります。このピラフ・・・はて?どっかで食べたような???思い出しました。大学出て1社目の勤め先が日本橋だったんですが、そこのビルの裏でほそぼそ営業していた喫茶店のピラフにそっくりでした。いや~20年振りに食べました。くっー懐かしい!。ちなみにどんな味かと言いますと、一歩間違えばチャーハンです(笑)。でも、微妙に違います。なんとなく洋風な味付けなんですよ。上手く表現出来ません。知りたい方は是非食べに行ってください。おそらく東京ではこのピラフすでに絶滅しているのではないでしょうか(笑)。思った以上でしたので☆3つですね。え?低い?ナポリタンが減点ですよね(笑)。

この後は、佐久の近くでお買い物をして、家からは40分くらいの温泉で2度目のこちら

109

ここは僕は以前来たときに高評価だったんですが、妻はそうでもなかったんです。しかし、当時は温泉初心者だった事もあり、たくさんのお湯に入った経験を積んだ今、改めて入ると妻も意見が変わりました。ここは、硫黄と鉄分が感じられる良いお湯です。源泉掛け流しですよ。オリジナルのボディーソープ、シャンプー、コンデショナーなど装備充実。おまけに飲み水は天然水(八ヶ岳の水)ですよ。これで500円ですよ。驚愕のお値段ですよ。箱根だったら1200円は取られますよ(笑)。共同湯はいやだけど、良いお湯に入りたいアナタ!ずばりおすすめです。しかし、源泉掛け流しの曹と高温浴の曹と露天風呂がありますが、Goodなのは源泉掛け流しの曹のみ。他は塩素臭がきつく、これ普通の水じゃないの?といった感じです。

温泉施設の地元の方々も話題は地震のお話一色でした。僕も、こんな日に温泉に行ける事に感謝しなければなりません。感じるのは一寸先は闇ですね。そう、先のことは神様以外はわかりません。もしかしたら僕が今あの立場だったかも知れません。ですから、僕らは今を充実して生きるしかないのです。災害にあった方々は気の毒だと思いますが、それでも生きていくのが人生だと思います。僕はそう感じます。

来週は、実家にバイクを取りに帰ります。寒波が来ていて先週は寒い日が続きましたが、予報から行くと春が近づいています。やっとバイクの季節です。今年も走りますよ。

こっちに移住してから走り友達ができません。誰か一緒に走りましょー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飯田市 ラーメンやひこ

今週から3月に突入し、八ヶ岳周辺もほとんど雪が溶けて春を感じる季節になりました。とは言っても、東京からみたら真冬の温度ですよ(笑)。こちらに移り住んで、本当に感動するのは季節の移り変わりを肌で感じる事が出来る事です。そんなの東京でも・・・とお考えのアナタ!それは違います。これは田舎暮らしならではの良さです。良い点を挙げれば本一冊書けるくらいなのでここでは書きませんが、ここで暮らしていれば3月の有難さはそりゃーもー嬉しいですよ。辛さが違いますから(笑)。

そんな暖かい日差しになった今週末は、方面的に北信が多かったので、たまには南信に行こうか?って事になり、それなら先週は洋食だったしラーメンで検索して・・・ありましたB級の臭いがプンプンなのが。で行ったのはこちら

103

飯田市にある「らーめんやひこ」です。飯田市までは、僕の家からは杖突峠を走り、伊那の市街を上手くパスし、広域農道を使って3時間弱です。ちょうど12時少し前に到着です。店内に入るとおおっ!すでに待ち人がありました。この店構え(すいません)でこの集客力・・・期待できます。先週も普通の味でしたので胸が高鳴ります。

頼んだのはこちら

101_2

チャーシュー麺で760円(安い!)妻も同じのです。餃子の口コミも良かったので更にこちら

102

半餃子で200円です。

さて、お味の方は・・・あれ?これ以前どっかで食べたような・・・恐らく、飯田市民は違うだろうと感じるかもしれませんが、僕には以前食べた飯田市民のソウルフードの上海楼に似ています。特徴は麺が太くやわらかいです。飯田市のラーメンは基本がコレらしいです。長岡ラーメンは食した事がないので、忠実に長岡ラーメンをレプリカしているのかわかりませんが、この麺(延びているんじゃないの?)の感じは偶然なんでしょうか?それとも、飯田バージョンにしているんでしょうか?疑問です。ちなみに上海楼は、昔のそば屋の出前のラーメンに似ています(もちろんそれより美味しいですよ。似てるだけ)。それよりは、僕は全然タイプです。家の妻も絶賛です。ちなみに妻は上海楼も絶賛です(笑)。

これはこれで一つの文化ですからね。東京の下町の人が濃いつけダレで蕎麦を食べるようなもんでしょう。僕も妻も最近は、より個性的な味でインパクト重視のイマドキのスナック菓子のようなラーメンよりは断然好感がもてます。奇抜な味よりは熟成の味・・・そんな意味では「ラーメンやひこ」☆3つですかね。えっ?評価が低い?あの麺は人によりますから(笑)。興味をお持ちの方、ラーメン大好きな方、是非、飯田まで足を運んでくださいね。おっと、書き忘れましたが餃子は絶品です。

そして、温泉は妻が選んだ鹿塩温泉「湯元 山塩館」。大鹿村なので飯田から1時間近く、林道に近い道をクネクネ登ります。途中に大鹿村の豆だけで作ったいう美濃屋豆腐店の「大鹿地大豆とうふ」500円(高い!)を購入です。僕、豆腐好きなんですよ。

Sh510003_20080718205233

これは夕飯が楽しみです。そして、この少し先に山塩館があります。早速、意気揚々と「日帰り入浴お願いします」と僕ら、旅館の人「1時までです」・・・えっ!・・・そうなんです。1時まででした。がっかり(涙)。確認不足でした。

しかたないので、途中どこかで入ろうとも考えましたが、高遠の温泉は一度入っているし(高い)、箕輪まで行くのは遠回りだし・・・って言っている間に杖突峠を下ってしまったので、そのまま帰り、2週連続温泉なしも味気ないので、近所の温泉に入り、今回は終了です。

そして、楽しみの「大鹿地大豆とうふ」。500円も出して(僕らにしてはかなり高級)買った、店員は「塩で豆の味を堪能してください」とまで言い放った、この豆腐!・・・感想は「何これ?そこらの木綿じゃん」・・・Oh My Got!今週もついていない・・・な。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »