カブ スクリーン効果確認ツーリング

10月の三連休…バイク乗りなら一泊ぐらいのロングツーリングにでも行きたいところ。ですが、天気は金曜日から大荒れ。むむむ…このところ週末を狙って雨が降るような気がしてなりません(笑)。

なので、初日はZRXのビキニカウルが意外にも役に立っているおかげで購入してしまった、旭風防さんのカブ用のスクリーンを取り付けをいたしました。

Dsc01234

僕が選んだのは旭風防のミドルスクリーンです。当初はショ-トバイザーぐらいで良いかなと思いましたが、それだと効果が薄い気がして、だからといってHONDAの純正スクリーンは大きすぎる(お値段が高いのもあります)…って言うより、信用金庫のおっさんに見られてしまう可能性が高いので、その中間のミドルにした訳です。でも本当の理由が「WeB!keのポイントが1000円分残っていてそれを使いたかったが、WeB!keにはミドルしか売っていなかった」のは内緒です(笑)。

スクリーンは国内販売のJA-10用を選べはOKで取り付けは簡単ですが、タイカブはミラーが逆ネジを使っているから説明書の通りではつきません。純正品+付属部品の使用となり、おそらくポン付けよりミラー位置が若干高くなっていると思われます。

Dsc01236

準備万端となりましたので、8日は効果の確認を兼ねてツーリングへ行ってきました。バイクの乗りの基本形です(笑)。しかし、10月の三連休ですので、メジャーな観光地はクルマと人が多くて楽しめないので、人気のない穴場スポットへ行く事にしました。カブツーリングにはピッタリですが。

我が家周辺も最近では人気があるのか、週末になると異常な交通量となります。移住した10年前はクルマも人も少なく、毎日がほぼ「やりたい放題」状態(何をでしょうか)で快適すぎて移住して本当に良かったと思っていましたが、最近はうんざりしております。中央道も毎週末長い渋滞が発生しているし、軽井沢なんて「都内かな?」と思うほどの渋滞が街中でも発生しています。そんなに来るなら、僕みたいに住んだらいいのに(笑)…実際それも増えているみたいですね。

この流れは変わりそうもないから僕が次に向かいます。自分も50周年アニバーサリーだし、次の10年は違うところで生きてみたいのでいいタイミングでしょう。

出発は8:30、気温はおそらく16~18℃、日差しがあるからかさほど寒く感じません。

Dsc01237

ルートはR20→諏訪市街の裏道

Dsc01241

塩尻峠→松本市街の裏道

Dsc01243

あとはR19でひたすら長野まで走ります。

Dsc01248

R19も松本を抜けてしまえば、のんびりトコトコ走るには良い道で、これまたカブなんかで走るにはものすごく向いております。

Dsc01252

そうは言ってもいつもより交通量は多く(特に松本市内)、カブなのでイライラしませんが(すり抜けていくので)、デカいバイクなら引き返しておりますね。僕はですが。

取り付けたミドルスクリーンですが、効果は絶大で体に風が直撃しないのでとっても楽になりました。特にスクリーンの高さが絶妙で、顔面直撃も避けるので目が楽になりました。フルフェイスのメットなら関係ありませんが。また、防寒機能も抜群で塩尻峠は16℃ぐらいでしたが、日差しがあれば我慢出来るくらい違います。スクリーン無しなら震えが来ますから(笑)。さらにカブは元々レッグシールドもあるから、気分はフルカウルです(笑)。これで最強の下道ツアラーになったと思います。

60㎞/hくらいで走るのが楽しく、そうは言ってもトップスピードは100㎞/hは出て、スクーターより操る楽しさがあり、軽くてUターンも気軽、おまけに燃費は50㎞/ℓとお財布に優しい。これにフルカウル状態ですよ。完璧すぎます(笑)。

Dsc01253

道の駅で休憩して、ランチはとんかつと決めておりましたが…臨時休業。最近、僕もたまさんのが伝染しているんでしょうか(笑)。仕方ないので、あまり近寄りたくありませんが人気スポットの善光寺に向かい、参道にあるこちらのお店でランチをいただきました。

Dsc01258

あったかめし屋 太郎 さんです。お魚のお店です。決めては、ご飯が木島平のコシヒカリでした。

Dsc01254

妻は海鮮丼

Dsc01255

僕は銀ダラ照焼定食をいただきました。

Dsc01257

お味の方ですが、美味しいです。銀ダラの方はお上品な味付けで美味しいと思いますが、都内でもこういうの食べられるような気がします。金沢から運んでくるお魚や、木島平のコシヒカリなどでこだわりは感じますが、長野らしさは少し欠けている…と個人的に感じます。☆3つ。善光寺はやっぱり蕎麦でしょうな。新蕎麦はまだですが。

Dsc01261

丁寧なお店だったので時間がかかり、13時を回ってしまいました。しかし、本日の温泉はここから15分くらいなので焦りはありません。

Dsc01263

三連休なのでメジャーな温泉は激混みが予想されるので、早い時間で、マイナーで、それでも泉質にはこだわりたい…というコンセプトでこちらの若槻温泉にしました。本日はこの為に走って来たとも言えます。お一人様500円ととてもリーズナブルな設定です。口コミでは地元の人が多いと書いてありましたが、三連休ですので僕も含め遠征組も結構いらしておりました。

Dsc01264_2

泉質はナトリウム-塩化物泉。黄緑褐色の濁り湯で、匂いはありませんが塩味のある濃厚な温泉です。しかも源泉かけ流しとなっております。内湯は少し熱めのお湯になっておりますが、壺湯と大きな露天はぬる湯となっており、この時期の露天のぬる湯は極上の気持ち良さでした。こんな温泉に500円で入れる長野市民は贅沢すぎます。ただ、施設は個人経営な感じで規模もこじんまりしており、混雑したら即芋煮状態で、アクセスも住宅街の中なのでデカいクルマだとすれ違いが困難です。あと清潔感も今一歩。でも、おすすめです。ネガティブなところを帳消しにするくらい素晴らしいお湯です。

約15:00に若槻温泉を後にして、我が家へ向かいます。帰りは、R403経由でR18に出て、県道77号→R18バイパス→上田、丸子の裏道→R152の大門街道で帰ります。企画では、原二だと激安になる和田トンネル経由の下諏訪回りを考えていましたが、時間が押してしまったので極寒の最短ルートにしました。

Dsc01267

三連休だからか、ところどころ渋滞が発生しており、出来るだけ裏道を使って回避しましたが、大門街道が並んでいるのはさすがに笑えました。今日はカブで正解です。ZRXだったら平常心ではいられませんでした(笑)。我が家には18:40に到着です。たぶんZRXでもこの日は10分も変わらないと思います。4輪よりは30分は早いかと思います。

大門街道の手前でレインウェアにインナーダウンを着こみ、極寒の白樺湖に挑みましたが、ミドルスクリーンの効果もあり、いつもより全然辛くありません。買って良かったです。もうどこでもカブで行ける気がします。えっ?カブで大門峠を走れるのか?…言っちゃなんですが楽勝です。山頂手前の急な登りも50~60㎞/hは出ます。二人乗りで。

僕がバイクに乗れるのは11月中旬まで。残りわずかとなりました。でも、スクリーン付きのカブなら12月までいけるかも…いや、それはどちらにしてもないですね。雪が降るから(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

角間温泉 越後屋

今さらながら購入したZRXですが、前回は荷物問題で妻のダメ出しを食らい近所をぶらっとしただけで家に戻り、昔使っていたGIVIのBOXを意地で取り付けて終わりましたので、購入後初めてのツーリングらしいツーリングに行ってみました。

今回は秋の味覚を実家に発送するため、信州中野の産直に行くのが目的です。親孝行なものですから毎年行っております。出発は8:30で外気温は20℃は切っている中を走り出しました。八ヶ岳はもう防寒装備が必要です。

Dsc01163

ルートはお得意のR152の大門街道~県道40号そこから県道4号、R406の菅平越えで中野に入ります。何度も走っている僕のゴールデンコースですね。

Dsc01166

白樺湖から女神湖のあたりは慣らし(運転の)を兼ねて抑えましたが、菅平の登りは登坂車線付きですので、少しだけブッ飛ばしました。交通安全週間中ですが(笑)。

ZRXの簡単なインプレですが、僕の場合は以前所有していたのバイクとの比較となります。エンジン出力はDUCATI ST-4よりパワフルに感じますね。スペック的には同じくらいだったと思いますが。ST-4は滑らかな感じにパワーが出るので高回転までいけますが、ZRXは暴力的な加速なので怖くて限界まで回せません(笑)。慣れの問題かもしれませんが。

ボディはZRXは硬く感じられ、ST-4はしなやかな感じ…こちらは足回りも同様な印象を受けました。日本車は4輪も同様で、硬い=スポーツという方程式になっているんでしょうか。こういうのは、やっぱり外国製品のがセッティング(味付け)が巧いなぁ…と感心します。たぶんZRXのが速く走れるんだろうけど、そんなの公道じゃ意味ないですから。日本車は現実的な走行フィーリングをもっと大事にするべきです。

Dsc01170

一番驚いたのは、暴力的な加速も出来るのに一般道を60㎞/hで普通に走る事が苦にならない事です。えっ?そんなの当たり前じゃん…と思うでしょうが、スポーツ系のクルマやバイクは比較的低回転域がスカスカで、やたらシフトチェンジをしなければならないのが多いからです。ST-4なんてまさにそれに該当します。外国製品は製品コンセプトが明確な分、柔軟性に欠けけてしまう気がします。ZRXの許容範囲の広さに驚きを隠せません。ツーリング目的ならこれ以上のバイクはないのではないでしょうか。

GIVIのBOXも安定しており取付に問題もなく、箱にしたらタンデムもOKみたいです。BOLTと違い尻が痛くないのも素晴らしい。あぁ~良かったZRXして…でも、気になる部分もありました。まずは、チェーンの周りはやはり汚れるなぁ。ドライブシャフトでいいような気がします。それからどこからかビビり音が発生します。さすがKawasaki…漢はビビり音なんぞ気にすんな!って事でしょうか(笑)。まぁー爆音マフラーなら気にならないのでしょうね。製造レベルは、やっぱりホンダやヤマハとは差がありますね。まぁ カブあたりだと変わらない気もしますが(笑)。

Dsc01178

中野には12:00少し前に到着し、食べログで評価の高い、そうげんラーメンさんでランチです。すでに待ちが発生しておりました。これは期待できます。

Dsc01172

鳥餃子を一つと

Dsc01173

ラーメンは、まず中濃魚介系地鶏白湯スープのあごそばを黒龍麺と

Dsc01175

もう一品は、一番人気の地鶏白湯ラーメンを白龍麺で

Dsc01176

お願いしました。お味の方は、うーん…僕には微妙でした。天下一品ラーメンが好みな方には高く評価されると思いますが、僕はそれも好みではないので、好みではっきり意見がわかれると思います。一番人気の白湯スープは、まるでコーンスープみたいな感じで、美味しいとは思うけど好みではありません。あごだしの方がまだラーメンらしさがありますが、ドロッとしたスープに変わりはなく、そこに魚介が混ざる独特な味がいたします。最後に鳥餃子ですが、これは個人的にはかなり微妙です。理由は、我が家の弁当に登場する妻特製の鳥団子に味が瓜二つだったから。念のため言っておきますが妻は料理が苦手です(笑)。☆3つ。僕には向いておりません。

微妙なラーメンの後は、そこから10分程度の産直に向かいました。

Dsc01180

今年は8月の長雨で、ぶどうの出来は今一歩らしいのですが、自分用にも買いましたが激ウマでした。

Dsc01181

毎年こちらの産直から発送しており、その後はこの周辺の温泉に、こちらも毎年浸かっております。最近はアトピーに効くと言われている温泉を巡っているので、その評価の高い角間温泉に行ってみました。何度も行っておりますが。

Dsc01185

ようだや さんが有名なのですが、日帰り入浴は本日NGでしたので、お隣の越後屋さんに伺ってみたらOKでしたので、こちらで入らせていただきました。

Dsc01187

すげー歴史を感じる建物です。何年前に建築したのでしょうか。

Dsc01204

「男はつらいよ」の舞台みたいです。

Dsc01202

ご利用はお一人様500円とリーズナブルなお値段です。こちらでは大浴場がないのか、家族風呂を案内されました。

Dsc01188

これまた歴史を感じるお風呂場です。シャワーもございません。温泉マニア以外にはかなりハードルが高いと思います(笑)。泉質はナトリウム・塩化物硫酸温泉(弱食塩泉)で、無色透明の無味無臭ですが、アトピーに効くと言われているだけあって、肌に膜が出来るような感じで、湯上りが全くかゆくなりません。って言いますか、しっとり感は抜群です。 家族風呂だからゆっくり出来るし、500円だし温泉マニアにはいい事づくめですが、清潔感が…(笑)。僕はおすすめです。僕はですが。ただ、もっと気軽に角間温泉を…なら、昨年に行きましたhttp://nanchattelife.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/four-seasons-sp.htmlの宝泉さんのが宜しいかと思います。

Dsc01208

ラーメンは残念でしたが、温泉は抜群でしたので、15:00くらいに気分よく家に向けて走り出します。ルートは菅平経由の県道4号までは同じですが、行きの県道40号が朝9:30で13℃をマークしていたので(笑)、帰り道は恐ろしくて通りたくないので、R141の野辺山経由で帰ります。遠回りですが多少は標高が低いので。

Dsc01212

…が、小海町あたりで身の危険を感じ、上下レインウェアの完全武装で野辺山に挑みました。市場坂手前の気温計で17℃…野辺山で14℃…予想通りの展開となりました(笑)。ただ、何の役に立ちそうもないZRXのビキニカウルですが、これ意外にも風が直撃するのをブロックしております。

なぜかと言いますと、BOLTの時はもっと寒さが堪えるんですよ。特に顔面直撃が回避出来るからかなり違います。おまけに目もあんまり痛くなりません。ビキニカウルなんてカッコだけ…とバカにしていましたが、あるとないとではだいぶ違います。あまりに効果があったので、メインのタイカブ号にも旭風防のミドルスクリーンを購入してしまいました(笑)。

初めてのツーリングらしいツーリングでしたが、日本で乗るなら大型4気筒のネイキッドモデルはツーリングに最強だと思いました。交通量の多すぎる日本ならね。チェーン駆動とカワサキクオリティー以外は、今のところ満足しております。カワサキってのもあるんだろうけど、購入時の6000㎞弱のODOメーターは胡散臭いなぁ。本当かなぁ(笑)。意味なく毛嫌いしていたタイプですが、今となれば新車のCB1300のが良かったかも(笑)。

マフラーはすぐにでも交換しようと思いましたが、今シーズンはノーマルのまま乗ります。理由は、効果の確認を楽しみたいからです。とりあえず、ツーリングが楽しくて一安心です。あっ 家には18:30には無事ついております(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZRXの荷物問題

バイク乗りにとって一年間で最も乗りやすい9月の三連休だってのに、わざわざ日本列島に向かって進路を変えてまで来てくれた台風のおかげで、とても残念ながら土日が雨模様となりました。まぁー実はこの三連休はランクルで車中泊を予定していたので、バイクに乗るつもりはありませんでしたが(笑)

しかし、最終日の月曜日は雨があがりました。せっかくなので、9:00ぐらいから軽井沢のR146にでも走りに行ってみようと思い立ち、朝の8:00から購入しておいたキャリアを取り付けました。

購入したのは、デイトナのマルチウイングキャリアです。

Dsc01143

キャリアは色々検討しましたが、あんまり大げさな感じではなかった事、口コミの評判が良かった事、色がブラックだった事…もありますが、結局はお値段が決めてでデイトナ製にしました(笑)。

取り付けは、社外品のアフターパーツとは思えないくらい精度が出ており、簡単に取り付けられます。強いて言うなら、六角レンチが入りづらいところがあるので、曲がった先が短いレンチがあるとなお便利だと思います。なくても平気ですが。

一時間ぐらいで取り付けて、9:30出発で八ヶ岳高原ラインを走ったところで、後ろの妻が前に来るから運転がしにくいので「もっと後ろに座れよ」と申し上げたところ、「荷物が前にきて邪魔なんだよ」とキレられました(笑)。

仕方ないので固定をやり直し、再度走ってみましたが…やっぱりズレてしまいます。シーシーバ―がなくてもBOLTのキャリアは固定出来たので、何度もチャレンジしましたが全く上手くいきません。

そして無駄な時間がどんどん過ぎ、さらに朝からキャリアの取り付け作業もしたのもあって、猛烈に疲れが出たのでツーリングを断念しました。まぁーこの日は交通量も多かったので、軽井沢周辺は激混みが予想されますしね(笑)。いつも感心するのは、晴れたとはいえ三連休の最終日ですよ。よく首都圏から来ますよね…僕には完全に無理です。それよりも、台風が来ているのに(災害の恐れがあるのに)観光に行くってのはいかがなものか…と思いますよ。

以前、大雨が降っているのに川の近くでキャンプをしていて川が増水し、流されてしまい救助される報道をTVで観た事がありますが、台風なのに観光している方々は同じようなものだと僕は思います。万が一の事態を予測できないのでしょうか。誰かが助けてくれる事が前提の考えなのでしょうか。社会的な生活は協力しあう事だと思いますが、極力他人に迷惑をかけないのは人生の基本だと…私は思いますがね。

せっかく佐久の臼田まで来たのでランチをいただいて帰りました。

Dsc01152

まだ奥の方で、しつこくバッグを固定しております(笑)。こちらには何度も来ておりますが本日のオーダーはこちら

Dsc01150

定番のラーメンと

Dsc01149

カツ丼です。普通のカツ丼が出てくると思いましたが、出て来たらソースカツ丼でした。やっぱり信州ではカツ丼と言えばソースカツ丼なんですね。こちらのお店で初めてカツ丼を食べましたが、美味しいお店は何を食べても美味しいです。おすすめは「むしり定食」ですが。詳しくは以前の記事を参考にしてください。http://nanchattelife.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-960e.html

15:00には帰宅し、くどいのですが現行のバッグをなんとか取り付けられないか…一時間以上も試行錯誤しましたが、どうしても動いてしまいます。理論的にも、ツーリングネットの固定とほぼ同じ原理ですので仕方ありません。

ぐぬぬ…デイトナのキャリアが無駄な出費になります。やってしまった感が襲ってきましたが、ふとDUCATI ST-4に付けていたGIVIのBOXがどうにかして付かないか…という素晴らしいアイデアが浮かびました。

早速、引っ張り出してみたところ、なんとGIVIのベースプレートが残っているじゃあーりませんか。さすが俺です(笑)。このプレートを何とか取り付けられないか模索したところ

Dsc_0037

何とかなりました。マルチウイングのプレートを留めるボルトが偶然にも兼用できます。すごいぞデイトナ。GIVIの販売代理店なだけはあります。僕のはモノキー用のプレートだから、本来は専用キャリアにて取り付けるものなので、ボルトの穴は写真のところしかありません。2つのボルト固定では不安要素も残りますが、専用キャリアも基本これだけだから、大丈夫なはず…はずじゃないかなぁ(笑)。一応、万が一の対策としてタイラップも追加してみました。

BOXを付けてみました。

Dsc01153

Dsc01154

走っておりませんが、手で揺らした感じでは安定しています。良かった。これで無事解決。無駄な出費をせずに済んだ…と、思いましたが、僕にとってZRXはネオクラッシックだったはず。ネオクラッシックにGIVIのBOX…微妙な気がします(笑)。しかもヘルメットやウェアもGIVIのBOXが似合いませんが…まぁいっか。自分が思うほど、誰も僕の事なんて見てるはずないし。 

とりあえず今週末はこれで一度乗ってみます。今考えれば、以前のシーシーバ―バッグもL字アングルをマルチプレートにボルト固定すれば、おそらく安定するはずです。ただ、GIVIのBOXは鍵がかかるし、雨が降ってもOKなので、見た目を無視すればやはり便利ですよね。

という事で、久々に箱付きで乗ることにします。しかし、妻はZRXはタンデムしにくい…と言っております。大型の国産ネイキッドで乗り難かったらどれなら乗れるんだよ…と心の中で言い返しておきました。たぶん今回の荷物の問題だけだと思いますが、それでもぐずぐず言うようなら「俺は乗ってくれって頼んでいないよ。それでも一緒に来たければランクルで後から来い」と言って…みたいなぁ(笑)。

ひょっとしたら、ZRXは乗り難いのかも…もしそうなら、シートの問題かもしれないですね。その時は、クラッシック調なタックロールのシートに…さらにGIVIの箱が似合いませんね(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«今さらながらZRX1200Rを購入